MENU
カテゴリー
モトメガネ バイク買取一括査定

公式SNS
モトメガネ楽天市場でバイク&キャンプ用品購入
オリジナルフリーペーパーが貰える!チェック!

ヤマハコミュニケーションプラザには楽しみがいっぱい! その①(現行モデル編)

メーカーの歴史を知ったり、何十年も前の貴重な製品を見られる場所。
それが企業ミュージアムです。

全国各地にはバイク輪メーカーだけでなく、四輪メーカー、パーツメーカーなど様々な企業ミュージアムがあり、いずれもライダーなら誰もが楽しめる施設です。
そのため、ツーリングの目的地にする人もいるくらいです。

今回紹介するのは静岡県磐田市のヤマハ本社にある「ヤマハコミュニケーションプラザ」
予約不要で、しかも無料で入場できる施設なので、近隣にツーリングに訪れた際はぜひ立ち寄ってみませんか?

引用:ヤマハ発動機公式サイト
目次

ヤマハミコミュニケーションプラザはこんなところ

歴代のバイクを中心に、さまざまなヤマハ製品が展示されている施設です。
バイクのほかに電動アシスト自転車、ボート、船外機、発電機、四輪、プール、産業用ロボットなど、ヤマハが手がけるさまざまなジャンルの工業製品を見て、触って(※)、学ぶことができるスポット。

注釈(※)のとおり触れられる車両は一部ですが、一般的に企業ミュージアムって「お触り」を一切禁止にしている場所が多いんです。
それらに比べるとヤマハミュージアムは車両シミュレーターやまたがりOKなバイクが多いので、五感をつかって目いっぱい楽しみたい人にオススメです。

また施設内には、何十年も前に綴られたヤマハの社報が読める資料館や、アニメ『ゆるキャン△』の特設スペース、公式グッズの物販コーナーもあります。
また物販コーナーでは、現地特価のディスカウント品が買えることも。

入館予約|不要
開館時間|9:00~17:00(第2・4土日は10:00~)
休館日 |第1・3・5土日、ほか
入館料 |無料
所在地 |静岡県磐田市新貝2500

コーナー・エリアごとに分けて車両を展示

施設は3階建てになっており、各階の展示や設備は次のとおり。

・1F:現行モデルとコンセプトモデルの展示(※)物販スペース ※一部絶版モデルあり
・2F:歴代の名車の展示
・3F:ヤマハ資料館とカフェスペース

この記事では、1Fに展示されている現行モデルとコンセプトモデルをご紹介します!

↓その他の展示車両はこちら↓

①現行モデル・コンセプトモデル

TMW(ティーエムダブリュー)※コンセプトモデル

YZF-R1 中須賀 克行(2023年 全日本ロードレース選手権 JSBチャンピオン)

XSR900GP(2024年夏以降発売予定)

※左はYZR500(1983年)

SR400ファイナルエディション(シリアルNo.0000)

※生産終了モデルですが1Fに展示

YZ450FM

YZF-R1(2016年)

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

カテゴリー

モトメガネ バイク買取一括査定

目次