MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【北海道】しほろ牛にジャガイモ!士幌の味覚を堪能「道の駅 ピア21しほろ」【バイクツーリング道の駅探訪】

  • URLをコピーしました!
目次

道の駅の特徴

道の駅のある士幌町は北海道の十勝地方の北部に位置し、町の中央部には音更川が流れ、大雪山系の東ヌプカウシヌプリや東部に丘陵地帯をもつ、自然に恵まれた場所にある。町の総面積の半分以上が農用地という農業のまちで、広大な畑ではジャガイモや小麦などさまざまな農作物が栽培され、酪農や畜産も盛ん。「東洋一」といわれる馬鈴薯のコンビナートを有し「ジャガイモの町」とも呼ばれている。

道の駅は帯広市と弟子屈町を結ぶR241とR274の交差点に位置。周辺には畑が広がり、後方にはまっすぐに並んだ防風林、遠くに大雪山系の山々がそびえる場所。農村地帯や牛車などでよく見られるマンサード型屋根の建物で、天井が高く、木のぬくもりのある店内には、士幌の「食」があふれている。

売店には、特産品のジャガイモやしほろ牛の加工品をはじめ、さまざまな商品が並ぶ。生産者への還元を目的として作られた「生産者還元用ポテトチップス」は道の駅名物で、士幌町近隣でのみ販売する限定商品だ。しほろ牛は、スライス肉のほか、ローストビーフ、ソーセージ、コンビーフなど多彩な加工品を販売。バイクでも持ち運びやすいビーフジャーキーはお土産向き。

農産物コーナーは小さめながらも、地元の新鮮野菜を手書きのポップを活用し、おしゃれに陳列。ほかにも士幌町で栽培されるシーベリーを使った商品や乳製品を購入できる。

食堂では一頭買いしたしほろ牛のメニュー、カフェでは「しほろスタイルのフライドポテト」やしほろ牛のハンバーガーを味わうことができる。ソフトクリームやテイクアウトメニューも充実し、士幌のおいしい食を満喫できる。

道の駅は帯広市街から約35分とアクセスは良好。少し走ればナイタイ高原牧場や然別湖、糠平湖や道内最高所の三国峠までも遠くはない。周辺に士幌高原ヌプカの里や上士幌町航空公園キャンプ場、温泉もあるので、士幌町を拠点にじっくりとツーリングを楽しむこともできる。ご当地の買い物も食事も楽しめる道の駅は、ツーリングの立ち寄りに最適のスポットだ。

施設紹介

ATM
障害者トイレ
Wi-Fi
レストラン
軽食&喫茶
ショップ
インフォメーション
足湯
入浴施設
キャンプ場
宿泊施設
公園
ガソリンスタンド
EV充電施設

士幌の特産品が集まる「PIA 21 SHOP」、食事は「にじいろ食堂」、「CAFE KANICHI 寛一」の2店舗で。軽食やソフトクリームを販売するテイクアウトコーナーも備える。

名物&名産品

◆じゃがいも大福

道産もち米を使ったモチモチとした皮の中には、地元産の「北海黄金」という品種のジャガイモあんが入っている。ほくほくとしたジャガイモの食感と隠し味のバターが絶妙の味。2017年の発売以降、販売個数10万個を超える人気商品。

◆しほろ牛剣先ステーキ
本物の剣先スコップを鉄板の代わりに使ったユニークな一皿。しほろ牛は、脂肪が少なく、ジューシーで柔らかい赤身が特徴で、肉質・脂質のバランスがいい。ステーキではしほろ牛の旨みを堪能できる。食堂では、しほろ牛剣先ハンバーグも提供している。

◆しほろ牛100%ハンバーガー

しほろ牛100%の粗挽きのパティはジューシーな仕上がり。パティと一緒にポテトサラダも挟まれていてボリュームも満点!地元企業と共同開発をしたという究極のフライドポテトが絶品なので、セットがおすすめ。ポテトとドリンクがついて980円とコスパも抜群。

道の駅周辺のおすすめスポット

◆士幌高原ヌプカの里
標高600mの士幌高原にあるアウトドアリゾート。眼下に十勝平野を見渡せる絶好のロケーション。夜には満天の星空や、日の出を楽しむこともできる。フリーテントサイトは約50張りほどの広さがあり、炊事棟、水洗トイレを完備。1泊500円。


◆しほろ温泉プラザ緑風
道の駅「しほろ温泉」に併設する日帰り温泉施設。北海道遺産に認定されたモール泉を源泉掛け流しで楽しめる。世界でも珍しい純植物性のモール泉は茶褐色でやわらかいお湯。湯上がりには肌はスベスベしっとりとする。外には足湯も設置されている。

【道の駅の詳細】
ぴあ21しほろ
住所 北海道河東郡士幌町字士幌西2線134番地1
営業時間 9:00~18:00(4~10月) 9:00~17:00(11~3月)
 にじいろ食堂 11:00~15:00
 CAFÉ寛一9:00~18:00(4~10月) 9:00~17:00(11~3月)  
定休日 12/31~1/4 ※臨時休館あり
駐車場 普通車148台 大型11台 障害者用3台
web https://pia21shihoro.jp/
Instagram https://www.instagram.com/pia21shihoro/                    Facebook https://www.facebook.com/pia21shihoro/

ルートや思い出を記録・共有できるアプリを使ってツーリングに出かけよう!

ツーリングでたまたま通りかかった絶景が広がる峠道、川原へ降りられる休憩スポット、ふらっと立ち寄った地元のラーメン屋。
その瞬間でしか体験できないもの、見られない景色、旬の味。
バイクでツーリングする理由は、この瞬間を楽しみたくて走っている。同じ道でも同じシチュエーションであることは二度とない。
そんな瞬間を切り取って残せ、しかも仲間とその思い出を共有できるツーリングログアプリが『Riders Square』だ!

特徴① 走ったツーリングルートに写真をリンクして残せる!

アプリの使い方は至ってシンプル。ツーリングへ出かける時、RidersSquareのアプリを起動し、スタートすれば準備はOK。あとはアプリが走行したルートや時間を記録してくれる。ツーリング途中に撮った写真の場所や情報は、アプリ内のボタンでカメラを起動して撮影するとコメント欄が表示される。撮影した時に残しておきたいコメントなどを記入するから忘れずに残しておけるというわけだ。
また、ナビアプリ等との併用も可能。道案内はナビに任せ、バックグラウンドで同アプリが動き続けツーリングのログや写真のポイントを記録していく。

特徴② ツーリングの思い出を仲間と共有

ツーリングの思い出は個人で楽しめるが、公開することで登録されているユーザーに共有することもできる。共有したいマイルートは公開してもいいし、自分だけにとどめたいルートは非公開にするといった具合にツーリングごとに設定可能だ。ログには距離、時間が記録されているので、よりリアルにツーリングプランを組めるのもポイント。
SNSでもあまり発信されないようなメジャーではない、ちょっとしたバイクでの散歩ルートなども公開されていることがあるので、新たなツーリングルートの発見にもつながる! 
通行止め、凍結情報などライダーにとって大事な情報もシェアできるから、行った先で走れずガッカリ……ということも少なくなる。

【バイク乗り必見道の駅】 一覧マップ

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次