MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

CT125ハンターカブをアウトドアギア化!SHADのアルミトップケースに注目

  • URLをコピーしました!

【brand pickup】

目次

CT125×アルミケースでアドベンチャースタイルに

2020年6月の新発売以来、大量のバックオーダーを抱えるほどの大ヒットを記録しているのがホンダのCT125・ハンターカブ。かつて人気を博したCT110・ハンターカブを、現代的な技術も取り入れつつよみがえらせた、自動遠心クラッチ付きの123cc空冷単気筒レジャーモデルだ。最大の特徴は、アウトドアテイストいっぱいのルックスと装備。シティコミューターとしてだけではなく、流行のキャンプツーリングなど、アクティブかつ自由な旅の相棒としても注目されている。

そんなCT125・ハンターカブの機動力を高め、元々優秀な積載力をさらに高めるなら、トップケースの装着がオススメ。中でも、バイクパーツを開発するNAD(ナッド)社の自社ブランドとして1992年に誕生し、今やケース類やツーリング用品の世界的なブランドとなったSHAD(シャッド)のアルミケースシリーズとなる「TERRA(テラ)」のトップケースは、堅牢な設計と優れた機能性、簡単な装着手順で、ハンターカブオーナーの満足度を高めてくれる。

CT125・ハンターカブには、横幅409mm×前後477mmの大型リアキャリヤが標準装備されている。こちらを使用し、専用のフィッティングキットを介してベースプレートを装着するだけなので、DIYでもケースの装着は可能。パーツを揃えたらすぐにでも、CT125・ハンターカブの利便性を向上できる!

2ステップでベースプレートを車体に装着

SHAD製アルミトップケースは、専用の別売ベースプレート(樹脂製とアルミ製があり、今回は樹脂製を使用)で車体に装着する。SHADの輸入元であるカスタムジャパンは、車両カスタムパーツ全般を手がけるオリジナルブランドの「Optimum(オプティマム)」で、「SHAD専用スペシャルフィッティングキット CT125ハンターカブ(20-22)」を開発。これを使用することで、CT125のリアキャリアを取り外すことなく、別売ベースプレートを簡単に装着可能だ。

フィッティングキットおよびベースプレートの装着は非常に簡単で、まずはCT125のリアキャリアに、ボルト2本でフィッティングキットを固定。その後、ネジ4本を外してベースプレートのカバーを取り外し、フィッティングキットに付属する4本のボルトでフィッティングキットとベースプレートを締結し、最後にベースプレートのカバーを取り付ける。工具の扱いに慣れていて全体の作業工程が理解できた人なら、10~15分もあれば作業できてしまうだろう。

アルミケースの着脱もかなり簡単!

TERRAのアルミトップケースは、車体前方側となるケース底面の爪をベースプレートに引っかけ、同じく底面にある後部の爪をロックして装着する。後部の爪は可動式で、ケースのフタを開閉する際と同じキーシリンダーで解錠して、ケース本体とデザインが一体化されたレバーを押し下げることで動かせる。

走行中の脱落を抑止するため、後部の爪を固定するときにはやや力強くケースを押し込んであげる必要があるが、操作感はしっかりしていて、非常に安心感がある。もちろん、車体装着状態でレバーを施錠できるため、ケース丸ごと盗まれてしまうなんて心配も無用だ。ケースの着脱は非常に簡単なので、泊まる宿の部屋に丸ごと持ち込んだり、キャンプ場でケースを取り外してテーブル代わりにしたり、自宅で保管するのもスムーズにできるのがうれしい。

CT125・ハンターカブにはアルミケースが似合う!

SHADでは、多彩なサイズの樹脂製トップケースも展開。こちらはベースプレートが同梱されており、カスタムジャパンのスペシャルフィッティングキットを使用すれば、CT125・ハンターカブにも装着できる。とはいえ、CT125はアウトドアテイストやアドベンチャーイメージがいっぱいのレジャーモデル。TERRAのアルミトップケースがもたらす、ワイルドでタフな雰囲気との親和性は非常に高い。

ちなみに今回は、TR37/48/55と容量によって3タイプあるTERRAアルミトップケースのうち、TR48(カラーリングは各サイズともアルミ以外にブラックもあり)をチョイス。車格とのマッチングは、写真のようにかなりいい。このTR48にはフルフェイスヘルメットも収納可能。シュラフや折りたたみ式の焚き火台やクッカーや着替えなどを収納しても、まだ余裕がある。またTR37/48/55とも、フタの外側にはコードロープやツーリングネットなどをかけられるループを4個装備。これを利用することで、タープポールやマットなどのケース内に収まらない長尺物も積載可能だ。

CT125・ハンターカブは元々積載性に優れるが、堅牢で質感の高いSHADのTERRAアルミトップケースを装着することで、パッキングはとても楽になるし、ルックスにもアドベンチャーのイメージをプラスできる。TERRAを活用して、CT125・ハンターカブをよりアクティブに使い倒したい!

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次