MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

電動バイクの普及に前進!ENEOSと国産4メーカーが新会社設立!

  • URLをコピーしました!

ヤマハ、ホンダ、カワサキ、スズキの国産4メーカーと、ENEOSホールディングス株式会社が、電動2輪車向けのバッテリーのシェアリングサービスの提供と、そのシェアリングサービスのために必要なインフラ整備を目的とした新会社「株式会社gachaco (ガチャコ)」を、2022年4月1日(金)に設立する。

同社は2022年秋を目処に、電動2輪車の共通仕様に適合したバッテリーのシェアリングサービスを、東京をはじめとした大都市圏で提供を開始する予定としており、駅前などの利便性が高い場所や、ENEOSサービスステーションなどへ設置を検討している。

目次

「株式会社gachaco」の設立について

~電動二輪車用共通仕様バッテリーのシェアリングサービスを提供~

eneosホールディングス株式会社(以下「eneos」)、本田技研工業株式会社(以下「honda」)、カワサキモータース株式会社(以下「カワサキモータース」)、スズキ株式会社(以下「スズキ」、およびヤマハ発動機株式会社(以下「ヤマハ発動機」)の5社は、電動二輪車の共通仕様バッテリーのシェアリングサービス提供と、シェアリングサービスのためのインフラ整備を目的とする「株式会社gachaco(ガチャコ)」(以下、「gachaco」)を4月1日に設立する。

eneosは、電動モビリティをはじめとするバッテリー循環利用の仕組み「baas(battery as a service)プラットフォーム」※1構築を通じて、電動モビリティの普及の課題である「長時間充電の面倒さ」、「外出時のバッテリー充電切れへの懸念」を、エネルギー供給事業者という立場から解決し、循環型社会の実現に貢献することを目指している。

一方、honda、カワサキモータース、スズキ、およびヤマハ発動機は、環境意識の高まりの中、より環境にやさしく利便性の高いモビリティとしての電動二輪車普及に向けた、電動二輪車用交換式バッテリーの共通仕様合意、そして、共通利用環境整備の検討を進めている。

電動モビリティの普及という共通の目標を有する5社が連携し、電動二輪車用の共通仕様バッテリーのシェアリングサービスを提供することにより、循環型社会の実現に更に貢献できるものと考えている。

gachacoは、2022年秋を目途に、まず電動二輪車の共通仕様に適合したバッテリー「honda mobile power pack e:」のシェアリングサービスを東京などの大都市圏から開始することを予定している。バッテリー交換ステーションである「honda mobile power pack exchanger e:」は、駅前などの利便性の高い場所や、eneosのサービスステーションなどへの設置を検討している。

また、将来的にgachacoは、電動二輪車用だけでなく、商業施設や住宅等に設置する蓄電池などの様々な製品においても共通仕様バッテリー利用促進を目指している。更に、gachacoのシェアリングサービスで発生した消耗バッテリーは、eneosが検討している「baasプラットフォーム」を通して、2次利用・3次利用・リサイクルすることで、バッテリーの循環利用を促進する。

gachacoは、電動モビリティを利用するすべての人に、充電切れの心配がなく、安全・安心に使ってもらえるバッテリーの給電ネットワークをインフラとして構築することを目指し、脱炭素・循環型社会の実現に貢献していく。

※1【eneos】
2021年5月19日発信
バッテリー循環社会実現に向けた協業開始について
~baas(battery as a service)プラットフォームの構築
https://www.hd.eneos.co.jp/newsrelease/20210519_01_01_2011378.pdf

gachacoの概要

gachacoの目指す世界観

リリース提供元:ヤマハ発動機株式会社

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる