MENU
カテゴリー
モトメガネ バイク買取一括査定

公式SNS
モトメガネ楽天市場でバイク&キャンプ用品購入
オリジナルフリーペーパーが貰える!チェック!

バイクブーム聡明期を駆け抜けた個性派!激烈チョロバイ伝説 ステージ3

愛車投稿募集中

チョロバイは1984年にチョロQのバイク版としてタカラ(現タカラトミー)から発売されました。デフォルメされたフォルムに精巧なディテールが施され、ライダーなら思わず大人買いしたくなる逸品です。今回紹介するモデルの実車は、いずれも1980年代前半に発売されました。この時代はバイクの過渡期。野暮ったく感じるメカやデザインもご愛敬です。魅惑の4台を紹介します。

目次

カワサキ・KR250


「ざんねんないきもの事典」という本をご存じでしょうか。ユーモラスで意外な生物を紹介し、次々と続編が出版されるベストセラーです。KR250も残念具合では負けていません。KR250は、1977年から1983年まで参戦していたWGP250のワークスレーサーKR250のレプリカです。パワーユニットは、レーサーと同じタンデムツインエンジンを搭載。さらに「R.R.I.S.(ロータリー&リードバルブインテークシステム)」という珍しいメカニズムを採用しています。ぶっちゃけよくわかりませんが、これによって二段構えのロケットスタートを可能にしています。

KR250のざんねんなところは、姿かたちをレプリカするのではなく、メカニズムのみをレプリカしていたこと。しかも販売当時、カワサキはレースから撤退していたため、もはやレーサーレプリカと呼べなくなっていたことも、ざんねん具合に拍車をかけました。1988年に発売された後継車の「KR-1」は、レーサーっぽいデザインになりましたが、相変わらずレースへの参戦ナシ。複雑なメカニズムから平凡なパラレルツインになり、さらに残念度増し増しになりました。

ホンダ・VF750F


VF750F(RC15)は、1982年のケルンショーでデビューしました。今ではツアラーのように感じるデザインですが、当時はバリバリのスポーツモデルでした。2輪世界初のバックトルクリミッター機構、クラス初の軽量ブーメラン型オールアルミコムスター16インチホイール、国内生産モデル初の角型断面パイプによるダブルクレードルフレーム、ホンダ独自のブレーキ・トルク応答型アンチダイブ機構とプロリンク式リアサスペンションなど、「よくわからないけどスゴイ」という技術が詰め込まれています。

パワーユニットは水冷4サイクルDOHC V型4気筒エンジンを搭載。挾み角を90度に設定し、一次振動を低減することでバランサーが不要となり、軽く、スリムでコンパクトな設計となりました。人気レーサー、フレディ・スペンサーなどがCB750F改からHRCが仕上げたVF750Fベースのレーサー「VF750R」に乗り換えてAMAレースに参戦するなど力を入れていました。日本では「限定解除」という免許制度の壁に阻まれて販売は苦戦。当時の年間販売計画は15,000台でしたが、達成できたかどうかは微妙なところです。

ヤマハ・XJ400ZS

ヤマハは1980年に400ccクラスを独占していたカワサキ・Z400FXの牙城を崩すべくスポーツバイク「XJ400」を発売しました。ヤマハ初の空冷4サイクルDOHC4気筒エンジンを搭載。最高出力は、クラス最大の45psを発揮しました。1983年に発売されたXJ400ZSは、XJ400の発展モデルです。エンジンを水冷化し、最高出力は一気に10psもアップして55psに到達。ライバルのホンダ・CBX400F(48ps)、カワサキGPz400(51ps)、スズキGSX400FW(50ps)と大きな差を付けました。

最大出力が高ければ人気が出るというわけはなく、テコ入れされたXJ400ZSも今一つ。なぜならば当時のバイクは日進月歩の進化を続け、XJ400ZS以上のレーシー&ハイスペックが求められていたのです。1984年にXJ400ZをベースとしたF3ワークスレーシングマシンFZRのレプリカとしてFZ400Rを発売。最大出力は59psに引き上げられました。その後もレプリカ熱は高まり、本格的なレーサーレプリカFZR400Rへと昇華しました。

カワサキ・GPz400F


カワサキ初の空冷エンジン400ccクラス・スポーツバイクとして人気を博した「Z400FX」や「Z400GP」の後継車です。流れるようなフェアリングで人気を博しました。当時は水冷化の波が押し寄せており、GPz400もモアパワーを狙って発売から9ヵ月後にマイナーチェンジしました。車名はGPz400Fに改められ、空冷2バルブエンジンながら、最高出力が3馬力アップ(54ps)しました。

1985年に水冷エンジンを搭載したGPZ400Rが発売され、役目を終えると思われていましたが、時代に逆行して併売決定。「最新式の水冷エンジンよりも空冷を乗りこなす方がカッコいい」と、あえてGPz400Fを選ぶライダーも存在しました。1987年にGPX400Rが発売された後も併売され、GPz400F・GPZ400R・GPX400Rの3台がカタログに並ぶ珍事が発生。同系のエンジン「ZX400AE」型がゼファーに採用された後もGPz400Fは併売され、1990年にようやく販売終了となりました。

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

カテゴリー

モトメガネ バイク買取一括査定

目次