MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

ヤマハ 盲導犬育成資金『YAMAHA NICE RIDE 募金』贈呈式を開催

  • URLをコピーしました!

ヤマハ発動機株式会社、及びヤマハ発動機販売株式会社は、公益財団法人日本盲導犬協会に盲導犬の育成資金を贈る『YAMAHA NICE RIDE 募金』の 2021 年度分の集計を完了し、10 月 22 日(土)、 YAMAHA Motorcycle Day 2022 の会場(ふじてんリゾート)にて募金贈呈式を行った。2021 年度の募金総額は、391,794 円。1989 年以来の累計寄贈額は 97,004,168 円となった。

目次

『YAMAHA NICE RIDE募金 第33回(2021年度分)募金贈呈式』

YAMAHA Motorcycle Day 2022会場で実施
33年間で累計総額約9,700万円

ヤマハ発動機株式会社、及びヤマハ発動機販売株式会社は、公益財団法人日本盲導犬協会に盲導犬の育成資金を贈る『YAMAHA NICE RIDE 募金』の 2021 年度分の集計を完了し、10 月 22 日(土)、 YAMAHA Motorcycle Day 2022 の会場(ふじてんリゾート)にて募金贈呈式を行いました。
2021 年度の募金総額は、391,794 円。1989 年以来の累計寄贈額は 97,004,168 円となりました。

贈呈式には日本盲導犬協会の日本盲導犬総合センター センター長・佐野 智浩様と盲導犬ユーザーで日本盲導犬総合センター広報コミュニケーション部の押野 まゆ様、盲導犬・バロン号、ヤマハ発動機販売株式会社 代表取締役社長・石井 謙司が出席。佐野様にヤマハ発動機販売より 2021 年度募金の目録を手渡し、日本盲導犬協会からは感謝状をいただきました。

また会場では、盲導犬訓練デモンストレーションを行い、盲導犬を取り巻く環境とその重要性を伝えるなどの普及・啓発活動を積極的に展開したほか、募金箱の設置を実施し 98,014 円の募金が集まりました。この全ては、2022 年度分の募金として寄付いたします。

1989 年にスタートし四半世紀を超えて継続している『YAMAHA NICE RIDE 募金』は、全国のヤマハ二輪販売店をはじめ、二輪関連イベントやレース会場等を中心に、ライダーや当社グループ企業従業員等から広く支援を募っています。

佐野 智浩様談(公益財団法人日本盲導犬協会 日本盲導犬総合センター センター長)

「イベント会場にて盲導犬 PR ブースを出展させていただく際、募金活動への協力を積極的に呼びかけてようやく応じてくださるのが一般的なのですが、この YAMAHA Motorcycle Day では、私たちのテントやラブラドールの募金箱に気づいてくださるや、自然とみなさんが足を止めて募金に協力してくださるんです。久しぶりのリアルイベントに出展し、改めてこの犬の形の募金箱がライダーのみなさんの中に定着していることを嬉しく思いました。とはいえ、盲導犬育成の活動はまだまだ道半ばです。これからも盲導犬に関する正しい知識を広く訴求していきたいと思っておりますので、引き続き私たちの活動にご協力ください。
石井社長のお話にもありましたが、ライダーのみなさんは熱い心と行動力のある方が多く、盲導犬育成への協力だけでなく、災害時のボランティアなど、その時々でできることを自然にされている印象です。引き続き盲導犬育成へのご理解・ご協力をいただければ幸いです。」

押野 まゆ様談(公益財団法人日本盲導犬協会 日本盲導犬総合センター広報コミュニケーション部)

「折に触れてみなさんにいつもお願いしていることですが、目の不自由な人が道路を横断しようとしている時には、『今なら渡れますよ』『信号変わりますよ』などと、声をかけてください。全ての信号機に音響装置がついている訳ではありませんし、最近の車は静かで動きが分かりにくいですからね。
またコロナによるソーシャルディスタンスの確保で、人との距離が以前より広がったことから、人の気配が感じにくい環境になりました。スーパーやコンビニなどのレジ待ちや電車乗車時の列でも、人の動きについて行きにくいので、『一人分、前が空きましたよ』など、声をかけてください。ライダーのみなさんはコンビニを利用されることが多いと思いますので、積極的にお願いします。」

石井 謙司談(ヤマハ発動機販売株式会社)

「1 回あたりの募金額は決して多くありませんが、継続は力なりとつくづく感じます。30 年以上にわたって『YAMAHA NICE RIDE 募金』をコツコツ続けてまいりました。これも本活動を理解し協力くださるライダーや販売店のみなさんのお かげです。ライダーのみなさんは熱いマインドを持った方が多く、また行動力があって、マナーもいい。ごく自然に『YAMAHA NICE RIDE 募金』をサポートくださっています。そんなみなさんの気持ちに、改めて感謝申し上げます。これからも『YAMAHA NICE RIDE 募金』を継続していきますので、引き続きご協力のほどお願いいたします。
3 年ぶりの YAMAHA Motorcycle Day の開催。ライダーのみなさんのたくさんの笑顔に触れ、ご来場への感謝とリアルイベントの大切さをコロナ禍以前よりも強く感じた次第です。」

YAMAHA Motorcycle Day 2022 の会場では、たくさんの方が募金に協力くださいました。 また、盲導犬の PR コーナーを設けるほか、盲導犬訓練のデモンストレーションを行うなど普及活動も行いました。

“目の不自由な方に盲導犬を贈ろう!” 『YAMAHA NICE RIDE 募金』について

公益財団法人日本盲導犬協会に盲導犬の育成資金を贈る『YAMAHA NICE RIDE 募金』は、1989 年より『Y.E.S.S. NICE RIDE 募金』としてスタートしました。Y.E.S.S.(YAMAHA EARTHLY SPORTS SYSTEM)は、当時約 6 万人の会員 と約 2,000 店の加盟ショップを有したヤマハのユーザー組織で、そのスケールを背景とした「ライダーらしい社会貢献活動」の一つとして活動が始まりました。

「目の不自由な方に盲導犬を贈ろう」という呼びかけは瞬く間に全国に広がり、各地で開催される Y.E.S.S 主催のツーリングイベントやミニバイクレース、そして全日本選手権のレース会場等でも積極的に募金活動が行われるようになりました。こうした活動を通じ、ヤマハの取り組みに賛同していただいたヤマハ契約ライダーや出版社のみなさんからも多大な協力・支援を受けるようになり、活動の輪は大きく広がっていきました。
その後、さまざまな企業や団体からも日本盲導犬協会へ募金が行われるようになったほか、2002 年 10 月 1 日に「身体障害者補助犬法」が施行されたこともあって、飲食店やスーパーといった盲導犬の同伴が可能な施設の増加につながっていきました。とはいえ、現在、日本国内で活躍している盲導犬は約 1,000 頭に対し、盲導犬を必要としてい る人は 3,000 人前後と推計され、まだまだ不足している状況です。
募金活動は、募金箱を設置している全国のヤマハ二輪販売店や二輪関連イベント、レース会場のヤマハファンブースなどで行っているほか、銀行振込の特別口座も開設しておりますので、みなさんのさらなるご理解・ご協力をお願いいたします。

中野 真矢選手やバレンティーノ・ロッシ選手など、歴代のヤマハライダーも積極的に『YAMAHA NICE RIDE 募金』に協力 (写真は 30 年以上に及ぶ活動の一部を抜粋)

リリース提供元:ヤマハ発動機販売株式会社

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次