MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

ヤマハ「AXIS Z」がマイチェン!ジェネレーター&ブレーキがアップデート!

  • URLをコピーしました!

ヤマハは、原付二種スクーター「AXIS Z(アクシス ゼット)」のマイナーチェンジモデルを、2022年3月18日(金)から販売開始する。

今回のアップデートでは、搭載されているBLUE COREエンジンが新排出ガス規制に適合されたほか、エンジンの静粛始動を可能とするSMG(スマートモータージェネレーター)と、前後連動ブレーキのUBS(ユニファイド・ブレーキ・システム)が新たに採用されている。

カラーリングの刷新も行われ、マットブルー、ブラック、グレー、マットブラウン、ホワイトの全5色展開となり、価格は27万1700円(税込み)だ。

目次

原付二種スクーター「AXIS Z」2022年モデルを発売

~始動時の振動と制動時の挙動を軽減し、乗り心地を向上~

ヤマハ発動機株式会社は、“走り”と“環境性能”を融合した“BLUE CORE”※1エンジンをコンパクトなボディに搭載した原付二種スクーター「AXIS Z(アクシス ゼット)」をマイナーチェンジし、3月18日に発売する。

2022年モデルの変更点は、
1)エンジンの平成32年排出ガス規制適合化、
2)静粛かつ振動の少ないエンジン始動をもたらす「SMG(Smart Motor Generator)」採用、
3)リアブレーキ操作でフロントブレーキもバランスよく効力を発生させる「UBS(Unified Brake System)」採用、
4)ヘッドランプの光量アップ、
5)カラーリングのアップデートである。

「AXIS Z」は、“ヤマハ125ccスクータートップの低燃費51.9km/L(WMTCモード値※2)”や“扱いやすい軽量ボディ”“大容量約37.5Lのシート下トランク(ジェット型ヘルメット2個収納可能※3)”など、実用性と快適な乗り心地を兼ね備え、通勤など日常の移動手段として幅広いお客様から支持されている。
なお、本製品の製造はヤマハモーター台湾で行う。

※1:BLUE CORE:ヤマハ社は、“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”の両立を高次元で具現化するエンジン設計思想として、2014年より“BLUE CORE” を掲げている。この思想は高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして性能実現を図るもので、「AXIS Z」のエンジンもこの“BLUE CORE”思想に基づき開発した。商標登録第5676267号
※2:WMTCモード:発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果からの計算値。数値は2022年1月現在(定地燃費値58.0km/L)
※3:ヘルメットの形状・大きさにより収納できない場合あり。

「AXIS Z」主要仕様諸元

※1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値である。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なる。
※2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測の燃料消費率。
※3:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類される。

「AXIS Z」フィーチャーマップ

リリース提供元:ヤマハ発動機株式会社

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる