MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【カワサキ】2022年鈴鹿8耐 KRTが総合2位表彰台、カワサキプラザレーシングはSSTクラスで優勝!

  • URLをコピーしました!

株式会社カワサキモータースジャパンは、8月7日(日)に鈴鹿サーキットで開催された2022FIM世界耐久選手権”コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦した。ファクトリーチームである「Kawasaki Racing Team Suzuka 8H」は総合2位を獲得し、「Kawasaki Plaza Racing Team」は、初参戦ながら見事SST(スーパーストック)クラスで優勝を獲得した。

目次

2022年鈴鹿8耐 KRTが総合2位表彰台、カワサキプラザレーシングはSSTクラスで優勝!

8時間の耐久レースを見事完走し表彰台を獲得

株式会社カワサキモータースジャパン(本社:兵庫県明石市、代表取締役社長:桐野 英子)のレーシングチームである、「Kawasaki Plaza Racing Team」は、8月7日(日)に鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で開催された2022FIM世界耐久選手権”コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース(以下、鈴鹿8耐)を初参戦で見事完走し、SST(スーパーストック)クラスで優勝を獲得しました。また、カワサキモータース株式会社(本社:兵庫県明石市、代表取締役社長執行役員:伊藤浩)のファクトリーチームである「Kawasaki Racing Team Suzuka 8H」は、総合2位を獲得しましたのでお知らせいたします。
https://www.kawasaki-motors.com/mc/2022suzuka8h/

5日(金)の予選より、突然の悪天候により波乱を極めた鈴鹿8耐。

Kawasaki Racing Teamは、予選を2番手タイムで通過し、セカンドグリッドからのスタートとなる。
スタートライダーのレオン・ハスラム選手は冷静で安定した走りをしつつスタート直後よりトップ争いを展開。
しかし、2回目の交代でアレックス・ロウズ選手が2番手を走行中、他車転倒によりセーフティーカーが介入。トップとの差が半周まで広まってしまう。その後、折り返しの4時間経過を目前にジョナサン・レイ選手が追い上げ中周回遅れの前走車2台をパスする際に痛恨の転倒。しかしすぐにコースへ復帰しピットへ戻ることなくそのまま走行を続行。最後までトップの座を奪うべくチーム一丸となり3名のライダーが果敢な走りを見せるも、最終ライダーを務めたレオン・ハスラム選手がトップと1周差にてチェッカー。総合2位の結果となりました。

レオン・ハスラム選手
ジョナサン・レイ選手
アレックス・ロウズ選手

鈴鹿8耐初参戦のKawasaki Plaza Racing Teamは、全日本選手権ST1000クラスでライダーを務める、岩戸 亮介選手が予選で2分7秒364とSSTクラストップのタイムを記録。14番手からのスタートとなった。そして決勝も見事なスタートダッシュを決めた岩戸選手は、一時全体7番手まで順位を上げる。その後、スーパースポーツ300世界選手権で活躍する岡谷 雄太選手と清末 尚樹選手がバトンを繋ぐとともに、チームスタッフのミスのない完璧なサポートで最終総合13番手でチェッカー。初参戦でSSTクラス優勝という素晴らしい結果を獲得しました。

岩戸 亮介選手
岡谷 雄太選手
清末 尚樹選手

Kawasaki Racing Team Suzuka 8H

チーム名:Kawasaki Racing Team Suzuka 8H
ゼッケン:No.10
マシン:Ninja ZX-10R
監督:ギム・ロダ(Guim Roda)
ライダー:ジョナサン・レイ(Jonathan Rea)、アレックス・ロウズ(Alex Lowes)、レオン・ハスラム(Leon Haslam)
参加クラス:EWCクラス
結果:総合2位(EWCクラス:2位、周回数:213周)

Kawasaki Plaza Racing Team

チーム名:Kawasaki Plaza Racing Team
ゼッケン:No.64
マシン:Ninja ZX-10R
監督:西嶋 修
ライダー:岩戸 亮介、岡谷 雄太、清末 尚樹
参加クラス:SSTクラス
結果:総合13位(SSTクラス:1位、周回数:205周)

鈴鹿8時間耐久ロードレース

1978年から開催され、1980年から世界耐久選手権の1戦に組み込まれている国際格式の耐久レース。1台のマシンを2~3人で交代しながら走り、8時間でのサーキット周回数を競う。毎年7月下旬に開催され、猛暑のなか激しい戦いが繰り広げられる日本有数のレースイベント。耐久性・安定性のみならず、スプリントレース同様のスピードが求められるため、“スプリント耐久”という別称を持つ。

大会名:2022 FIM世界耐久選手権 “コカ·コーラ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第43回大会
開催日程:2022年8月4日(木)~8月7日(日)
会場:鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市稲生町7992

