フリーペーパー「モトメガネ」秋号配布中!CLICK!

超人気の小型折畳みノコギリ「バタフライソー」の新モデルがついに出る!

アウトドアブランドconifer cone(コニファーコーン)の人気商品、バタフライソーが「バタフライソー2」にパワーアップ。発売以来、増産と完売を繰り返し続けた、人気商品の次モデルということもあり、ブッシュクラフターは要注目のアイテムである。

本商品は名前の通りバタフライナイフの様に折り畳むことができるのこぎりで、バッグ内部を傷付けてしまう心配もない。また、折り畳み時は135mm(長さ)×48mm (幅)× 15mm(厚み)までコンパクトになるため、積載量に限りのあるツーリングキャンプのパッキングにも忍ばせやすい。

気になるバタフライソー2の発売日は2021年10月10日(日)を予定しており、価格は6,600円(税込)だ。

目次

さらに進化した切り心地!世界最小クラスの本格折りたたみ両刃のこぎり。「バタフライソー2」。

2021年10月10日(日)新発売

アウトドアブランド「tab.(タブ)」や「conifer cone(コニファーコーン)」を手掛ける田中文金属株式会社は、「conifer cone」の人気製品「バタフライソー」をさらに進化させた「バタフライソー2」を2021年10月10日(日)より発売開始する。

発売以来完売が続いたconifer cone(コニファーコーン)「バタフライソー」

2019年5月の発売以来またたく間に大人気となり、増産の度に完売を繰り返した「バタフライソー」。世界最小クラスの折りたたみ両刃のこぎりとして、その優れた機能性とスタイリッシュなデザインで大きな話題になった。この度約1年の開発期間を経て新たな機能とデザインを加えた「バタフライソー2」が発売になる。

conifer cone(コニファーコーン)  バタフライソー2の特徴

伝統的な和のこぎりを手のひらサイズに

日本の伝統的な和のこぎりの製法で目立てた刃先は、木肌への食いつきがよく切れ味も抜群。江戸目(横目)と茨目の両刃仕様。乾燥した堅い木や木の繊維に垂直に切る場合は細かく鋭い江戸目を、生木や木の繊維に沿ってザクザクきるときには角度の浅い茨目をと用途に応じて使い分ける。一本ずつ丁寧に仕上げられたバタフライソー2には、手のひらサイズの中に伝統的な和のこぎりのエッセンスが凝縮されている。

軽い切り心地を追求した新特殊コーティング

バタフライソー2のブレードには、その性能を最大限に発揮するために開発した特殊フッ素コーティング(SSFC:Super Smooth Fluororesin Coating)を新たに採用開発。耐久性に優れ、刃先は鋭く刀身部分は滑らかに、さらなる軽い切り心地を実現している。

切れ味が持続する高硬炭素鋼ブレード

職人用のこぎりに使用される硬い高硬炭素鋼を使用したブレードは、刃先がへたりにくく、驚くほど切れ味が長持ちする。また、硬くたわみが少ないのでのこぎりに不慣れな人でも簡単にまっすぐに切ることができる。

洗練されたデザイン

バタフライソーの大きな魅力の一つが、機能美を追求したスタイリッシュなデザイン。バタフライソー2では完成されたギミックはそのままに、ブレード全面にマーキングされたロゴが存在感を際立たせる。改良されたロックリングは小気味良いクリック感とともにホールド性能が向上している。

使うほどに手に馴染む天然木のグリップ

ハンドルには肌触りが滑らかで木肌が美しい「北米産ブラックチェリー」を採用。使うほどに手に馴染み、お好みのオイルやワックスを塗り込むことでオリジナルの一本に育てる楽しみも。メンテナンス用の専用レンチも付属している。

conifer cone(コニファーコーン) 『バタフライソー2』概要

名称:Folding Saw「Butterfly Saw2」フォールディングソー「バタフライソー2」
発売日:2021年10月10日(日)
定価:6,600円(税込)
サイズ:(使用時)長さ250mm 幅48mm 厚み15mm、(折りたたみ時)長さ135mm 幅48mm 厚み15mm
重量:約110g
素材:ステンレス、炭素鋼、天然木
URL:http://conifer-cone.com/products/butterfly-saw.php

リリース提供元:田中文金属 株式会社

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる