MENU
カテゴリー
モトメガネ バイク買取一括査定

公式SNS
モトメガネ楽天市場でバイク&キャンプ用品購入
オリジナルフリーペーパーが貰える!チェック!

スズキ 鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦するチーム体制を発表

スズキ株式会社は、2024年7月19日(金)から21日(日)に三重県鈴鹿サーキットで開催される「2024 FIM世界耐久選手権”コカ·コーラ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第45回大会」に参戦する「チームスズキCNチャレンジ」の参戦体制を発表した。

今回同社は、サステナブル燃料をはじめ、タイヤやオイルなどにサステナブルアイテムを採用し、実験的クラスとして設定される「エクスペリメンタルクラス」に同社内で選抜したメンバーを中心に構成したチーム体制で参戦する予定だ。ライダーは、エティエンヌ・マッソン選手濱原 颯道選手生形 秀之選手の3名となる。

目次

スズキ、鈴鹿8時間耐久ロードレースの参戦体制を発表

#0 エティエンヌ・マッソン選手
濱原 颯道選手
生形 秀之選手

スズキ株式会社は、7月19日(金)から21日(日)に三重県鈴鹿サーキットで開催される「2024 FIM世界耐久選手権”コカ·コーラ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第45回大会」に参戦する、「チームスズキCNチャレンジ」の参戦体制を発表しました。

今回スズキはサステナブル燃料をはじめ、タイヤやオイルなどにサステナブルアイテムを採用し、実験的クラスとして設定される「エクスペリメンタルクラス」にスズキ社内で選抜したメンバーを中心に構成されたチーム体制で参戦します。

ライダーは、現ヨシムラSERT Motulのライダーであり、4月18日から21日に行われたル・マン24時間耐久レースの優勝にも貢献したエティエンヌ・マッソン(Etienne Masson)選手、2017年に「SUZUKI ENDURANCE RACING TEAM」で鈴鹿8時間耐久ロードレースへの参戦経験がある濱原 颯道(はまはら そうどう)選手、長年「GSX-R」でのレース経験があり、自身のチームを率いて鈴鹿8時間耐久ロードレースへの参戦も行ってきた生形 秀之(おがた ひでゆき)選手の3名体制で参戦します。

スズキは、今回の参戦で得られる貴重なデータを検証することによって、より高い目標を見出し、今後の製品への技術フィードバックを推進していきます。

※40%バイオ由来のFIM(国際モーターサイクリズム連盟)公認サステナブル燃料

「チームスズキCNチャレンジ」チーム体制

参戦車両:GSX-R1000R ヨシムラSERT MOTUL EWC仕様をベースとしたCN
仕様ゼッケン:#0
参戦クラス:エクスペリメンタルクラス
ライダー:プロフィール

  • エティエンヌ・マッソン 選手 Etienne Masson(フランス)
    2020年 FIM世界耐久選手権チャンピオン、2023年 同2位
  • 濱原 颯道 選手 Sodo Hamahara(日本)
    2021年 MFJ SUPERBIKE JSB1000年間2位
  • 生形 秀之 選手 Hideyuki Ogata(日本)
    2022年 鈴鹿8時間耐久ロードレース4位

チームディレクター:佐原 伸一

リリース提供元:スズキ株式会社

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

カテゴリー

モトメガネ バイク買取一括査定

目次