MENU
カテゴリー
モトメガネ バイク買取一括査定

公式SNS
モトメガネ楽天市場でバイク&キャンプ用品購入
オリジナルフリーペーパーが貰える!チェック!

機能&デザインともに高いこだわりをもつバイク用ウエア『マックスフリッツ』の直営店がバイクのふるさと浜松に新規オープン!

2024年3月9日(土) に「マックスフリッツ浜松店」がオープンした。場所は静岡県浜松市の遠州海岸の近く、国道1号線の浜松バイパス卸本町交差点を北に少し上った辺りにある町の一角。店舗から5分ほど走れば日本三大砂丘の一つ「中田島砂丘」があり、スズキの竜洋テストコースも30分ほどの距離だ。

オープンに先駆け前日にはオープニングセレモニーが実施され、モトメガネ編集部もお祝いに駆け付けた。トークショーではタレントの梅本まどかさんが司会を務めるなかマックスフリッツに関わる人たちが登壇し、その後の懇親会では近隣のお店による地元の食材も使った料理やデザートが振る舞われた。

それではセレモニーの様子と合わせて新しい店内の様子などをお届けしよう。

目次

レトロな雰囲気でつい立ち寄りたくなる! 
MaxFritz(マックスフリッツ)浜松店

マックスフリッツ浜松店がオープンした浜松市卸本町は、どこか懐かしい雰囲気がいまも残っている地域だ。そこは浜松で繊維業が盛んだった頃にそれに関わる卸問屋が集まってつくられた街で、当時の建物も多く健在している。
国道1号の卸本町交差点から北に向い、直ぐに現れる橋を渡ればタイムスリップして時代を遡ったような感覚に見舞われることだろう。昭和の香りが漂う街並みは写真映えも良く、カタログなどの撮影スポットとして使われることもあるそうだ。

バイクと繊維業。バイクアパレルをけん引してきたマックスフリッツがこの地にオープンするのは偶然ではない気がする。

タイル張りの外観と、外に止められたバイクが目印!

2000年に東京の目黒でスタートしたマックスフリッツは、おしゃれなライディングウエアの先駆けとしてファッションに敏感なライダーに支持をされ広く知られるようになった。そのマックスフリッツがデイトナのグループ会社となったのが2022年のこと。浜松店は直営店としてのオープンで、統合されてから初めての店舗となる。

そんなことも考えつつどんなお店かと期待を膨らませながら走っていると、停まっている数台のバイクが目に留まり、直ぐに場所が分かった。周辺の道路は道幅が広くて碁盤の目のようになっていて見通しが良い。万が一通り過ぎても簡単に戻れそうだ。

到着してお店の前に立ってみると、この街の雰囲気とマックスフリッツの雰囲気が絶妙にマッチしており、この場所が選ばれたのは大いに納得できた。

歩道に沿って駐輪スペースが設けられており、お店の目の前にバイクを停められる。
バイクから降りて視線を上げるとお店の前にはお祝いの花がズラッと並んでいた。

広くて明るい店内は居心地がよく、ウエア選びもじっくりできる

お店はとても広くて明るく、壁面や什器上のディスプレイも目を惹くものばかり。製品はもちろんだが、その辺りを眺めるのも楽しい。

記事中の写真ではパーティー用に什器が寄せられているが、それでも人が普通に通れるくらいの間隔がある。通常時は後ろを気にせずアイテムを物色できるだろう。

機能性とデザイン性を両立したバイク用ウエア『マックスフリッツ』 
その魅力をヘビーユーザーが語る

向かって左から、マックスフリッツユーザー男性代表 西野さん、マックスフリッツ浜松店店長 石塚さん、マックスフリッツ/デイトナ社長 織田さん、マックスフリッツ本店店長/プレス 佐田さん、マックスフリッツユーザー女性代表 rurikoさん。

第一部 トークショー

梅本まどかさんの司会のもと、マックスフリッツ並びにデイトナ社長の織田さんのあいさつ、マックスフリッツ浜松店店長の石塚さんのあいさつ、マックスフリッツ本店店長並びにプレスの佐田さんとマックスフリッツ愛用者の2名(WEBオートバイ編集部の西野さん、インフルエンサーのrurikoさん)を交えたトークショーが行われ、来場者は話に耳を傾け、その時間を楽しんでいた。

トークショーには登壇しなかったが、マックスフリッツ創業者でありデザイナーの佐藤さんも会場で参加者との会話を楽しむなどしていた。

織田さん(マックスフリッツ並びにデイトナ社長)

ここでは詳しい内容は割愛するが、ここにお店がオープンした経緯などを話してくれた。そして、「物売りだけでなく、ライダーが浜松の色々な場所を回遊してくれるような企画を業界関係者の協力も貰いながらしていきたい。」と語った。

