MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【KOOD】高精度アクスルシャフトのクードが新ブランド「WORKS SPEC」始動!【東京MCS】

  • URLをコピーしました!

バイクメーカーの開発や製品テストにおいて、アクスルシャフトに重点が置かれることは少ない。だからこそアクスルシャフトには走りを劇的に変える効果があるとして、素材から加工の精度にこだわったオリジナルのクロモリアクスルシャフトを制作することで一躍有名となったKOOD。今回のモーターサイクルショーでは新たに「WORKS SPEC」の文字が入ったブースで注目の新製品をリサーチしてきた。

目次

【KOOD(クード)】

素材の選択から製造まで『Made in JAPAN』にこだわった高品質・高性能なカスタムパーツメーカーのKOOD(クード)。製造するアクスルシャフトは材質を日本製のクロームモリブデン鋼に生材から熱処理を加え、ひずみをプレスで修正し、再度熱を加えた素材を使用。出来上がった素材から車種専用に削りだし、手間のかかるセンターレス研磨と3層ものメッキ加工を行うことで、高い精度を実現させることでさらに安全・正確なハンドリングやブレーキングに寄与し、理想のコーナリングや正確な制動をサポートするなどライディングスキルにまで繋がるほど。

【新ブランド「WORKS SPEC」に注目!】

KOOD中村さん

「WORKS SPEC」は、より高みを目指すライダーがトップライダーと同じパーツを使用しスキルアップしてゆく、そんなパーツブランドになりたいと願っております。

今年からKOODの新しいブランドとして登場した「WORKS SPEC」は日本で活躍されている津田拓也選手、秋吉耕佑選手の監修のもとに開発していくパーツとなるそうで、今回出展されたコーン付シャフトについてもレーシングライクな雰囲気がたまらない仕上がりとなっており、既にカラーバリエーションも準備しているとのことで、カスタマイズ性・パーツ性能共に今後の展開にも注目したいブランドとなっている。

【クロモリシャフトの製品展開にも目が離せない…!】

KOOD中村さん

あのモリワキエンジニアリング様が今年鉄馬にて参戦する車両にもアクスルシャフトが採用されました!

高い精度とその性能の高さから「走りが変わる」と多くの人気を集めるアクスルシャフトだが、新型の車両についても続々リリースしている。昨年ヒットしたGB350や新型Hayabusa、今年販売開始したばかりのYZF-R7についても既に製作しているというのだから驚きだ。Z900RSについてはキャリパーボルトやエンジンハンガーボルトに至るまで用意されており、KOODのシャフトやボルト類についても今後の製品展開に目が離せない。

【今年のモーターサイクルショーでの注目商品】

KOODブースではオリジナルのクロモリアクスルシャフトはもちろん、話題の逸品「WORKS SPEC」や各種シャフト類、ボルト類に参考出展となるハンドルバーやレバーガードなど、見応え充分。
そんな中でも、痒いところに手が届くあんなアイテムや探している人の多かったこんなアイテムまで、今年の東京モーターサイクルショーでの注目商品をピックアップしたので紹介していこう。

ありそうでなかったこのサイズが嬉しい!
「KOOD オリジナル ミニジャッキ」

タイヤ交換の時などにタイヤを装着する際、シャフトの挿入時に両サイドのカラーがズレてしまったりしてわずらわしい経験をお持ちの方には必見のアイテム。このミニジャッキを下にかませることでタイヤの支えが片手で済むので作業効率もUPするという、まさに痒いところに手が届くスグレモノだ。
価格 : 24,750円(税込)
材質 : ステンレス

憧れのワークススタイルへと手軽に変身!
「コーン付きフロントアクスルボルト」

アクスルボルトをKOODのクロモリアクスルボルト「WORKS SPEC」タイプに交換すると、走りを劇的に変える性能面の効果だけでなく、見た目にもレーサーさながらの雰囲気へと早変わりすることができる。また、交換作業もボルトを交換するだけなので、費用を含めてお手軽なアイテムとなっているというのもポイントだ。
・WS-F(フロントアクスルシャフト)
※受注生産モデル
価格 : 75,900円(税込)
・WS-R(リアアクスルシャフト)
※受注生産モデル
価格 : 88,550円(税込)

もうZ900RSのBIGディスクローターへの交換も安心!
「K-FCA-SP1 キャリパーボルト」

Z900RSのカスタムでBIGディスクローターへ交換する際の悩みが、「ローターに対応出来るキャリパーボルトが無い」ということ。そんな声を多く寄せられて作り出したこちらのボルトはノーマルのボルトより12mm長く製作しており、STDの300mmローターから320mmロータ-へ交換する際にはもってこいのボルトとなっている。また、キャリパーボルトは他車種についても数多くラインナップしており、ヘッド部分にはワイヤーリング穴の加工も施されているのでサーキット走行などにも最適だ。
・K-FCA-SP1 キャリパーボルト
価格 : 17,600円(税込)
材質 : クロモリ鋼

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次