MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【バイクおやじ目線】コスパ最強マシン?インド発の『CB200X』乗ってみた!

  • URLをコピーしました!

映画監督しながらモトブログやってます『ソエジマックス』です。

いや、モトブログやりながら映画作ってるのかな?なんだか自分の仕事があっちこっち行ったり来たりなので「何やってるんですか?」という質問に答えるのに窮することが増えております。

そんなバイクおやじが『HONDA CB200X』というインド発のクロスオーバーマシンに乗ってみました。

目次

インドホンダ開発・生産の輸入車

日本の4倍も人口のあるインドはバイク大国!ボリウッド映画もバイクも大好きな民族のようです。そのインドホンダで開発・生産されたマシン『CB200X』は2020年に発売されました。

心臓部には先行して発売されていたオンロードバイク『ホーネット2.0』と共通である空冷単気筒エンジンを搭載。海外では『500X』として販売され、日本では『400X』としてリリースされているアドベンチャーツアラーのデザインを継承。

SHOWA製の倒立フォーク、NISSIN製ブレーキキャリパーを装備して、どっちかというとインドよりも日本色が強く出ているバイクになっている印象です。

現地インドホンダではこれがフラッグシップマシンとして人気のようです。インドホンダは『GB350』も作りましたね。こっちはパーツを国内で組み立てホンダドリームで販売されてますが、残念ながら『CB200X』は国内販売なし…メーカー扱いのない輸入車扱いとなっております。

軽い車体と足つきの良さで好感触!

またがって最初に感じたのは「とにかく軽い!」ということでした。排気量は「184cc」と250ccクラスギリギリかな?というカテゴリですが、車格は150ccクラスに限りなく近い印象です。ボディサイズも大きすぎず小さすぎず、なんともちょうど良い感があり好印象です。

足つきも良好!またがって両足だと深いつま先立ち、片足だとベッタリ!身長170cmの昭和生まれの短足おっさんでも余裕があります。倒れそうになっても支えきれそうな感じですよ。

よく回る空冷シングルエンジン

エンジンは空冷4サイクル単気筒というシンプルな構成。よく回ってくれましたし、低回転でもトルクを粘り強く出してくれました。150ccクラスに近い感覚で乗れるバイクですが、例えば「SUZUKI ジクサー150」と比べてもエンジン出力で「+2.7Kw」トルクで「+2.2 N・m」の差があります。「プラス30cc」あるこの「184cc」エンジンで得られる余裕は大きいと感じました。

高速道路ではこの差は大きく「小さいわりとちゃんと走るな〜」と感じましたし、ちょっと遠くまで走ってもいいかな?という気持ちにもさせてくれました。もちろん大きなバイクとは比較にならないですが、200ccに満たないエンジンを搭載したバイクだと思えば十分な性能だと思います。

優秀な足回り!特にフロントサスが良い!

ビジュアル的にも目を引く『フロント倒立フォーク』は、このバイクに素晴らしいハンドリングを与えています。実は試乗して一番感心したのはこの足回りでした。

ギャップを吸収して柔軟にタイヤを路面に押し付ける・・・こんなグリップ感を出しつつコーナーをクリアしていく、実にいい足回り。車重の軽さも影響していると思いますが、本当にいいバランスだと感じました。

エンジン特性と5速ミッションの組み合わせもよく、ワインディングは『楽しい』の一言!これは想像以上の乗り味でした。田舎道での下道ツーリングには最適なマシンですね。燃費も優秀で、この日は「リッター40km」を越えていました。

コスパよし!サービス体制だけが心配・・・

価格は輸入販売しているSOXバイク館で『369,000円(税込)』!乗り出し40万円ちょっとというところでしょうか?この車格と足回りでと思えば「安い」と感じます。いや「安い」は言い過ぎか?むしろ「ちょうどいい」ですかね。

昨今のバイク価格が上昇しているので感覚的に麻痺しているところがありますが・・・しかし、高速乗れて、ちゃんと楽しく走れて、燃費も良くて、車格もそれなりというコスパ最高マシンと言えるでしょう。

心配なのは何かあった時のサービス体制です。輸入車扱いになるので、パーツ供給などがスムーズになされるのか?故障時の修理対応はしてくれるのか?というのがところ。この辺はメーカー対応ができない輸入車なので、いざ所有するとなると心配なところ〜。

販売している「SOXバイク館」ホームページでは「2年間保証」「部品ストック」と表記してありますし、海外で広く使われている空冷エンジンなので、滅多に走れなくなるような故障はないと思いますが・・・

動画はこちら

動画では細部チェックから、一般道から高速道路〜田舎道ワインディングまでを走行、半日ツーリングをしております。積載は小さめのシートバッグを使ってますが、リアボックスかパニアケースが欲しいところ。レンタルした車両はまだリアキャリアがあるだけマシだったかも?そしてやはりウインドスクリーンは大きい方が楽ですね・・・オプション品などが存在するのかな?

バイクユーザーを広げる車種?

今回『CB200X』に乗って、若い時にこういうバイクに乗りたかったと思いました。乗りやすくて楽しく走れて、車格もあってデザインもいい・・・何よりコスパがいいので所有するのに気持ちが楽です。

こういうバイクを国内メーカーがもっと販売してくれたらいいのになあ。250ccまでの車検がないクラスの選択肢が増えるとバイクユーザーの幅が広がると思いますし、年齢層も若返るのでは?と思いました〜。

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネch開設記念キャンペーン中

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次