MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

ホンダ・クロスカブ×SHADリアボックスでアウトドア対応力がさらにアップ!!

  • URLをコピーしました!

【brand pickup】

目次

クロスカブはリアキャリア装備だが…より安全に荷物を収納したい!

世界一売れている二輪車として長年トップに君臨し続ける名作バイクが、ホンダのスーパーカブ。そのスーパーカブをベースにアクティブなイメージの外装を採用し、タウンユースからアウトドアまで幅広く対応できるのが、ホンダのクロスカブ50/110だ。50ccモデルは2018年に登場して以来、仕様は変わっていないが、110ccモデルは2022年にモデルチェンジしてエンジンのロングストローク化、前後キャストホイール&フロントディスクブレーキ採用など、さらなる進化でその人気に拍車がかかっている。

ただ、スーパーカブをベースにしているだけに、スクーターのようなメットインスペースは存在せず、代わりにヘルメットホルダーは装備されているが少々使いにくい。また、リアキャリアは荷掛ストラップなどを駆使して荷物を固定する必要があり、仮にヘルメットを荷掛ストラップで固定できたとしても、防犯という意味では不安が残る。

そこでオススメしたいのが、スペイン・バルセロナを拠点としてワールドワイドにバイクパーツを展開する、NAD(ナッド)社のバイク用リアボックスブランド・SHAD(シャッド)の樹脂製トップケースだ。現在は容量や用途に合わせて全15種類のトップケースがラインナップされており、スタイリッシュかつ使いやすいボックスを好みに応じて選ぶことができる。

専用フィッティングキットでいろんなトップケースを使い回せる!

SHADのトップケース『SHシリーズ』をクロスカブで使用するには、クロスカブ専用に設計されたフィッティングキットを装着する必要がある。ただ、このフィッティングキットさえあればSHシリーズだけでなく、アルミボディ製でより頑丈に造られた『TERRAシリーズ』も、すべてのトップケースをワンタッチで装着することができるのだ。

写真はリアキャリアに専用フィッティングキットとともにベースプレートを装着し、SH34を搭載した例。トップケースが大きく後ろ側にせり出すことなく全長内に収まっているので、後付け感が少なく車体とマッチしている。また、トップケースを外した状態でもベースプレート単体での存在感は薄く、クロスカブのアクティブなイメージをスポイルすることないフォルムを保っている。

クロスカブで使いたいSHADトップケース3選!!

SH26

数あるトップケースの中でも、クロスカブユーザーに特にオススメしたいモデルは3種。まずはもっともベーシックな最小モデルのSH26で、コンパクトなデザインながらもフルフェイスヘルメットを収納するのに十分な容量を確保。しかもキーレスで開閉ができるので、インキーのようなトラブルとも無縁なのがうれしい。

SH40カーゴ

そして、40Lというちょうど良いサイズ感のSH40の上面にカーゴ装備を施したSH40“カーゴ”は、アウトドア志向のライダーに使ってほしい逸品。フルフェイスヘルメット1個&ジェットヘルメット1個が収納できる内容量に加え、カーゴ部分にはテント用インナーマットや折りたたみチェアなどの長尺物を積むことが可能で、荷掛ロープのフックを固定するホールも用意されている。

TR48

さらに、高剛性のアルミニウム合金製ボディを採用した『TERRAシリーズ』のTR48ならば、よりヘビーデューティな使い方もOK。ガッツリ本格的にアウトドアアクティビティを楽しみたい、メタリックなルックスで大人っぽくクールに決めたいというライダーにオススメだ。なお、フルフェイスヘルメットはもちろんだが、オフロードヘルメットのような大きいサイズのヘルメットまで単体で収納可能となっている。

SHADでクロスカブライフがさらに楽しく、さらに便利になる!

冒頭でも述べたように、世界一売れているスーパーカブから派生したクロスカブ。ルックスを追求したことにより、オリジナルのスーパーカブより利便性が若干薄れてしまった印象は否めないが、SHADのトップケースを装着すれば通勤通学やお買い物などのタウンユースはもちろん、イメージだけでなく実際のアウトドアでの有用性も大幅にアップできるはずだ。ぜひともお気に入りのSHADトップケースとともに、いろんなフィールドを走り回ってほしい!

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次