MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

オートバイを運転する“夢”ミシュラン社内イベント「わくわくフェスティバル 2〇22」

  • URLをコピーしました!

「すべてを持続可能に」を企業ビジョンとするミシュランの日本法人である日本ミシュランタイヤ株式会社は、2022年10月15日に社内イベント「わくわくフェスティバル 2〇22」を初開催した。同イベント内では、オートバイを運転する“夢”を支える非営利団体である一般社団法人SSP主催の、障がいを抱えた人のための走行会も行われ、「ロードレース界の伝説」とも呼ばれる青木兄弟も参加し、走行体験会を楽しんだ。同社のビジョンや活動を深く知ることで新たな気づきを促し、社員同士の交流を深めることを目的とし、レーシングカーの展示や金属積層造形アトリエの見学、グループや社員の価値観を多面的に知るためのワークショップなど、多彩なアトラクションを実施した。本社を群馬県太田市に移転する来年以降は、より開かれたイベント開催も検討しており、今後の展開にも注目である。

目次

ミシュラン社員イベント「わくわくフェスティバル2〇22」 日本ミシュランタイヤ 太田サイトにて初開催

~世界の青木3兄弟とともに、オートバイを運転する“夢”を支えるボランティア活動も共催~

「すべてを持続可能に」を企業ビジョンとするミシュランの日本法人である日本ミシュランタイヤ株式会社(日本法人:東京都新宿区、代表取締役社長:須藤 元/すどうげん)は、2022年10月15日に社内イベント「わくわくフェスティバル 2〇22[*注]」を初開催し、この中で一般社団法人SSP(Side Stand Project、代表理事 青木 治親/あおきはるちか 氏)が主催する障がいを抱えた人のための走行会を行いました。SSPはオートバイを運転する“夢”を支える非営利団体です。群馬県出身であり、幼い頃からオートバイレースに出場し「ロードレース界の伝説」とも呼ばれる青木兄弟も参加し、パラモトライダー3名が走行体験会を楽しみました。

スタッフと共に走行練習をするパラモトライダー
青木選手の後を周回走行するパラモトライダー

わくわくフェスティバル2022」は、“We are 〇ne MICHELIN ~つなげよう、わくわくの輪~”をスローガンに、ミシュランのビジョンや活動を深く知ることで新たな気づきを促し、社員同士の交流を深めるために開催しました。目的に沿い、SSP走行体験会に加え、新製品及びソリューション、レーシングカーの展示、金属積層造形アトリエの見学、グループや社員の価値観を多面的に知るためのワークショップなど、多彩なアトラクションを実施しました。

部署を超え価値観を知るためのワークショップ
展示ソリューションの説明に聞き入る参加者

日本ミシュランタイヤは、新たな価値創造に向けて改革を推進するため、2023年8月 に、本社を東京都新宿区から群馬県太田市に移転します。日本のものづくりおよび自動車産業の集積地である群馬県は、ミシュランが1991年からR&D拠点を置くゆかりの地でもあり、ここから革新的なビジネス創出を加速します。社員は、真のワンチームとなり市場のニーズに呼応できる体制を構築し、積極的に外部・内部のシナジーを開拓するため、昨年新たに自らの行動指針「わくわくで動かせ」を策定しました。この指針の“誕生日”を太田、及びオンラインで共に祝うことにより、全員で一層多様なコラボレーションと挑戦を続けてまいります。

日本ミシュランタイヤ 代表取締役社長 須藤 元 は次のように述べています。
「『わくわくフェスティバル』は、ボランティアで声を上げた社員が部署をまたぎ創り上げた社員イベントで、ミシュランのリーダーシップモデル『MICHELIN I CARE(ミシュラン アイケア)』の象徴です。職責にかかわらずすべての社員がリーダーとして行動することがチームの進歩につながり持続可能な成長を生み出します。『わくわくフェスティバル2022』初回となる本年は 、社員イベントとして開催しましたが、群馬県太田市に本社を移転する来年以降は、より開かれた開催も検討していきます。外部・内部のシナジーを開拓し、革新的なビジネス創出を加速するミシュランにご期待ください」

約200名が太田サイトにて、オンラインからも多数参加したミシュラン「わくわくフェスティバル2022」
ミシュラン太田サイト

*注:わくわくフェスティバル2〇22(読み:わくわくふぇすてぃばる にせんにじゅうに。〇はタイヤの意)

<すべてを持続可能に>
ミシュランは「すべてを持続可能に」という企業ビジョンのもと、人(People)、地球(Planet)、利益(Profit)三方良しの理想を叶え、2050年までに100%持続可能なタイヤを製造することを約束しています。大西洋で帆船による海上輸送の推進、東南アジアの天然ゴム栽培および森林保全の最適化、自動車産業の電動化への貢献など、グローバルに脱炭素への取り組みを進めています。ミシュランのサステナビリティ経営強化に向けたコミットメントは、以下をご参照ください。
2050年のビジョン: https://news.michelin.co.jp/articles/michelin-tires-will-be-100-sustainable-in-2050
2030年に向けた戦略: https://news.michelin.co.jp/articles/make-everything-sustainable-michelin-announces-strategy-to-2030
SDGsへの貢献: https://www.michelin.co.jp/csr

■ミシュランについて
ミシュランは、フランス クレルモン=フェランに本社を置くモビリティの世界的なリーダーです。12万4,760人以上の従業員を擁し、177カ国で持続可能なモビリティの実現のため、お客様にとって最適なタイヤ、サービス、ソリューションを提供しています。68製造拠点で、約1億7,300万本のタイヤを製造(2021年実績)するとともに、デジタルサービス、旅行ガイド、ホテル・レストランガイド、地図など、皆様のモビリティをユニークで充実した体験にするお手伝いや、多様な産業に提供するハイテク素材を開発しています。詳しくは www.michelin.com をご参照ください。

リリース提供元:日本ミシュランタイヤ株式会社

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次