MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

Z900RSはもっと楽しめる! ツーリング性能を高めてくれるSHADのトップケースで快適な旅を

  • URLをコピーしました!

【brand pickup】

丸型ヘッドライトに二眼メーター、ティアドロップタンクのスタイリングで、2018年の登場以降、大ヒットを記録しているのがカワサキのZ900RS/CAFEだ

Z900RS SE

50代以上のライダーはZ900RSの中にカワサキ初の空冷4気筒エンジンを搭載した名車「Z1」の姿を重ね合わせ、40代のライダーはその姿にゼファーの面影を見る。そして若いライダーはどこか新鮮なものとして、Z900RSのスタイルを捉えており、まさに老若男女の人気を集めている。

また、Z900RSが愛されている理由が、その乗り味にある。

Z900譲りの948cc水冷4気筒エンジンはどこまでもスムーズな吹け上がりで、低速から高速までフラットにパワーが出てくる。そのため、街乗りからツーリングまで走るシーンを選ばないのだ。

加えて、800mmに抑えられたシート高は初心者も親しみやすさを抱くだろう。

カウリングを持たないネイキッドバイクなので、高速を長距離走ったりするのは得意ではないものの、振動が少なく抜群の静粛性を持つエンジンと、よく動くサスペンションで、ロングツーリングも存分に楽しめてしまうのだ。

ツーリング時の荷物の積載スペースが限られるZ900RS

ただZ900RSでツーリングを楽しむとなると唯一気がかりなのが荷物の積載スペースだ。

ナイロン製の左右の振り分けバッグや、シートバッグは便利な一方で脱着に手間がかかることもある。

また、ツーリングでは良くても、都市部ではデザイン的にミスマッチなことが気になる人も少なくないだろう。

目次

車種別専用フィッティングキットでスマートかつ確実にSHADのケース装着が可能!

SHADの車種別専用トップマスターフィッティングキットは車体にSHADのケースを装着するためのパーツで、これを使うことで車体の最適な位置に確実にSHADのケースをマウントすることができる

汎用のステーや純正キャリアにケースをマウントする場合、ボルト位置が合わなかったり、位置が前すぎてケース装着状態でシートが外れづらくなったりというようなことが起こりがちだ。

しかし、専用のフィッティングキットならば、そういった位置的な不満や耐久性の心配も解消される

Z900RS用トップマスターフィッティングキット

トップマスターフィッティングキット Z900RS(18-22)/カフェ(20-22)

容量別!Z900RSでツーリングを楽しむためにおすすめのSHADのトップケース

フィッティングキットを装着することで、Z900RSには

SHADの「トップケース」と

同じくSHADのアルミケースブランド「TERRA(テラ)」のトップケースの装着が可能となる。

ここからは、そんなZ900RSに最適なトップケースを紹介したい。

フルフェイスヘルメット+αの収納量を確保!

SHAD SH26

樹脂製未塗装でコストパフォーマンスに優れた「SH26」は、ほとんどのメーカーのフルフェイスヘルメットの収納が可能。キーロックもできるし収納時に雨に濡れる心配もないので、出先でヘルメット収納スペースとして活用もできる。

参考希望小売価格本体サイズ容量耐荷重量品番
9,460円(税込)H282×W400×D405(mm)26L3kgSH26

SHAD SH34

高級感のあるカーボンパネルを採用した「SH34」は、SH26よりも少し大きめの容量で、ヘルメット+αの収納量を確保。街乗りから日帰りのツーリングには最適だ。

ツーリングの際はレインウェアや夜間の体温調節用のインナー、お土産などの収納に便利だ。

オプションのバックレストを装着することでタンデムライドも快適に!

