MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

バイクライディング用バッグの種類と選び方〜ライダー装着編〜

  • URLをコピーしました!

バイク用のバッグはライディング用の機能満載。

目次

気軽に使えるライダーが身に付けるタイプのバッグ

最近のスポーツタイプの車体はデザインを優先しているためリヤシートが極端に絞られているモデルや、樹脂製のタンクカバーを採用していることで既存のツーリングバッグがなかなか装着しづらいことも多い。

そこでリュックや大型のウエストバッグなどを利用するライダーは多い。実際、ツーリングに訪れているライダーをウォッチングしていると、ショートツーリングなどではリュックやウエストバッグなどを利用しているライダーをよく見かける。

中には普段使い用のリュックやウエストバッグを利用しているライダーもいるが、耐久性や耐汚性を考えると、バイク専用に開発されたものをお勧めする。

ライディングウエアが一般的な衣服と違って耐久性や耐風性を強化された素材やデザインを採用していることと同様に、バイク用のバッグはハーネス(ベルト)部分が強化されていたり、風雨や紫外線、摩擦に強い素材が使用されているからだ。

それではライダーが身に着けるタイプのバイク用バック選びのポイントをお伝えしよう。

大きく分けて3タイプ

 ライダーが装着するツーリングバッグは大きく分けて3タイプ。

①バックパック(リュック)

気軽に背負えて容量も確保できるが

長距離ツーリングでは疲労の蓄積も大きい

背中に背負うバックパック(リュックサック)タイプ。一般のリュックサックに比べて風圧などに負けないよう耐久性の高い仕様になっている。

②ウエストバッグ(ヒップバッグ)

装着のしやすさは抜群だが

容量はあまり稼げない

ライダーのウエスト部分に装着するバッグ。大型の容量が大きいモデルはヒップバッグとも呼ばれる。



③ホルスターバッグ

スタイリッシュなデザインで

カッコよく小物を収納したいライダー向け

ライダーの太もも部分に装着するバッグ。乗車姿勢でも小物が取り出しやすく、バイカースタイルのライダーに人気。

以上3タイプはそれぞれ材質や容量、デザインも様々。ホルスターバッグなどはアメリカンやクラシックタイプのカテゴリーに合うようシックなレザー製もラインナップされている。
これらのバッグを店舗で購入する場合、鏡(大型店舗には試着室がある)で実際に装着している自分の姿をチェックしてみるのもおススメだ。

手軽に肩にかけるメッセンジャータイプ

街中では気軽に肩にかけるだけのメッセンジャータイプのバッグを愛用するライダーを見かけることがある。風圧によるバタつきで運転の邪魔になることもあるのでロングツーリングではあまり使用するライダーは多くないが、手軽に荷物を出し入れしたり、ちょっとバイクから離れて行動する時もそのまま持ち運びできるので使い勝手は抜群だ。

ハードシェルタイプも最近の流行

アウターに防水素材を使用するほか、内部に防水フイルムをインサートしたタイプも出回っているが、人気が高まっているのが外側にハードシェルを採用したタイプ。ハードシェル部分が防水なのはもちろん、型崩れすることが無くシルエットがキレイで、内部の収納物の保護効果も高い。

インスタグラムやYouTubeで使用しているシーンをチェック!

車体に装着するツーリングバッグと同様に、近くに販売店が無い、店舗に行く時間がないという理由で、ウェブで購入するライダーも多い。実際の質感や色、サイズ感は実物を見ないと分からないことも多いのでできるだけ実物を確認したい。また、ライダーがたくさん集まるスポットにも行く機会がない場合は、インスタグラムやYouTubeで使用しているシーンを確認したい。ウェブのカタログや商品写真では分からない、実際の使用感をみることもできる。

使い勝手だけでなく、しっかり固定できるかがポイント

リュックタイプは収納物が少ない場合、高速走行時に浮き上がったり、風圧でバタつくこともある。また、収納物が多く重い場合は操縦安定性の妨げとなるなどの影響が出ることもある。そこでチェックするのは、メインハーネス以外にサブベルトなどで体にしっかり固定できるかがポイント。収納物に関わらず、体にぴったりフィットさせていると、走行時のネガティブな印象は軽減される。

他メーカー製品も充実のラフ&ロード直営店

今回、バック選びのポイントをレクチャーしていただいたのはラフ&ロードのバック担当で、ツーリングアドバイザーの木本勉さん。
ご本人もツーリング大好きのライダーで、北海道ツーリングの写真はラフ&ロードの広告にも使用されている。

「十人十色のツーリングギア。」をキャッチフレーズにするラフ&ロードの直営店は、ライダーが今欲しいモノが手に入る、を実現するために同社製品だけでなく国内外の有名ブランドの品揃えも充実させている。迷ったら知識と経験豊富な同店のスタッフへ。

HP: https://rough-and-road.co.jp/

ラフ&ロード横浜店

住所:神奈川県横浜市港南区日野中央2-1

TEL:045-841-6255

営業時間:11:00~20:00 木曜日定休

ラフ&ロード川崎店

住所:神奈川県川崎市中原区木月4-4-25

TEL:044-434-4701

営業時間: 11:00~20:00 木曜日定休

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次