ライダーコメント

【Kawasaki Racing Team Suzuka 8H】

ジョナサン・レイ選手

「この鈴鹿での1週間は、チームと一緒に本当に楽しい時間を過ごすことができました。チームスタッフ全員、そしてチームメイトのレオンとアレックスのおかげで、素晴らしい雰囲気の中で過ごすことができました。バックルームスタッフ、戦略担当者、ケータリング、栄養士、医師など、チーム全員が多忙なスケジュールのなか、共に懸命に働いてくれて、ここまで来ることができました。1シーズンで2つの目標、WSBK選手権と鈴鹿8耐を同時に達成するのは簡単なことではありません。ここでは激しい競争があり、私たちはベストを尽くしました。とても惜しい結果だと感じますが、チームメイトをはじめ、すべての人のハードワークを誇りに思います。2位という結果は少し悔しいですが、ベストを尽くしたという思いで、家に帰ることができると思います。レースではいくつかのミスや問題もありましたが、それが耐久レースであり、自分たちの努力に誇りを持って表彰台に立つことができます。カワサキとすべてのスポンサー各社のおかげで、このような結果を残すことができました。もう1つ高いところに行くために、私たちは絶対に戻ってきます。」

アレックス・ロウズ選手

「タフなレース、そして最高の体調でないWSBKからやってきた私にとってタフな10日間でした。ですがレースでは私の最善を尽くしました。もう少しうまくやれたはずなのにと感じましたが、今日はスピードが足りず、少し残念に思います。Kawasaki Racing Teamのみんなに、心からお礼を言いたいと思います。鈴鹿8耐のようなビッグイベントに挑むのは大変なことですが、テストも含め厳しいスケジュールをこなしてくれました。そして、この1週間素晴らしい仕事をしてくれた、チームメイトのレオンとジョニーにも大きな感謝と敬意を表したいと思います。ここにみんなと一緒にいられたことを嬉しく思います。みんな、本当にありがとう。またここに戻って来て、もっといい結果を出したいと思います。」

レオン・ハスラム選手

「鈴鹿8耐は、いつ来ても楽しい。今年のチームは本当に素晴らしかったですチームメイトのジョニーもアレックスも、ひとりひとりの努力は素晴らしいものでした。自分たちがやってきたことを最大限に発揮できたと思いますし、誇りをもって家に帰れます。もちろん、勝ちたかったし、そのために改善したい部分もいくつかあります。でもこの8時間、全員が最大限の力を出し切った。雰囲気もいいし、チームも素晴らしかったから、みんなに心より感謝します。鈴鹿8耐で再び表彰台に立てたことをうれしく思います。」

【Kawasaki Plaza Racing Team】

岩戸 亮介選手

「今回このKawasaki Plaza Racing Teamでは、SSTクラスというより市販車に近いレギュレーションの中、Ninja ZX-10Rで8時間走り切りました。今回この素晴らしいチームメイトと戦え、そしてクラス優勝という素晴らしい結果を残せたことを大変うれしく思いますし、応援いただいたファンの皆様、カワサキプラザの皆様、支えていただいた関係者すべての方に感謝しております。鈴鹿8耐が終わっても全日本ロードレース選手権で皆様に活躍を見ていただけるよう頑張りますので、これからもKawasaki Plaza Racing Teamを応援してください。」

岡谷 雄太選手

「1000㏄というこれまで経験がないマシンで岩戸選手や清末選手をはじめチームの全員が支えてくれました。そして予選では岩戸選手がとんでもないタイムを出しくれて、僕も調子よく進めることができました。決勝でも全力でチームを支えることができ、クラス優勝という最高の結果を手にすることができたことがとても嬉しいです。鈴鹿8耐でのチーム編成は、短い期間ではありましたがこのファミリーのようなチームで作戦通り勝つことができ本当に良かったです。この後、僕もワールドスーパースポーツ300後半戦を頑張りますし、もちろんこのKawasaki Plaza Racing Teamの応援もよろしくお願いいたします。」

清末 尚樹選手

「皆さん熱い応援を本当にありがとうございました。まずは、この最高の結果をとても嬉しく思っています。岩戸選手がチームを引っ張ってくれて、世界選手権ライダーの岡谷選手の適応力の凄さを間近に見せてもらい、この素晴らしいチームメイトと過ごしたレース期間はとてもいいものになりました。これからも頑張りますので引き続き応援よろしくお願いいたします。」

8耐開催記念キャンペーン

カワサキモータースジャパンでは、2022FIM世界耐久選手権”コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレースの開催を記念して、期間中「Ninja ZX-25R」をご購入いただいた方の中から抽選で計15名様に「Ninja Team Green Cupオフィシャルレーシングスーツ」もしくは「Ninja Team Green Cupオフィシャルレーシングスーツ購入サポートクーポン5万円分」が当たるキャンペーンを実施します。

詳しくは、キャンペーンサイトよりご確認ください。
https://www.kawasaki-motors.com/mc/campaign/2022_8hthanks/

会社概要

会社名:株式会社カワサキモータースジャパン
所在地:〒673-8666 兵庫県明石市川崎町1番1号
代表取締役社長:桐野 英子
設立:昭和28年12月15日

カワサキモータースジャパン公式ウェブサイト
URL:https://www.kawasaki-motors.com/

リリース提供元:株式会社カワサキモータースジャパン

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次