石塚さん(マックスフリッツ浜松店店長)

「浜松はバイクの歴史もあるが、ここ卸本町は江戸時代には綿花の生産や織物が盛んで繊維協会の問屋だった。織物の生産技術がバイクの生産技術にも結び付き発展してきたという流れがある。そのような地でバイクアパレル店を展開できるのは大変な意義があると感じている。」と語った。

佐田さん、西野さん、rurikoさんのトークショー

各々のマックスフリッツとの出会いや思い出話などから、マックスフリッツの製品の魅力が伝わってくるトークショーだった。

レディースのバイクウェアが少なくウェア選びに困っていた時、当時の用品店ではほんの一部だったレディースコーナーが、マックスフリッツでは充実していて驚いた。そして、パンツのシルエットが綺麗でファンになり、今では本店店長に。
西野さん(左)は、WEBオートバイの編集者。マックスフリッツ愛用歴15年。
マックスフリッツとの出会いは雑誌に載っていたキャンプシーンの広告。
その世界観にあこがれて、今ではヘビーユーザーだ。

rurikoさん(右)は、多くの方がご存じであろう人気インフルエンサー。
ある時、二輪用品店でマックスフリッツのウォームパンツに出会い、思い切って購入。
暖かいし細く見えるし履き心地も良く、そこからファンになった。

2000年にスタートしたマックスフリッツだが、創業者の佐藤さんは、当時、着たいと思えるカッコイイバイクウェアがなく、自分で作った服を着てバイクに乗っていたそうだ。その服を欲しいという人が増え、マックスフリッツを立ち上げるまでに至ったそうだ。

バイクウェアにストレッチ素材を使ったり、フード付きジャケットを作ったり、アウトドアテイストを取り入れたりしたのはマックスフリッツが初であったという。

機能面では、カバンを持たずにバイクで出かけられるような深くて大き目のポケットが多いジャケット、冬場にインナーなしでも乗れるような温かいパンツ、夏場にマフラーの熱で内股が焼けるのを防ぐパンツなどの話もあり、確かにバイク乗りの気持ちを汲んでくれる製品に仕上がっていることを改めて認識した。

そして、デザインや機能と併せて全ての製品に息づいているのが、着ると立体感が出てスタイルが良く見えて着心地が抜群のパターンで、これは一度身に付ければ誰もが感じられることだろう。

これらは、創業者でありデザイナーの佐藤さん自身が距離を走るバイク乗りであるからこそ気付けるアイデアであり、独自のセンスであり、パタンナーとしての高い技術までが組み合わさることで生み出せるものなのだ。

第二部 懇親会

トークショー終了後は、立食パーティー兼懇親会だ。

参加者は思い思いに過ごしていたが、パーティー中でも店内の製品を購入できるアナウンスが入ると、多くの人が製品を物色し始めて購入者も多数。マックスフリッツは業界内にもファンが多いというのもまた特徴である。

本日もお買い上げのヘビーユーザーrurikoさん。不慣れなタブレット型のレジ打ちに苦戦中の石塚さん。その様子を優しく見守る佐田さん。

マックスフリッツ浜松店 店長のおススメ!

せっかくなので、店長の石塚さんに「今イチオシ!」の製品を紹介して貰った。

マックスフリッツの製品はそのシーズンに売切れたらその年のリピート生産は基本的になく、廃盤にならなかったとしても次は翌年になることがほとんどなので、気になった製品は早目の購入がお勧めだ。

MFJ-2516 モトビバーキングジャケット(向かって左)

カラ:ダークブルー/ライトグレー/チャコールグレー
サイズ:S(ユニセックス)
    メンズ M/L/2L/3L
価格:¥33,000(税込 ¥36,300)

MFB-2512 エアインテークダブルライダース(向かって右)

カラー:インディゴ/ブラック
サイズ:メンズ M/L/XL
    レディース M/L
価格:メンズ ¥33,000(税込 ¥36,300)/レディース ¥32,000(税込 ¥35,200)

是非立ち寄ってみよう!

西に少し足を延ばせば浜名湖も近く、付近にはスズキ本社併設のスズキ歴史博物館や、東側に足を延ばせばヤマハコミュニケーションプラザなどもある。店舗周辺の雰囲気のある街並みも面白く、直ぐ近くに美味しいハンバーガー屋さんなどもあるようなので、この春は、マックスフリッツ浜松店での買い物を含めたツーリングコースを楽しんでみてはいかがだろうか。

アクセス

MaxFritz浜松店
住所/〒432-8055 浜松市中央区卸本町52
TEL/053-570-1222
営業時間/11:00〜19:00(定休⽇/毎週⽔・⽊曜⽇)

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

カテゴリー

モトメガネ バイク買取一括査定

目次