MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

“真冬の北海道”でも寒さ知らず! 究極の耐極寒仕様ジャケット!

  • URLをコピーしました!

【brand pickup】

冬にバイクに乗るのは辛い!なぜなら寒いから。そこで多くのライダーは寒さを防ぐための対策をいろいろと行うのだが、その対策の一つが防寒ウェアの着用だ。今時の防寒ウェアは様々な素材や技術が盛り込まれており、その暖かさは感動を覚えるほどのレベルに達している。そんな防寒ウェアの中でも最強とも言える究極のジャケットがラフ&ロードからリリースされた。一体何が最強なのか。ここで紹介していこう。

目次

“冬の宗谷岬 年越しツーリング”での使用を見越した最強仕様

一部のライダーの間で冬の恒例行事として行われている「宗谷岬 年越しツーリング」。冬の北海道をバイクで縦断し、12月31日~1月1日の年越しを最北端の宗谷岬で過ごすという過酷なツーリングだ。ただでさえ寒い冬に-20℃を下回る北海道を走るには、当然ながら普通の防寒ウェアでは話にならない。吹雪の中での走行でも耐えられる圧倒的な防寒性能が求められる。また雪道での万一の転倒などでも破損しない高い耐久性も必要だ。

そんな過酷な状況でライダーの要望に応えるべく登場したのが、ライディングウェアのスペシャリストであるラフ&ロードがリリースした「RR7693 WSプリマロフト®ポーラージャケットFP」だ。
このジャケットは、実際に宗谷岬ツーリングに行ったことのあるライダーの声がしっかりとフィードバックされており、究極の耐極寒仕様となっている。電熱などはあえて採用せず、素材そのもので防寒できるレイヤード仕様となっているのが特徴で、冬山の山岳用ジャケット同等のスペックを実現している。
ではその内容はどんなものなのか。詳しく解説していこう。

宗谷岬を目指す道のりは過酷そのもの。
宗谷岬では多くのライダーがテントで年越しをする。

ROUGH&ROAD RR7693 WSプリマロフト®ポーラージャケットFP

RR7693 WSプリマロフト®ポーラージャケットFPは、脱着可能なファー付きフードとアウターネックウォーマーが、襟首周りから寒風の侵入を許さず、裾からの侵入はストームガードでシャットアウトし体熱を逃さないのが特徴のロングツーリングジャケット。

プリマロフト®とは、羽毛に代わる画期的な超微細マイクロファイバー素材で羽毛のように軽くて暖かい保温性と柔軟性を発揮するだけではなく、羽毛にはない撥水性を備えており水にも強い機能性(メンテナンス性・断熱性・防寒テクノロジー)と、過酷な環境でも使える高い実用性を備えた先進の人工羽毛のこと。

このプリマロフト®を採用するとともに、インナージャケットの裏地はチタンをスパッタリング加工し、体熱を効果的に反射し高効率で身体を保温。さらに、中綿には超軽量・イージーメンテナンス性を兼ね備えた最高クラスの保温力を誇るPrimaLoft®Gold Insulation Eco(プリマロフト®・ゴールド・インサレーション・エコ)を採用し究極の防寒性を実現している。

最高の機能と最高の素材を惜しみなく投入した究極(ポーラー)ジャケットは冬でしか味わえない景色を求めるライダーをサポート。防寒・防水・防風・保温することを高次元で両立させたスペシャルウインタージャケットなのだ。

新色のヘリンボーンブラック
ポケットの右隅に配置された「宗谷」のロゴが最強仕様の証だ。

最強仕様ならではの充実した防寒&便利機能を装備している

プリマロフト®チタンインナージャケットは、ファスナーにて脱着が可能。インナージャケットのみでも着用できる。

取り外し可能なアウターネックウォーマーが風や雪の侵入を防ぐ。

裾からの侵入はストームガードでシャットアウトし体熱を逃さない。

フードは脱着可能な上、フードホールドフラップで固定することもできる。
ジャケット内にこもった熱を排出するベンチレーションを装備。
羽毛にはない撥水性を備えており水にも強い。
サイドベンツを装備し、ファスナーを開けることで裾サイズを広くできる。
グローブを外した手を温められる「ハンドウォーマー」を備えている。

