MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

世界最高峰500ccバイクレースにてローソンが王者「TBCビッグロードレース1984」

  • URLをコピーしました!

株式会社ウィック・ビジュアル・ビューロウは、東北放送株式会社・株式会社菅生の協力のもと、TBCビッグロードレース 1984をDVDとして復刻することを決定した。初の500cc世界王者となったローソンや、国内外2人のチャンピオンである水谷とレイニーの見応えある攻防など、レースファンを魅了した内容となっている。発売は、2022年12月24日(土)、書店・バイク用品店・メーカー直販にて3,300円(税込)で発売される。

目次

TBCビッグロードレース 1984

◆先行発売日:2022年12月24日(木)(書店、バイク用品店、メーカー直販)
◆価 格:¥3,000 (税別) ¥3,300 (税込)
◆DVD品番:WVD-565
◆JANコード: 4938966011821
◆仕様:DVD片面1層 本編約46分/音声:日本語/4:3スタンダードサイズ/ドルビーデジタル/リージョンALL/カラー

【今甦るTBCビッグロードレース】

東北放送株式会社、株式会社菅生の協力のもとDVDとして復刻決定!
※このシリーズを1990年のレースまで毎月発売いたします。

◆TBCビッグロードレース1984 内容

初の500cc世界王者となったローソン
その風格を伴ったライディングは進化していた!

1984年10月7日第12回大会が行われた。世界グランプリでディフェンディング・チャンピオンのフレディ・スペンサーを破ってタイトルを獲得したエディ・ローソンが、SUGOサーキットに戻って来た。
チームメイトには、この年初のWGP250ccクラスへ、チーム・ロバーツから参戦を果たしたウェイン・レイニーがついた。レイニーにとっては初の500ccレースとなる。迎え撃つ日本勢の筆頭は、この年GPデビューも果たした平忠彦、河崎裕之、上野真一、浅見貞男といったヤマハ勢に加え、4年振りに水谷勝がRGB500を駆り参戦となった。予選では、この年全日本500cc2年連続でタイトルを獲得した平忠彦が、自身の記録である1分3秒76を上回る1分3秒37とラップレコードを記録しポールポジションにつけた。38,000人を集めた決勝ではローソンとレイニーの2人がスタートから飛び出し、平は出遅れた。結果的にローソンがパーフェクト・ウィンを達成するが、この年の全日本第9戦の平の優勝タイム32分36秒31を2ヒートとも、それぞれ2秒以上短縮しての本気モードでの勝利は際立っていた。水谷とレイニーの攻防も見応えがあり、国内外2人のチャンピオンの熱い走りは全国から集まった熱心なレースファンを魅了した。

リリース提供元:株式会社ウィック・ビジュアル・ビューロウ

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次