MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

3年振り「第46回出光イーハトーブトライアル大会開催」 親子バイク教室も

  • URLをコピーしました!

出光興産株式会社が冠協賛する「第46回出光イーハトーブトライアル大会」が、8月27、28日に開催された。1977年から開催されている本大会は今年で46回目となり、3年ぶりの開催となった今回は、20代から70代のライダー295名が参加した。

目次

第46回出光イーハトーブトライアル大会を開催

~3年ぶりにライダーたちが腕前を披露~

出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木藤 俊一)が冠協賛する「第46回出光イーハトーブトライアル大会」が、8月27、28日に開催されました。
「イーハトーブトライアル※1大会」は、岩手県北部の北緯40度線に沿って、11市町村の雄大な自然の中で行われるツーリングトライアル※2大会です。1977年から開催されており、世界有数の参加者数を誇ります。3年ぶりの開催となった今回は、20代から70代のライダー295名が参加し、大自然を舞台にライディングの腕前を披露しました。
また、小学1年生から中学3年生の未経験者および初心者を対象とした「親子バイク教室」も開催され、41名の子どもたちが参加しました。

霧の中をスタート

本大会では、「本物のトライアルスピリットを次世代へ」をコンセプトに掲げ、「親子バイク教室」の開催や、初心者から上級者まで多くのライダーが参加しやすいようクラス設定を行うなど、ライダーの裾野を広げるための支援と次世代のトライアルライダーの育成に取り組んでいます。
アンバサダーを務める小玉 絵里加(こだま えりか)選手をはじめ国内で活躍するトップライダーも参加しており、自然と向き合うライディングにより参加者と観客に本物のトライアルスピリットを印象付けました。

なお、本大会のバイク走行により排出されるCO2は、今回も岩手県県有林の森林整備により発行される「岩手県県有林Jークレジット」を活用し、オフセットしています。

「親子バイク教室」の様子
参加者が集まり記念撮影


当社は、今後も本協賛を通じて、モータースポーツ文化の発展と次世代育成に貢献します。

本大会の模様は、9月14日(土)13:55~14:50 にテレビ岩手にて放映予定です。

※1 トライアル:スピードやタイムに関係なく、高低差や傾斜が複雑に設定された区間を、いかに足をつかず
にオートバイに乗ったまま通過できるかを採点し、点数を競うモータースポーツ。

※2 ツーリングトライアル:一般道や林道、けもの道など、主催者が設定したコースを走行しながら規定の
セクションを消化し移動する競技。

≪参加者コメント≫

アンバサダーの小玉絵里加選手

アンバサダー 小玉 絵里加 選手
今大会はアンバサダーとして選手の皆さんといっしょに各セクションを回り、デモンストレーションや親子バイク教室の運営サポートをさせていただきました。今年は初参加の方が多く新鮮さがあり、また懐かしい顔に出会え、ようやくイーハトーブトライアルが戻ってきたという嬉しい気持ちで走りました。当日は、雨や霧に見舞われましたが、晴れ間には澄んだ山々を見ることができ雄大な景色を楽しむことができました。
リピーターの多いイーハトーブトライアル大会ですが、ぜひ未経験の方にも、この体験をしてほしいです。

参加者
●ヒームカ クラス参加者 (出走前コメント)
熊本から4日かけて岩手入りし、いよいよイーハトーブトライアルの醍醐味を味わえるときがきた。2日間、日頃の練習の成果を出し切って、無事にゴールを目指したい。

●クラシック クラス参加者 (完走後コメント)
2日間で300㎞以上走りながら、険しいセクションに挑戦することはしんどかったけれど、林道を駆け抜ける爽快感は最高だった。無事にゴールにたどり着くことができた。来年もこの地で仲間たちとトライアルを楽しみたい。

(参考)
イーハトーブトライアル大会 公式ウェブサイト
http://www.ihatovetrial.jp/index.html

リリース提供元:出光興産株式会社

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次