MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

ウェット路面でも安定した走り&長寿命!通勤からツーリングまで安心のバイク用タイヤとは?

  • URLをコピーしました!

【brand pickup】

どんなにパワーやトルクを生み出す優れたエンジンやモーターであっても、最終的に路面へ力を伝えるのはタイヤだ。
それ故、バイクの性能の中でタイヤが占める割合は非常に高い

レースの世界を見てみると、タイヤ選びやタイヤの使い方がレースの勝敗を大きく左右するのは周知のとおり。
F1ではタイヤ開発に巨額の資金が必要なことからワンサプライヤーになっている。
開発費を抑えることと、より接戦となり面白いレース展開を狙ってのことだ。

MotoGPでも2023年シーズンから、ライダーが使用できるタイヤのコンパウンドを2種類として選択肢を縮小すると発表している。

レースの中で制限が設けられるということは、それほどまでにタイヤは重要なパーツということを意味している。

「レースの世界だからそこまでタイヤにシビアなんでしょ?」と思うかもしれない。

タイヤにとっては、むしろ一般道のほうがレースよりも環境は厳しい。
ドライ、ウェットの路面でタイヤを交換するレース車両に対し、公道を走る一般車両は1種類のタイヤで様々な環境に対応する必要がある。
しかもタイヤをある程度長期間使うからロングライフも求められる。
当然そのタイヤはユーザーが購入する価格帯で作らなければならない。

公道走行用タイヤの置かれている状況がいかにシビアか、というのがわかってもらえると思う。

そんな多くの要求を満たしバランス良く作られているのが、
今回紹介するTIMSUN(ティムソン)ストリートハイグリップシリーズだ。

目次

滑りやすい雨の日の路面。そこでもしっかり路面を捉える!

雨の中でのライディングの危険性

路面が滑りやすい雨天でのライディングは、多くの人が苦手とする状況だろう。
事実、JAFが発表している晴天時と雨天時での首都高速道路での事故の比較を見てみると、
雨天時の事故件数は晴天時の約5倍も発生しているそうだ。

出典:雨の日に増える事故
https://jaf.or.jp/common/kuruma-qa/category-natural/subcategory-heavy_rain/faq317

その雨天時の事故の中でも多数を占めるのがスリップ事故
スピードの出しすぎや、急な操作は非常に危険だ。
制動距離も雨天だと大幅に伸び、晴天時の約1.5倍もの距離が必要となるという。

だからこそ、タイヤにはウェットグリップに優れたものを選んでおく必要がある

雨の多い日本に合わせたタイヤ

ティムソンタイヤのプレミアムモデル「ストリートハイグリップ」シリーズは、ウェットグリップに力を入れている
これは晴天だけでなく雨天でもバイクに乗るライダーのことを考えているからだ。

ストリートハイグリップ」シリーズのコンパウンドには耐摩耗性と柔軟性に優れたポリブタジエンゴムを使用。さらにシリカを配合することでゴムの弾力性や強度を増し、低温でも柔軟性を確保しつつ熱ダレがしにくい特性となっている。加えてシリカの効果により復元力も高くなりタイヤの真円を保ちやすい。

これらの要素によって雨天の路面温度が低い状況でもしっかりとタイヤがグリップ。またタイヤの特性に合ったグルーブ(溝)により排水性を高め、ウェット路面で安定した走りを実現している。

ティムソンタイヤがバイアスにこだわっているわけ

タイヤのショルダー部の剛性が高く、路面状況が悪い場面でもキャンバースラスト効果を得やすいバイアスタイヤ。タイヤにしっかりと荷重を掛けタイヤを潰すことで接地面を増やしコーナリングフォースで曲がっていくラジアルタイヤと違い、バイアスタイヤは未舗装路から高速道路までの幅広い路面で、どんなライダーでも素直なハンドリングを享受できるのが魅力! 通勤からツーリングまで、多くのライダーの要望に答えることができるからだ。

スクーターからツアラーまで! 
幅広いラインナップのストリートハイグリップシリーズ

ティムソンタイヤではウェット路面でも安定した走りを楽しめロングライフの「ストリートハイグリップ」シリーズを、普段の通勤で使うスクーターから、ロングツーリングと楽しむアドベンチャーマシン、スポーツ走行を得意とするネイキッドやストリートスポーツバイクと、幅広い車種に向けてラインナップしている。タイヤ選びで迷ったら“ティムソンタイヤ”のストリートハイグリップシリーズを履いてみることをおすすめしたい。

10〜14インチのスクーターユーザーに最適
TS660

TS660

ストリートハイグリップシリーズの中でもスクーター専用として設計されたタイヤ。

通勤などの用途に最適な、しなやかな高品質コンパウンドとトレッドパターンを採用。
耐摩耗性を維持しつつグリップ力も向上し、雨でも安心して走れるハイエンド通勤専用タイヤとなっている。

シグナスX、アドレスV125、マジェスティ250などにおすすめ。

14〜17インチのスクーターユーザーに最適
TS692

TS692

快適な乗り心地と高いトータル性能でハイエンド通勤タイヤとして多くのユーザーから高い評価を得ているTS692。

雨でも安心のハイグリップと圧倒的なロングライフを両立しながら、特徴的なトレッドパターンとサイドのシボ加工を採用。安定した制動力を発揮する。

PCX、DIO110、トリシティーなどの原付二種スクーターにおすすめ。

スポーツ&ネイキッドマシンに最適
TS689、TS689F

ストリートハイグリップシリーズのフラグシップモデルであるTS689。
中大型車のパワフルなエンジンを搭載する車両でも安心して走れる高いグリップ力とハンドリング性能を発揮しながら、圧倒的な耐摩耗性でロングライフを実現している。

ウエット路面でもしっかりグリップするコンパウンドを採用したことで、雨の日も安心してライディングを楽しめる。

アドベンチャーモデルに最適
TS659A、TS659F

TS659Aはトレール車やアドベンチャー車などに最適なコンパウンド&トレッドパターンを採用したモデル。
オフロードテイストを残しつつオンロードでの安定した高いコントロール性能を実現している。
普段はオンロードをメインに走行しながら、たまに悪路なども走行するような使い方にマッチする。ロングツーリングに対応した高い耐摩耗性と雨天時のグリップ力の高さが特徴です。
Vストローム250などにおすすめ。

TS659Fはデュアルパーパス、旧車、一部のアメリカンタイプに最適なサイズをラインナップしたフロント専用タイヤだ。街乗り・ツーリングなどのシチュエーションを熟慮し直進性に優れ、良好なハンドリングを生み出すトレッドパターンを採用したほか、最新のコンパウンドにより雨天での高いグリップ性能と圧倒的なロングライフも実現している。

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次