参考希望小売価格本体サイズ容量耐荷重量品番
14,025円(税込)H310×W420×D430(㎜)34L3kg17838542

ジェットヘルメット2個の収納量を確保!タンデムツーリングにも最適なSHADのトップケース

SHAD SH39

無塗装ブラックでコストパフォーマンスに優れた「SH39」は、ほとんどのメーカーのジェットヘルメットを2個収納出来る容量を確保しており、1泊ツーリングからタンデムの日帰りツーリングに使用するには最適なサイズ感だ。

しっかりと容量を確保しながらも、流線形状のデザインが新鮮な印象を与える。

参考希望小売価格本体サイズ容量耐荷重量品番
22,550円(税込)H320×W510×D430(㎜)39L4kgSH39BK

SHAD TR37B

アルミケースというと、アドベンチャーバイクやビッグオフロードモデルの専用と思われるかもしれないが、ブラックカラーならばオンロードバイクとの相性も良い。

樹脂には無い高級感や頑強性はアルミケースならではの魅力である。

「TR37B」は世界三大デザイン賞として名高い2つの賞を受賞しており、エッジのとれたスクエアフォルムはヨーロッパデザインの洗練を感じさせるものだ。

一泊ツーリングからタンデムツーリングまでをカバーできるような容量37リットルを確保している。

参考希望小売価格本体サイズ容量耐荷重量品番
59,950円(税込)H418×W495×D259(㎜)37L10㎏26768762

ヘルメット2個+αの大容量!キャンプツーリングにも最適

SHAD SH40 CARGO

ジェットヘルメット2個、またはフルフェイスヘルメット1個+αを収納できる40リットルの容量を確保する「SH40 CARGO」。

最大の特徴は、本体の上部にキャリアを備えている点だ。トップケースの上に荷物積載スペースが生まれるので、ケース内に入らない長尺物や嵩張るものの積載に大変便利だ。特にキャンプツーリングには最適と言えるだろう。

また、オプションバックレストがあれば、タンデムツーリングも快適となるはずだ。

参考希望小売価格本体サイズ容量耐荷重量品番
27,500円(税込)H325×W492×D425(㎜)40L3kgSH40CG

SHAD SH44

44リットルの大容量サイズでほとんどのメーカーのフルフェイスヘルメットを2個収納できる「SH44」。ソロツーリングなら2~3泊の着替えや雨具、気温が下がった時に着られるアウターなどまで余裕で収納できる。

コンパクトなキャンプ道具ならば、トップケース内にほぼ収まってしまうので行き帰りのライディングの快適性をスポイルせずに、キャンプツーリングを楽しみたい人にぴったりだ。

また、タンデムで数泊のツーリングを楽しみたい場合や、仕事に必要な荷物を詰め込んでバイク移動したいという人にもおすすめのトップケースとなっている。

参考希望小売価格本体サイズ容量耐荷重量品番
26,202円(税込)H315×W550×D435(㎜)44L6kg27587515

SHAD SH58X

46リットルから最大58リットルまで、3段階に容量を可変できる「SH58X」。

荷物の少ないソロツーリング時はコンパクトに、タンデムツーリングやキャンプツーリングなどは最大サイズで、という使い分けができるのは大変便利だ!

最大サイズにすればフルフェイスヘルメット2個を余裕で収納できる大容量なので、サイドケースやタンクバッグなどいろいろなバッグを使わずとも、多くの荷物を携行することができる。

持ち運びに便利な格納式ハンドルを装備しているので、バイクから外した時も非常に便利で使い勝手良好だ。

参考希望小売価格本体サイズ容量耐荷重量品番
57,750円(税込)H270×W610×D480(㎜)46L/52L/58L10kg17319140

積載量のさらなる向上が可能!サイドケースSH23

SHAD SH23

トップケースに加えて、積載量をさらに増やしたい際はサイドケースがおすすめだ!

トップケースにプラスして左右のサイドケースを装着することで重量バランスも良くなるし、見た目もカッコよく決まるはずだ。

サイドケースのラインナップも豊富なSHADの中でもZ900RSにおすすめなのが「SH23」だ。

スリムなフォルムながら23リットルの容量を確保し、グローブや飲み物など小物類をしっかり収納できる。

参考希望小売価格本体サイズ容量耐荷重量品番
29,249円(税込)H345×W492×D265(mm)23L5kg(片側)13210847

Z900RSの楽しみ方が広がるトップケースはSHADがおすすめ!

街乗りや近場のツーリングを楽しむライトユーザーが多い印象のZ900RSだが、ボルトでしっかり車体に固定するトップマスターフィッティングキットを使用してトップケースを取り付ければ、脱落の心配もなく安心して荷物の積載ができ、遠出やキャンプツーリングなど行動範囲も一気に広がるはずだ

ぜひ、Z900RSオーナーはSHADのフィッティングキットとトップケースに注目いただきたい!

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次