MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

Yamaha VR46 Master Camp最終日、バレンティーノ・ロッシ選手と対面

  • URLをコピーしました!

Yamaha VR46 Master Camp、5日目となる最終日、選手5名は、VR46本社を訪ね、卒業セレモニーに出席し、VR46 Motor Ranchでのプライベート・トレーニングでバレンティーノ・ロッシ選手と対面。Yamaha VR46 Master Campの公式参加証書とVR46からたくさんのプレゼントを受け取った。

目次

第11回目「Yamaha VR46 Master Camp」 キャンプ最終日、バレンティーノ・ロッシ選手と対面

第11回Yamaha VR46 Master Camp 5日目となるキャンプ最終日、パッサコーン・サンルォン選手(タイ/19歳) 、ウォラポット・トンドンムァン選手(タイ/16歳) 、アルディー・スティア・マヒンドラ選手(インドネシア/15歳)、アリフ・ダニエル・ビン・ムハマッド・アスリ選手 (マレーシア/18歳) 、阿部真生騎選手(日本/18歳)の5人は、Galliano ParkサーキットでYZF-R3に乗り、VR46本社を訪ね、卒業セレモニーに出席、VR46 Motor Ranchでのプライベート・トレーニングでバレンティーノ・ロッシ選手と対面しました。

Galliano Parkサーキットに到着すると、インストラクターのA・スーラ選手とM・ゴンザレス選手からコース・レイアウトに関する説明を受けてからコースイン。このコースは非常にツイスティでテクニカルなため、初めの数周はインストラクターについて走ると、5人は素早くコツをつかみ、ピレリ・タイヤを最大限に活用して走りを楽しめるようになりました。マヒンドラ選手が最速タイムを記録し、サンルォン選手と阿部選手が2位と3位。マヒンドラ選手はeSport、フラットトラック、MiniGPに加えてR3の金メダルも獲得しました。

「ライダーたちと一緒に大いに楽しみました」とスーラ選手。「技術がまだ十分でない選手も何人かいますが、それは当然のことです。彼らにとってはこのコースを走るのは初めてですし、R3に乗ったこともなかったのですから。しかもそのなかのひとりは本当に速かったのです! 彼らはみな親切で話しやすく、おかげでとても楽しい時間を過ごすことができました」

 このあと最後のイベントとなる、恒例のVR46本社訪問と卒業セレモニーに出席。5人はこの特別な5日間をまとめたビデオを鑑賞し、Yamaha VR46 Master Campの公式参加証書とVR46からたくさんのプレゼントを受け取りました。
 興奮の時間はこれで終わりではなく、VR46 Riders Academyのトレーニング・セッションとアメリカン・レースの見学に招待され、ロッシ選手との対面を果たして握手を交わし、Master Campの最後を締めくくりました。
 Yamaha VR46 Master Campは、ロッシ選手、VR46、VR46 Riders Academyのライダー、インストラクター、サポートスタッフ、同プログラムのパートナーであるMSI Gaming、Oakley、Alpinestars、Pirelliのサポートに心から感謝します。そして今回の5人の卒業生の今後の活躍を願うばかりです。

ウイリアム・ファベロ談(YAMAHA MOTOR RACINGマーケティング&コミュニケーション・マネジャー)

「今回も、あっという間に終わってしまいました。私たちはこの5人の成長ぶりを非常に誇りに思っています。初めに彼らに話したことは、献身的に学び、できるだけ多くの情報を吸収し、学習プロセスにおいては忍耐力を持ってもらいたいということでした。その結果、彼らはわずか1週間で大きく進歩し、すべてのインストラクターとトレーナーが史上最高のグループであると認めています。このキャンプを通して大いに刺激を受け、帰国後もトレーニング方法を見直し、様々なアドバイスが今後のキャリアに役立つと感じてもらえれば幸いです。彼らの努力は、Motor Ranchでロッシ選手と会ったことで報われたことと思います。彼らにとって、そしてロッシ選手にとっても、決して忘れることのできない経験になったことでしょう。ロッシ選手は、大きなインスピレーションを与えてくれた阿部典史選手の息子と父親に会うことを切望していましたから」

マニュエル・ゴンザレス選手談

「今日もMaster Campのみんなと楽しい時間を過ごしました。新しいマシンと新しいコースに挑戦し、いつも通りに初めは苦戦しましたが、みんなとても速く、楽しい経験ができました。この2日間、私をここに招待してくれたヤマハに感謝しています。またすぐにでも戻って来たいです!」

パッサコーン・サンルォン選手談

「R3はとても楽しくて、素早いターンやブレーキ・コントロールを学びました。タイヤのグリップが良かったのでクイックに回ることができました。
VR46本社へ行って、たくさんのマシンやいろいろなものを見て感動しました。とても特別な場所でした。プログラムの参加者に選ばれたことを誇りに思い、卒業証書を受け取ってうれしくなりました。これまでの人生で最高の一日です!
プロライダーたちと一緒に学び、練習できたことが強く印象に残っています。ロッシ選手と会い、彼のライディングを見られたことも大きな喜びです。彼は本当に速いんです! ワールドクラスのライダーたちに会い、一緒に走ることができて、とても幸せでした」

