MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【動画あり】まさに天空の道!絶景の「四国カルスト」をバイクツーリング

  • URLをコピーしました!

MotoMeganeをご覧の皆様、こんにちわ♪

その昔、四国は愛媛県民だった男、さすライダーです。

人生において「当時は当たり前だったものが、離れると貴重な存在だったことに気付く」ってことはよくありますが、まさに僕にとって「四国カルスト(愛媛県・高知県)」がそれだったんですよね!

ってことで、昔は日帰り圏内だったけど、今はめっちゃ遠い至高のツーリングスポット「四国カルスト」を紹介します。

目次

四国カルストってどんな場所?

四国カルストとは愛媛県と高知県を跨ぐ「日本三大カルスト」の一つです。

カルストとは地表の石灰岩が雨水などで浸食されて出来た特殊な地形で、広がる草原とポコポコ突き出した石灰石が実にインスタ映えっティな場所です。

ちなみに四国カルストと山口県の秋吉台、それから福岡県の平尾台が日本三大カルストですYO

草原とポコポコ突き出した石灰石=カルスト

四国カルストは三大カルストの中で最も標高の高い1,000〜1,500m付近に位置し、そこを貫く「県道383号線」が、通称「天空の道」と呼ばれています!

そうです、つまり四国カルストはバイクで走れる絶景スポットなんですYO

四国カルストをバイクで走ろう!

今回のルート:愛媛県松山市 ➡︎ 四国カルスト

今回紹介するルートは、僕がかつて住んでいた愛媛県は松山市から、四国カルストを目指す全長約76kmの道のりです。

なお、高速道路や有料道路の類は一切使わず、オール下道ルートとなっております。

ちなみに四国の道は細くてクネクネしてる場所が多いので「え〜!?片道たったの76km?全然物足りね〜っす…」なんて決して思わないようにして下さいね(想像の1.5倍くらい時間がかかります)

それとガソリンは松山市内で満タンにしていくことをおすすめします!

松山市から四国カルストを目指しますYO

松山市から中久保交差点まで

まずは松山市から、四国カルストの入り口「中久保交差点」までの道のりを解説します。

松山市内から「国道379号線➡︎国道440号線(一部33号線)」と走り繋ぐと、おそらくこのルートで最後のまともな休憩スポット「道の駅 みかわ」にたどり着きます。

この先に飲み物を買ったり、落ち着いて用を足せる場所は四国カルストまでほぼないので、必ず立ち寄るようにしましょう!

ちなみにここまでの道路は至って普通なので、特に問題なく来れますYO(ここまではね…)

道の駅みかわに寄らないとダメ絶対

道の駅で勢いよく用を足して、その後しばらく国道440号線を走ると「県道36号線」との分岐点が登場します。

案内標識に「こっちが四国カルストだぜ」と書いてあるので、そのまま36号線に突入しましょう。

県道36号線に突入しよう

すると突然「ようこそ!シン・四国へ」と言わんばかりの細いクネクネ道が始まるので、おそらく四国初心者は不安になりますが、、、そのまま突き進みましょう!

すると「四国カルストまで7km」と書かれた「中久保交差点」にぶち当たるので、これを四国カルスト方面へと進みましょう

ようこそ!シン・四国へ
中久保交差点を四国カルスト方面へ!

四国カルスト(県道383号線)

中久保交差点を四国カルスト方面へと進むと、さらにヤバい、、、失礼しました、先程より細くてクネってらっしゃる道になるので、またまたご不安かと存じますが、そのまま突き進みましょう。

すると遂に「県道383号線」に突き当たるので、そこからカルスト方面へ少し走ると、、、まるでドラマや映画の衝撃的なワンシーンのように「どど〜ん」という効果音を鳴らしたい瞬間が訪れます!

さっきまでの見通しの悪い細い山道から一変!スパッと突き抜けた開放的な風景が出現します!、、、ようこそ四国カルストへ!

ようこそ四国カルストへ
細い山道が一気にこれになりますYO

別名「日本のスイス」とも言われる四国カルストは、牧歌的風景の中に風車が佇む、まるで海外のリゾート地のような場所です。

四国カルストの端から端まで続く県道383号線を走れば、きっとライダーは笑顔になれちゃいます!

実際、ここですれ違うライダーは、まるで北海道のように笑顔でピースサインを出してくれますYO

これが日本のスイスです
牛さんもいるYO
ライダーなら笑顔になれる道

県道383号線は要所要所に駐車スペースがあるので、お気に入りの場所で写真を撮ることができます!

しかし、やはりここも四国故に道幅が狭い箇所もあるので、写真を撮る際は他の車両の通行を妨げないように注意しましょう。

要所要所に駐車スペースがあります
道幅が狭い箇所もあります

食事や休憩、トイレは「姫鶴荘」で

四国カルストのメインエリア「姫鶴平」には、食事や休憩が取れたり、トイレが使える「姫鶴荘」があります。

四国カルストに来た時はもちろん、帰りも暫くまともな休憩スポットがないので、必ず立ち寄ることをおすすめします(特にトイレ)

実は館内や目の前のキャンプ場での宿泊も可能なので、四国カルストに泊まってみたYO、ってなライダーは受付方法をチェックしておきましょう。

四国カルストのメインエリア「姫鶴平」
これが「姫鶴荘」です
キャンプもできますYO

コーヒー好きなら「カルスト珈琲」もおすすめ

僕のようにツーリング先で美味しいコーヒーを飲むことに生きがい(?)を感じるライダーは、ぜひ「カルスト珈琲」にも寄っていきましょう!

寄るといっても姫鶴荘のすぐ近くにありますので、適当な駐車場にバイクを停めて歩いて行けますYO

カルスト珈琲はこだわりのハンドドリップコーヒーを飲めるオープンエアのカフェで、目の前の絶景を眺めながらゆっくりと寛げます。

これが
最高のオープンエアカフェです
おすすめはハンドドリップコーヒーです
絶景を見ながら最高の一杯!
ブランコ席もありますYO

四国カルストは日本を代表するツーリングスポット!

四国カルストは四国を、、、いや、日本を代表するツーリングスポットだと断言します!

僕はバイクで日本を2周しているので、決して想像で言ってるわけではありません(きっぱり)

特に四国らしい細いクネクネ道が一気に解放される瞬間!これを是非多くのライダーに味わって欲しいです。

もちろん思い出は「Riders Square」で記録しましょうね。

四国カルスト万歳!

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次