MENU
モトメガネ バイク買取一括査定

カテゴリー
公式SNS
モトメガネ楽天市場でバイク&キャンプ用品購入
オリジナルフリーペーパーが貰える!チェック!

バッテリートラブルに備えるならコレ!充電から診断までできる多機能充電器が登場

愛車投稿募集中

株式会社はとやは、すべての12V鉛バッテリーに対応するスマートバッテリーチャージャー「大型カラー液晶パネル付き SC-1000」の予約販売を開始した。

バッテリーの充電、維持管理だけでなく、電装系の簡易診断や上がってしまったバッテリーの回復も1台でできる同製品は、最新AI技術により最適な充電モードを搭載した多機能充電器となっている。バイクやスクーターだけでなく自動車まで幅広く対応しているのも特徴だ。2023年8月までの先行予約限定で2,000円OFFの17,800円(税込)で購入可能となる。バッテリートラブルに備えて、この機会にチェックしてみてはいかがだろうか。

目次

「大型のカラー液晶パネル」を装備した新しいタイプの高機能バッテリー充電器 SC-1000の予約販売を開始しました。AI充電、診断、メンテナンス機能をこれ一台で。お届けは2023年8月を予定。

すべての12V鉛バッテリーに対応するスマートバッテリーチャージャー「大型カラー液晶パネル付き SC-1000」!自動車、バイク、スクーターなどのバッテリー充電に幅広く対応。

「バッテリーの維持管理&診断までを1台で完結させる多機能充電器を持つ意味」とは
ツーリングや出先でバッテリーが完全に上がってしまうと、そこから走ることができなくなることもあります。
また、バッテリー上がりの原因が車体側の問題にあることも考えられます。
だからこそ、バッテリーの充電、維持管理だけでなく、電装系の簡易診断もできてしまう「SC-1000」をひとつ持っておくと、バッテリートラブルに遭う心配が低減される可能性が非常に高くなります。

「大型カラー液晶パネル付き」最新AI技術により最適な充電モードを搭載した多機能充電器「SC-1000」

「SC-1000」の3つの機能
1,バッテリーの充電
2,バッテリーと車体電装の診断
3,上がったバッテリーの回復(レスキュー)

「SC-1000」は、乗らない期間にバッテリーコンディションを維持できる「フロート充電」や「急速充電」弱ったバッテリーを回復させる「メンテナンスモード」、電極の反応を妨げるサルフェーション除去を行う「パルス充電」など多彩な機能が特徴の最新充電器。
また、大型の液晶パネルに充電状況などの様々な情報を表示することができ、使いやすさに優れています。
さらに、電装系不調の簡易的な診断までできるのが、多機能バッテリー充電器「SC-1000」

すべての12V鉛バッテリーにも対応し、自動車、バイク、スクーター等幅広く対応いたします。

液晶画面に多彩な情報を表示
大型のカラー液晶パネルには様々な情報を表示することができます。
・バッテリー充電の進捗率(%)
・充電時間
・電圧
・電流
などの数値情報から豊富なメニューまでわかりやすく表示します。

9つの方式でバッテリーコンディションに合った最適な充電圧、充電流を自動でAI制御!
1.スロースタート(標準充電/スノーモード)
2.パルス充電
3.急速充電(定電流)

4.飽和充電(定電圧)

5.均等充電

6.診断モード

7.フロート充電モード

8.メンテナンスモード

9.サイクル充電モード

診断モード
 「SC-1000」を車体バッテリーに接続し、車体電装の状態を確認できる診断モードでは、電気テスターのような働きをします。

バッテリーの維持管理&診断までを1台で完結させる多機能充電器
ツーリング先や出先でバッテリーが完全に上がってしまうと、そこから走ることができなくなることもあります。また、バッテリー上がりの原因が車体側の問題にあることも考えられます。
だからこそ、バッテリーの充電、維持管理だけでなく、電装系の簡易診断もできてしまう「SC-1000」をひとつ持っておくと、バッテリートラブルに遭う心配が低減されるのは間違いないでしょう。

「大型カラー液晶パネル付き」多機能充電器SC-1000の詳細はコチラから
→ https://online.hatoya.co.jp/blogs/news/mashin_sc1000

「大型カラー液晶パネル付き」多機能充電器SC-1000のご予約はコチラから
→ https://online.hatoya.co.jp/products/mashin-sc1000

◆販売先
  HATOYA online:https://online.hatoya.co.jp/
  
  ◆会社情報
  https://hatoya.co.jp/company

リリース提供元:株式会社はとや

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

カテゴリー

モトメガネ バイク買取一括査定

目次