ウォラポット・トンドンムァン選手談

「R3は素晴らしバイクでした。ブレーキの使い方や完ぺきな加速の方法を学びました。またMaster Campの一員になることができて幸せでしたし、卒業式で証書を受け取ったときもとてもうれしかったです。世界の有名なアスリートにも指導しているコーチたちから学べたことはとても幸運だと思います。Moto2に出場すること、そしてYamaha VR46 Master Camp Teamの一員になることが私の目標なので、帰国後も、この5日間と同じようにハードにトレーニングに励み、引き続きスキル向上を目指していきます!
そしてロッシ選手と会えたことは最高にうれしい経験です。とても親切な人柄が大好きですし、トレーニングも素晴らしく、教えてもらったスキルとテクニックをよく理解することができました。彼のように、またVR46 Riders Academyのライダーたちのようになれることを願って、練習を続けていきます。
でも同時に、今はとても悲しい気持ちです。6日間をともに過ごし、ここが大好きになって、家に帰りたくなくなってしまったのです。でも、これからさらに成長するために帰らなければなりません。このプログラムへの参加を実現させてくれたすべての人に感謝の気持ちを伝えたいです」

アルディー・スティア・マヒンドラ選手談

「R3は今まで一度も乗ったことがなかったのですが、とても楽しめました。また、これと似ているけれども排気量が違うR25にもトライしました。R3では狭いコースの走り方を習いました。ピレリ製タイヤで速く走れることはわかっていたので、他のみんなと同じように、すぐに慣れることができて良かったです。
VR46本社の見学は驚きの経験でした。そして卒業証書をもらえたことは、もちろんとてもうれしかったのですが、同時に悲しい気持ちもありました。時間が飛ぶように速く過ぎてしまったからです…
ここでの経験は非常に貴重で楽しいものでした。私たちのように、学ぶこととスキル向上に意欲を持つ若いライダーにとって、このプログラムは決して忘れることのできない最高の経験です。指導も素晴らしく、非常に専門的ですし、ライディングのさまざまな側面を経験できたことも、将来、プロのライダーを目指すためには欠かせないものだと思いました。なかでも一番好きだったのがフラットトラックですが、最終日にまた金メダルをもらえたことも含めて、すべてがこのトレーニングのハイライトです。ロッシ選手との面会は奇跡のような出来事でした。レースを見て、ロッシ選手がどのようにフラットトラックを走っているのかを確認し、理解することができました。
Master Campでお世話になったすべての人に感謝しています。そして、ここで学んだことを最良の方法で活かしたいと思っています」

アリフ・ダニエル・ビン・ムハマッド・アスリ選手談

「R3には初めて乗りましたが、とても素晴らしく、チャレンジングな経験でした。狭いコースのライディングも学びました。ピレリ・タイヤは使ったことがあって、このようなコースを走るのに適したタイヤだと思います。とても楽にターンすることができるのです。
VR46のオフィスは非常に大きくて、きれいで、とにかく素晴らしかったです。スタッフの皆さんに親切にしてもらい感動しましたし、ウィリアムさんが言っていた、最高の結果を出すためには全身全霊で取り組まなければならない、という言葉が正しかったと感じました。このプログラムに参加することができて、とても幸せです。トップライダーになることを夢見る若いライダーにとって、正しい方法を学んでスキル向上を目指すためにとても貴重なものです。
一番、楽しかったのはモトクロス・セッションです。スリルがあって、アドレナリンがあふれ、とても特別な経験でした。また、憧れのロッシ選手に会えたことはいまだに信じられないくらいです。いつか、ほんの少しだけでも彼のようになりたいです!」

阿部真生騎選手談

「Galliano ParkでのR3は初めてで、ピレリ・タイヤもあまり使ったことがなかったのですが、グリップがとても良いことがわかりました。R3はいつも乗っているバイクよりパワーが小さいので、ラインを見つけるのに苦労しました。でも最後には3位になることができてうれしいです。
VR46本社はとても広く、美しい建物でした。そしてたくさんのMotoGPマシンがありました!ここに来て、いつかこのチームに参加したいという気持ちが高まりました。卒業セレモニーは、この6日間を振り返る良い機会になりました。わずか6日間ですが、とても充実した日々でした。このなかで学んだこと、達成したことに満足しています。
Master Campを通じて、様々なことに挑戦しました。いろいろなタイプのマシンに乗り、新しいサーキットを走り、そしてVR46 Riders Academyのライダーたちと一緒に走ったりと、たくさんの新しいことを学びました。なかでもハイライトは最終日でした。VR46本社でたくさんのMotoGPマシンを見て、いつかこのチームに加わるという思いを強くしました。だからモチベーションを維持し続け、希望をかなえられるようにベストを尽くします。
ロッシ選手と最後の夜に会えたことは、決して忘れません! 彼が後ろについたとき、彼だとわかりました。いつもテレビで見ているあのライダーです。とても現実とは思えませんでした。ロッシ選手のトレーニングの間、そのテクニックに注目していました。完ぺきなリーンアングル、スライディング、そして美しいラインでした」

リリース元:ヤマハ発動機株式会社

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる