フリーペーパー「モトメガネ」冬号配布中!チェック!

ホンダの二輪レースを行なってきたHRCに四輪も加わりレース活動が一本化!

ホンダが2022年のモータースポーツ活動計画を発表し、二輪と四輪のレース活動を一本化されることがアナウンスされた。

これまで二輪のレース活動は、ホンダ(本田技研工業株式会社)が100%出資し設立したHRC(株式会社ホンダ・レーシング)が担っていた。一方、四輪のレース活動は、ホンダが100%出資し設立した株式会社本田技術研究所がその事業を行なっていた。
二輪、四輪が別々にレース活動を行なっていたが、HRCに四輪のレース活動が加わり一本化されることで、それぞれが持っている技術・ノウハウの相互連携と運営の効率化を図り、モータースポーツ活動をより強化することが目的だという。

目次

ホンダ・三部敏宏社長のスピーチ概要

「Hondaは創業期からレースとともに育ち、レースを通じて人と技術を磨いてきた会社です。そして、夢を描き、勝利にこだわるというレーシングスピリットは、創業者に始まり、多くの先人達のさまざまな困難への挑戦を経て、現代に生きる私たちへも変わらず伝承されています。そうした意味からも、モータースポーツは『Hondaカルチャー』の大きな結晶のひとつであり、それを忘れることなく、今シーズンも多様なカテゴリーのレースにチャレンジしていきます。

また、モータースポーツをサステナブルでより魅力的な存在にすることを目指して、電動化に加えてカーボンニュートラル燃料や燃焼技術の領域にもチャレンジしていきます。その過程で磨かれる技術は、モータースポーツの領域だけではなく様々な製品に反映され、将来のHondaを支えていく事になります。

そして、今シーズンからは、これまで二輪レース活動を運営してきた株式会社ホンダ・レーシング(HRC)に四輪レース活動機能を追加し、Hondaのモータースポーツ体制を強化してまいります。二輪・四輪の分野でそれぞれが持っている技術・ノウハウの相互連携と運営の効率化を図ることで、より強いレースブランドを目指してモータースポーツ活動に取り組み、HondaのDNAであるモータースポーツを将来に向けて確実に継承していけるような強い基盤を築いてまいります。
2022年も世界中のモータースポーツファンの皆様やHondaファンの皆様、そしてお客様のご期待に応えられるよう、二輪・四輪を合わせた新しいHRCのもと、Hondaは引き続きモータースポーツ活動に力を注ぎ、これからもチャレンジを続けてまいります

HRCのロゴを刷新

レース活動を一本化し新体制となることから、HRCのロゴも刷新。旧来のデザインを踏襲しつつ、よりスピード感のあるロゴへと進化した。

二輪モータースポーツ活動

ダカールラリー2022をはじめ、ロードレースモトクロストライアルの世界選手権 最高峰クラス、およびFIMスーパーバイク世界選手権に、HRCが運営するワークスチームで参戦し、タイトル獲得を目指す。

世界選手権では、ワークスチームだけでなく、有力なサテライトチームの参戦もサポート
さらに、日本をはじめとするさまざまな国や地域においては、各国のHondaの現地法人や販売会社が参戦体制を構築し、ロードレース、モトクロス、トライアルでの選手権獲得を目指す。

若手育成では、今シーズンもMotoGPのMoto2・Moto3クラスに参戦するHonda Team Asia(ホンダ・チーム・アジア)へのサポートを継続し、ステップアップの場として、FIM ジュニアGP Moto3ジュニア世界選手権のサポートも継続する。加えて、若手育成のプログラムとしてIDEMITSU Asia Talent Cup(イデミツ・アジア・タレント・カップ)を引き続き活用し、世界で活躍できるライダーのさらなる発掘・育成に取り組んでいく

四輪モータースポーツ活動

今シーズンはRed Bull Group(レッドブル・グループ)からの要請のもとに、Hondaのパワーユニット(PU)技術を用いたPUでF1に参戦するレッドブル・グループ傘下のScuderia AlphaTauri(スクーデリア・アルファタウリ)とRed Bull RacingにPUを供給するRed Bull Powertrains(レッドブル・パワートレインズ)をHRCが支援。また、Scuderia AlphaTauriでF1参戦2年目を迎える角田裕毅(つのだ ゆうき)選手に続いて、世界最高峰カテゴリーを目指している日本人若手ドライバーのFIA フォーミュラ・ツー選手権(F2)などへの参戦をサポートしていく。

国内レースでは、SUPER GT GT500クラスにNSX-GTの新モデルを投入し王座奪還に挑む。また、昨年タイトルを獲得した全日本スーパーフォーミュラ選手権においてはチーム体制の変更を行い、連覇を目指す。

開催5年目を迎えるFIAワールド・ツーリングカー・カップ(WTCR)に加え、世界各地で活況なTCRシリーズ耐久レースに向けては、CIVIC TYPE Rをベースとした「CIVIC TCR」を、北米・アジア・欧州のGT選手権や耐久レースに向けては「NSX GT3 Evo」を引き続き供給。

北米においてはインディカー・シリーズに参戦する6チーム17台に、ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント(HPD)を通じてエンジンを供給し、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権ではHPDが供給するAcura(アキュラ)ブランドのマシン「ARX-05」でふたつのチームが参戦する。

HRCとは

1982年9月に本田技研工業の100%出資(3億2000万円)で設立された、二輪レース活動を行う会社として発足。2022年より四輪のレース活動も同時に担うこととなった。

なお、二輪レースや四輪レースで目にする「無限」。この「無限」は、ホンダのパートナー企業であり、ホンダとの資本関係が一切ない別会社。ホンダのワークスチームと捉えられがちだが別チームである。株式会社M-TECというレース専用エンジンの設計、開発、製作、組み立てと販売を目的に設立された企業で、前身株式会社無限。この無限は1973年にホンダの創業者・本田宗一郎氏の息子、本田博俊氏によって創立された。レーシングエンジンの開発を行ない、数々のレースで勝利を収めレーシングエンジンコンストラクターとしてその地位を確立。2004年に無限からM-TECに事業が譲渡された。

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる