MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

モトGPライダー中上貴晶選手が2りんかんの店員に?大盛況だったファンミを紹介!

  • URLをコピーしました!

ロードレースの最高峰であるモトGPクラスに唯一日本人として出場しているライダーが中上貴晶選手(LCR HONDA IDEMITSU)だ。そのファンミーティングが1月に関西方面で開催された。

8日にはライコランド姫路で開催。CBRミーティングも同時に行なわれ、CBRオーナーの集合写真の真ん中には中上貴晶選手が!? トークショーでもスマホで撮影しているファンに目線を送ってくれるファンサービスや、爽やかなイケメンっぷりに、多くの来場者が魅了されていた。


では9日に大阪府の門真2りんかんでの模様をお伝えしよう。

ファンミーティング開催に先だって、門真2りんかんの店内の様子を撮影しておこうと訪れたら、レジには賞品の袋詰めやら、レシートを手渡すのが、妙にぎこちないスタッフの方の姿が。胸のネームプレートには『たかあき』と記されており、中上貴晶選手本人がサプライズで登場したのである。

サプライズ的に臨時スタッフとなった中上選手。右胸には『たかあき』と記されたネームプレートも着けられていた。同店の充実したイクソンコーナーには使っていた革ツナギも。
1月9日のファンミーティングの会場となった大阪府の門真2りんかん。1階は二輪四輪の駐車場とピットになっとり、店舗内は左手の階段を上がった2階となっている。

ファンミーティングの会場とされたのは、同店の屋上駐車場。中上選手が着用した革ツナギや、IXON製品も展示されたブースが設営されており、トークショーの演出にも一役買っていた。1月の屋外でのイベントではあったが、この日は冷え込みも緩んでおり、快晴で陽差しもたっぷりで、バイクで訪れた方も多かったようである。

定刻通りにトークショーが始まり、中上選手が登場すると、会場に詰めかけた観客からは、拍手が巻き起こった。司会の竹内さくらさんから話を振られると、淀みなく答えていく。それもスッとした立ち姿で、文句なしにカッコイイのである。聴衆の方々の年齢層の幅広さや、性別も偏っておらずでファン層の厚さも納得なのであった。

会場には中上選手が着けているゼッケン30や、本人の顔写真プレートも用意されており、これらを使って写真を撮ることができる特設スペースも設けられていた。

トークショーの内容としては『モトGPマシンと市販車ベースのレーサーとの違い』のようなレースに関することから、休日の過ごし方のようなプライベートな部分にまでと盛り沢山だった。ちなみに中上選手はパンケーキ好きで、スイーツ男子らしい。

トークショーはレースの話から、プライベートに至るまで多岐に渡り、時には手振りを交え、度々笑みもこぼれた。右手には未だ包帯も残っているが、取れる日も近いそうだ。
トークショーの終盤には質問タイムが設けられ、そのうちの1人は12歳の少年だった。この日は用意されたワイヤレスマイクの具合が悪く急遽予備の有線のマイクで行なうことに。図らずも質問者は中上選手の側に来ることができたので、嬉しいハプニングだったのである。

質問コーナーや中上選手と来場者全員との集合写真の撮影などのちに小休止を挟んで、サイン&撮影会が行われた。長蛇の列で、さらに1人1人に掛けられる時間も多めだったのだが、それを見守るファンの方々の温かい眼差しも、このファンミーティングの特色の一つとも言えるだろう。

小休憩を挟んでのサイン会&撮影会。色紙やTシャツはもちろんのこと、ヘルメットやシールドなどにサインしていた。

終盤には抽選会が行なわれた。2021年のグローブを、右と左をそれぞれプレゼントするもので、2度目の時にミラクルは起こった。司会の竹内さんが前日の姫路のファンミーティングの際に中上選手が1番の番号札を引いたことを告げたのである。それから間もなく中上選手が引いた番号は、ここでも1番!! こいつぁ春から縁起が良い!

イベントのシメには中上選手から会場の方々への挨拶があり、それによると右手のケガも2週間ぐらいで完治しそうであり、2月からのテストに向けて現在は調整中、そしてレースでは表彰台を、それもてっぺんを狙っていくとのことで、今後の活躍を期待したい。

ファンミーティングには約300人ほどの方々が来場。オープニング直後は快晴の空の下、風も穏やかで冷え込みも少ない絶好の日和となった。中には早くから開催を待ちのぞみ、応援グッズを持ち込まれている方々も。
目次

中上選手からモトメガネ読者へのコメント!

「モトGPで走るようになって6年になりました。2021年はケガが多いシーズンでしたが完治も近く、万全な状態で2月からのテストに臨むことになります。

今シーズンは開催国にカザフスタンとインドが加わりました。レースもスプリントが加わり、21戦+21戦の42戦と増えます。それら新たなことも楽しみなシーズンインです。

レーサーとしては表彰台を、優勝を狙っていますが、それだけではなく一般の方とサーキットを繫ぐ橋渡し的な存在にもなりたいと思っています。是非とも生のレースを見に来てください! 圧倒的な迫力ですから。日本でモトGPが開催されるモテギに足を運んでください。

納得いくシーズンになるように頑張りますので、応援よろしくお願いします!」。

集合写真を撮る前に、中上選手自らでセルフィーを撮るの図。本人も楽しんでいたのが印象的だった。

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

冊子版モトメガネが手に入る!

Amazonのパークアップストアでのお買い物はこちらから

※ご購入の際は販売元がパークアップになっていることをご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次