MENU
カテゴリー
公式SNS
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

AMAスーパークロス14年連続全階級制覇 DUNLOPタイヤの高性能を証明

  • URLをコピーしました!

住友ゴム工業株式会社は、『2023 AMAスーパークロス』で、DUNLOP(ダンロップ)タイヤ装着ライダーが、全階級でシリーズチャンピオンを獲得し、14年連続全階級制覇となったことを発表した。これにより、トラクション・制動力・コーナリング力などの高い性能が求められるタイヤにおいて、DUNLOPタイヤの高い総合性能が証明されることとなった。今後も高性能タイヤを世界中のライダーに提案し、さまざまなライディングシーンを足元から支えていくとしている。

目次

DUNLOPタイヤ装着車両のライダーが『2023 AMAスーパークロス』の全階級でシリーズチャンピオンを獲得

住友ゴム工業(株)は、5月13日に米国・ソルトレイクシティで最終戦を迎えた全米選手権のひとつ『2023 AMAスーパークロス』で、DUNLOP(ダンロップ)ブランドのタイヤを供給するライダーが、全ての階級(「450SX」「250SX EAST」「250SX WEST」)でシリーズチャンピオンを獲得し、14年連続で全階級を制覇しました。 

450SXクラスでは、上位選手が怪我で戦線を離脱するなど波乱の展開となる中、全17戦中6戦を制し、コンスタントにポイントを獲得した「Team Honda HRC」のチェイス・セクストン選手が当該クラスで自身初のシリーズチャンピオンに輝きました。250SX EASTクラスでは7度の優勝を果たした「Team Honda HRC」のハンター・ローレンス選手が初のシリーズチャンピオンを獲得しました。250SX WESTクラスでは、ハンター・ローレンス選手の弟である「Team Honda HRC」のジェット・ローレンス選手が6度の優勝に加えて全戦で表彰台に登壇する、他を寄せ付けない圧倒的な走りでチャンピオンを獲得しました。

チェイス・セクストン選手
450SX レースの様子
ハンター・ローレンス選手
ジェット・ローレンス選手

AMAスーパークロスは全米選手権のひとつで、野球場などのスタジアムに土砂を搬入し造成したテクニカルなコースで争う、世界中にファンを持つオフロードレースです。ジャンプ・フープス・鋭いコーナーが連続するタイトなコースでの戦いにおいて、タイヤにはトラクション・制動力・コーナリング力など、高い性能が求められます。14年連続全階級制覇に加えて、DUNLOPライダーがシーズンを通して全階級で表彰台を独占したことで、DUNLOPタイヤの高い総合性能が証明されました。

当社は今後も高性能タイヤを世界中のライダーに提案し、さまざまなライディングシーンを足元から支えていきます。

リリース提供元:住友ゴム工業株式会社

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次