MENU
カテゴリー
モトメガネ バイク買取一括査定

公式SNS
モトメガネ楽天市場でバイク&キャンプ用品購入
オリジナルフリーペーパーが貰える!チェック!

バイク&クルマ好きは劇場へ急げ!映画『マッドマックス:フュリオサ』公開記念特集・PART②         『マッドマックス2(原題:ザ・ロードウォーリアー)』40周年記念イベント【MADMAX2 Celebration , 40Years of Mayhem(騒乱)】開催!!

愛車投稿募集中

目次

まるで映画のセット!? 広大なスケールで蘇ったマッドマックス2に出てくるあの製油所『セブンシスターズ・ペトロリウム』

 現在、絶賛公開中の映画「マッドマックスシリーズ」の最新作 『マッドマックス:フュリオサ』。
そのアポカリプトな世界観の始祖となったのがシリーズ2作目となる『マッドマックス2(原題:ザ・ロードウォーリアー)』 であろう。
今回のこの【MADMAX2 Celebration , 40Years of Mayhem(マッドマックス2 セレブレーション 40イヤーズ オブ メイヘム(騒乱)】… 本来であれば劇場公開された1981年からちょうど40年の節目を迎える2021年に開催される予定だったのだが、新型コロナの影響により延期となり、翌2022年に現地オーストラリア国内の参加者をメインとしたプレ開催を経て、この2024年の3月。ようやく正式開催される運びとなったのだ。
今回オーストラリアはもちろん、隣国ニュージーランドやアメリカ、イギリス、ドイツ、フランスそして日本…と世界各国から熱烈なマッドマックスファンたちが集まり、参加総数は200名以上!また、今回一番の見所は「シルバートン・アウトバック・キャメルズ」内に建築された“あの製油所”…正式には
『セブンシスターズ・ペトロリウム』と呼ばれ、映画内では世界7大石油会社が保有していた製油所という設定となっており、約80%サイズで建造されたココがイベントメイン会場となったのだ!

今回のイベント主催者である「スティーヴ・ショルツ」氏。
彼の本業は地元オーストラリアに店を構える「タトゥーアーティスト」なのであるが、そんな彼が一体どの様な経緯で『MADMAX』にハマり、またこの巨大施設を完成させたのだろうか?
現地及びSNSを通じて、今回のイベントの詳細を聞かせてもらった…

<スティーヴ・ショルツ談>
「私が『マッドマックス2』を知ったのは80年代初頭でした。当時、スター・ウォーズに夢中だった私は“オーストラリアのスター・ウォーズ”として宣伝されていたマッドマックスシリーズに腹を立て、観る事を“一切拒否”していました。今考えると、それらは完全なる私の過ちでした(笑) 
地元・田舎のドライブインシアターでマッドマックス2は上映されており、私は父の旧いフォード・XAファルコンに乗って観に行き、そして完全に“正気”を失いました…
私は略奪者たちに追われる事を“妄想”しながら猛スピードで家へと帰り着き、生きて帰って来られた事を神に感謝しました(笑)
その後、悪役:WEZ(ウェズ)のコスプレなどでファン活動に勤しんでいましたが、今回のこの製油所建設計画は『マッドマックス2ミュージアム』 の館長である“エイドリアン・ベネット”氏の個人的な“使命”でもありました。
当初、この『マッドマックス2・40周年記念イベント』の為に一時的な組織を作る事について話し合いましたが、多くの問題が発生し、残念ながらそれらは不可能となりました。しかし、この土地の所有者である『シルバートン・アウトバック・キャメルズ(ラクダファーム)』のペタ氏は建設する為のスペースを提供してくれ、またエイドリアン氏は多くのブロークンヒルの有力者たちと既に約束を取り付けており、この壮大な計画の実現に向けての支援に彼らはとても積極的でした。
様々な方々から多くの助けを得ましたが、最終的には彼(エイドリアン)の“情熱”が決め手だったと思います」

尚、この「セブンシスターズ・ペトロリウム」は、ブロークンヒル/シルバートン地域周辺の農場などから出た大量の廃材を利用して建てられており、タイヤは鉱山会社から寄付されたもので、入口のスクールバスも同様との事。
汲み上げ式ポンプや蒸留塔、パイプラインや石油精製機などスティーヴ氏曰く…
「これら造形への“こだわり”は細部に至るまで見逃される事はなかった」と語る。
劇中そのままの雰囲気を醸し出す、ファン待望の【製油所】は、こうした経緯で生まれたのである…。