ポケットを様々な場所に設置し、高い収納力を実現している。

右後ポケットにはドリンクホルダーを装備している。
左袖にはコインの収納に便利なポケットを備える。(コインホルダーは別売)。

プロテクター類もフル装備。胸・肩・肘・脊椎パッドが標準装備される。

ヘリンボーンブラック
ヘリンボーンチャコール
ヘリンボーンサンド

カラーは全部で3色を設定している。

<SPEC>
●品番: RR7693
●品名: WSプリマロフト®ポーラージャケットFP
●価格: ¥42,800(税別)
●COLOR: ヘリンボーンブラック、ヘリンボーンチャコール、ヘリンボーンサンド
●SIZE: S、M、L、LL、XL、BL (Sサイズはヘリンボーンブラックのみ)
●MATERIAL: 表地/ポリエステルヘリンボーン、フェイクファー、防風ストレッチ素材
裏地/ウォーターシールドEX
インナー/エンボスタフタ、チタン起毛トリコット 中綿/プリマロフト®
●PROTECTOR: 胸・肩・肘・脊椎パッド 標準装備
●INNER: プリマロフト®インナージャケット 標準装備
●OPTION: RR6097 コインホルダー

防寒パンツ&防寒グローブとの組み合わせで超最強仕様が完成!

RR7693 WSプリマロフト®ポーラージャケットFPに加え、ラフ&ロードがラインナップするプリマロフト®パンツ&プリマロフト®グローブを組み合わせれば真冬の最強仕様が完成する。
撮影時は10月にも関わらず気温29℃の状況であったので、ものの数分で汗が噴き出すほどの暖かさを実感することができた。また、見た目のゴツさから想像できないほど重さを感じず、着心地も良好なので長距離ツーリングでも快適さを維持できるだろう。

RR7693 WSプリマロフト®ポーラージャケットFP/RR7719LF WSプリマロフト ポーラーカーゴパンツLF/RR8656 プリマロフト®プロテクトウインターグローブの組み合わせ

RR7719LF WSプリマロフト ポーラーカーゴパンツLF

裏地にはチタンスパッタリング加工とプリマロフト®中綿で究極の暖かさを実現している。
裾にはストームガードを備え、寒気の侵入を防いでくれる。

厳冬の季節、防寒性能を極めることにフォーカスしたスペシャルウォームオーバーパンツ。 腰は脱着可能なウエストゲーターを備え腰回りの体熱を逃さず、外からの寒風の侵入をシャットアウト、裾にもストームガードを備え寒気の侵入を許しません。裏地は足を通しやすい素材で、脱ぎ履きがスムーズに行える。
裏地にはチタンをスパッタリング加工を施したトリコットが体熱を効果的に反射し高効率で下半身を保温。さらに、中綿には超軽量・イージーメンテナンス性を兼ね備えた最高クラスの保温力を誇るPrimaLoft®Gold Insulation Ecoを採用し究極の防寒性を誇る。さらに膝と腰にプロテクションパッドを標準装備、また9ポケットのカーゴスタイルで安心便利にも抜かりなし。防寒・防水・防風・保温することを高次元で両立させたスペシャルウインターオーバーパンツだ。

<SPEC>
●品番: RR7719LF
●品名: WSプリマロフト®ポーラーカーゴパンツLF
●価格: ¥29,800(税別)
●COLOR: ブラック
●SIZE(inch): SW(26-32)、MW(30-36)、LW(34-40)、MW-short(30-36、股下70-76cm)、LW-short(34-40、股下73-79cm)
●MATERIAL:表地/ナイロンタッサー、600Dバリアクロス 裏地/トリコット チタンスパッタリング加工、ナイロンタフタ 中綿/プリマロフト®
●PROTECTOR: ニーシンガード標準装備
●OPTION: RR10097 ウエストサイドパッド

RR8656 プリマロフト®プロテクトウインターグローブ 

甲側には高い防風性を持つウインドガード生地を採用することで、冷たい外気をシャットアウト。動きやすいフローティングナックルパッドと各指のレザーフィンガーカバーは、プロテクション性と同時に防風性を高次元で両立。さらに手首内側にはフェイクボア、グローブ内部には、高機能中綿の最高峰素材、プリマロフト®を採用。軽く撥水性の高い中綿で極寒の中でのライディングを快適にする。
また人差し指と親指の指先はスマホ対応で内縫い、それ以外はデットエアーを溜めやすい外縫いとし、手のひら側は耐久性、プロテクション性の高い牛革を使用。冬でも積極的に走るヘビーツアラーに最適な、高性能マルチパーパスウインターグローブとなっている。

<SPEC>
●品番: RR8656
●品名: プリマロフト®プロテクトウインターグローブ
●価格: ¥8,100(税別)
●COLOR: ブラック、グレーカモ、レッド
●SIZE: M、L、LL、XL
●MATERIAL:
 甲側/牛革、ウインドガードファブリック、反射素材、ナックルパッド
 中綿/プリマロフト 掌側/牛革、スマートタッチレザー
 インナー/HIPORA®グローブインサート 裏地/フェイクボア
●FUNCTION: 両手人差し指・親指タッチパネル対応

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次