もはや、入山不可能!? マックスとジャイロキャプテンが居たあの岩山。通称『ピナクルズ』

 今回の製油所と並んで最高の見所だったのが「ピナクルズ」と呼ばれる岩山群。
「たかが岩山…」と言う事なかれ、実はこの場所、原住民『アボリジニ』の聖域として「アボリジナル・ランド・カウンシル(先住民土地評議会)」により現在では立ち入りが厳しく制限されており、一般で訪れる事がほぼ不可能となった場所なのである。
今回は特別な許諾を得て入山する事が叶い、40年前と全く変わらぬ岩肌にマックスとジャイロキャプテンのやり取りを思い浮かべると胸が熱くなる思いであった…。

上左、スティーヴ氏が指し示す場所が本来、映画劇中で存在していた『セブンシスターズ・ペトロリウム』の場所。 上中がマックス&ジャイロキャプテンが双眼鏡と望遠鏡で覗いていた岩で、上右でスティーヴ氏が真似している様子。
下左が、より寄った写真で「赤土」の場所が見てとれる。 下中が40年経った今でも少し探せば『セブンシスターズ・ペトロリウム』のあの大爆破シーンのセットの欠片をこうして見つける事が出来る。 下右はこの「ピナクルズ」の入口で、通常はゲートを閉じてあるとの事だった。

そう、あの“ブーメラン少年” エミル・ミンティ氏も来場☆

「MADMAX2」のブーメラン少年『フェラル・キッド(Feral Kid/野生児)』役を演じていたのがこの「エミル・ミンティ」氏。
今回スペシャルゲストとして来場してくれており、当方の拙い英語で話掛けると…「Oh!こんな遠くまでよく来たね☆日本のMADMAXファンのみんなは元気かい?」と以前、来日したMMcon2017の事なども交えながら話は超盛り上がったのだった…。

やっぱ本場はひと味違う☆ コスチューム・コンテストも開催!!

初日に行われた「コスチューム・コンテスト」では日本から来た数名の参加者のうちの1人Yukoさんが見事「V2A賞」を獲得! 下はエミル氏と一緒に喜びの2ショット写真だ☆
尚、この度決まった字名(あざな)は「ウーマン・ガス」(笑)みんな宜しくね♪ 

ブロークンヒル/シルバートンの町で毎回思うのが…「時間がゆっくりと流れる」事。
無論、雰囲気もあるのだろうが、現地では20時ぐらいまで明るい為、のんびり&ゆったりとした感じでイベントを堪能出来たのだった。

40年前と何ら変わらない風景をその目に…「聖地巡礼」の旅

5年前にマクラウドさん主催で参加した『マッドマックス(1)40周年記念・メルボルンツアー』。
その際、映画撮影地を巡る旅を『聖地巡礼』と称して巡って行ったのだが、同時多発的にオーストラリア国内のマッドマックスファンたちでも同じように行われているようで、今回は『マッドマックス2の聖地巡礼』をスティーヴ氏主催で執り行われた。
車10数台でキャラバンを組み、案内してくれる数々の場所は、間違いなくマッドマックス2劇中に出てくるあの場所、この場所… 素晴らしいのは「40年前と殆ど変わらない風景」を堪能出来る事であろう。

尚、写真1番上が、ファーストシーン&ラストシーンの「MUNDI MUNDI(マンディ マンディの丘)」。
あ、何かステッカーでも貼ってくれば良かったw(※豪州のこうした土地では特に罰則等無し)

今回、英&独を拠点とするポスト・アポカリプト・インダストリアルロックバンド「V2A」メンバーも参加しており、
MM2ロケ地を巡る「聖地巡礼」にも同行。また夜は連日LIVEイベントも行っており、筆者はリードVo.のケヴィンに
「是非、歌ってくれ!」言われ、丁重にお断りした(笑)
「ピナクルズ」で撮るのを忘れwココでパシャリ☆と。
まぁ、同じブロークンヒル…ちゅー事で…

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

カテゴリー

モトメガネ バイク買取一括査定

目次