MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【愛知県】練製品が美味しい!「道の駅 とよはし」【バイクツーリング道の駅探訪】

  • URLをコピーしました!
目次

道の駅の特徴

豊橋市は愛知県南東部にある市で、静岡県の浜松市と湖西市に隣接。渥美半島の付け根部分にあたり、市南部は太平洋に面している。太平洋岸は片浜十三里と呼ばれ、アオウミガメの産卵地として知られている。

道の駅『とよはし』は、R23豊橋東バイパス七根ICに隣接しており、アクセス抜群。交通量の多いバイパス沿いということもあり、大規模な駐車場が用意されている。

道の駅には、食と農にスポットを当てた「Tomate(トマッテ)」と、農産物直売所からなり、「Tomate」内は休憩スペースを囲んで、8店舗の飲食・物販店が営業する。

「Tomate」には、豊橋名物のグルメが目白押し。「ヤマサちくわ」は、目の前で焼きあげる焼きたてのちくわや、ちくわチーズスティックや竹輪うずらフライなど、さまざまな練り製品を販売。豊橋のB級グルメの「豊橋カレーうどん」や、オリジナルの「道の駅セット」などを味わえる「つるあん」、豊橋牛などを中心に豊橋ならではの料理を食べられる「いっしょうめし」は、おにぎりなどのテイクアウトも充実。

地元の人気ジェラート専門店「ジェラートサンタ」では、旬の野菜や果物を使用したフレーバーがそろい、うずら、大葉など、豊橋ならではの食材を使ったジェラートを常時16種類販売する。ベーカリーには店内で手作りする豊橋産の素材を使ったコッペパンやサンドウィッチが並び、中でもカレーパンは売り切れ必至の人気No.1商品だ。

三河地域の特産品が揃う「まるっとみかわ」では、豊橋特産のうずら卵を使ったバームクーヘンや「きゅうりのキューちゃん」とコラボした肉まんも販売する。

道の駅が面するR23は豊橋市から三重県伊勢市まで至る国道。R1とも合流するので、豊橋市は浜松方面と名古屋方面を結ぶ通過点のような場所となっている。地元グルメや農産物が充実し、バイパスインターからすぐの道の駅は、休憩や食事などで立ち寄るのに絶好のスポットだ。

施設紹介

レストラン
軽食&喫茶
ショップ
Wi-Fiスポット
ATM
障害者トイレ
インフォメーション
足湯
入浴施設
キャンプ場
宿泊施設
公園
ガソリンスタンド
EV充電施設

Tomate内に、手巻きとまぶし「いっしょうめし」、和食麺処「つるあん」、ヤマサちくわ、ジェラートサンタ、コッペとサンドオリーブの風、まるっとみかわ、豊橋発コンセプトショップ「temiyo」が入る。隣接して農産物販売所「あぐりパーク食彩村」、花マルシェがある。

名物&名産品

◆ヤマサちくわ
豊橋名物のひとつ。本社が豊橋市にあり、ちくわのほか、はんぺんやかまぼこなどの練り製品を販売する。豊橋ちくわの特徴は、両端は白く、真ん中だけこんがりときつね色の焼き色をつけたもの。道の駅ではその場で焼き上げた、風味豊かな焼きたてちくわを食べられる。

◆豊橋牛まぶし

豊橋産牛肉を使ったひつまぶし。ご飯の上に甘辛く炊かれた牛肉が乗っていて、まずはご飯と牛肉だけで、2杯目は薬味をのせて、3杯目は特産のうずらとトロロを乗せて食べて、最後には出汁でさっぱりとお茶漬け風にしてと、一度に4つの味を楽しめる。ご飯は豊橋産のこしひかりを使用。

◆豊橋カレーうどん

豊橋カレーうどんとは、豊橋市のご当地うどん。自家製麺を使用し、どんぶりの底にとろろご飯を作り、その上からカレーうどんを盛り付けたもの。具には必ず豊橋うずらが入っているなど、条件がある。つるあんの豊橋カレーうどんには、豊橋の手筒花火をイメージしたピングが乗っている。ちくわで手筒を、地場野菜で花火を再現している。

道の駅周辺のおすすめスポット

◆豊川稲荷

日本三大稲荷のひとつで、商売繁盛のご利益で全国的に知られている。神社と寺院が一体となっており、正式には「妙厳寺」という。大小1000体以上の狐像が並ぶ「霊狐塚」は必見。狐像がぎっしりと並ぶ光景は圧巻だ。門前町では「豊川いなり寿司」をぜひ味わいたい。バイクは豊川稲荷大駐車場に300円で駐車できる。

【道の駅の詳細】
とよはし
住所 愛知県豊橋市東七根町字一の沢113番地2
営業時間 Tomate 9:00~19:00(花マルシェは18:00まで)
     いっしょうめし 9:00~19:00(18:30LO)
     つるあん 9:00~19:00(18:30LO)
     ヤマサちくわ 9:00~19:00
     ジェラートサンタ 9:00~19:00
     コッペとサンドオリーブの風 8:00~19:00
     あぐりパーク食彩村 9:00~18:00
定休日 Tomate無休、あぐりパーク食彩村 第1水曜
駐車場 普通車176台 大型82台 障害者用6台 駐輪場40台
web  https://michinoeki-toyohashi.jp/
Twitter  https://twitter.com/michinoeki10484
Instagram  https://www.instagram.com/michinoeki_toyohashi/
Facebook  https://www.facebook.com/michinoekitoyohashi/

ルートや思い出を記録・共有できるアプリを使ってツーリングに出かけよう!

ツーリングでたまたま通りかかった絶景が広がる峠道、川原へ降りられる休憩スポット、ふらっと立ち寄った地元のラーメン屋。
その瞬間でしか体験できないもの、見られない景色、旬の味。
バイクでツーリングする理由は、この瞬間を楽しみたくて走っている。同じ道でも同じシチュエーションであることは二度とない。
そんな瞬間を切り取って残せ、しかも仲間とその思い出を共有できるツーリングログアプリが『Riders Square』だ!

特徴① 走ったツーリングルートに写真をリンクして残せる!

アプリの使い方は至ってシンプル。ツーリングへ出かける時、RidersSquareのアプリを起動し、スタートすれば準備はOK。あとはアプリが走行したルートや時間を記録してくれる。ツーリング途中に撮った写真の場所や情報は、アプリ内のボタンでカメラを起動して撮影するとコメント欄が表示される。撮影した時に残しておきたいコメントなどを記入するから忘れずに残しておけるというわけだ。
また、ナビアプリ等との併用も可能。道案内はナビに任せ、バックグラウンドで同アプリが動き続けツーリングのログや写真のポイントを記録していく。

特徴② ツーリングの思い出を仲間と共有

ツーリングの思い出は個人で楽しめるが、公開することで登録されているユーザーに共有することもできる。共有したいマイルートは公開してもいいし、自分だけにとどめたいルートは非公開にするといった具合にツーリングごとに設定可能だ。ログには距離、時間が記録されているので、よりリアルにツーリングプランを組めるのもポイント。
SNSでもあまり発信されないようなメジャーではない、ちょっとしたバイクでの散歩ルートなども公開されていることがあるので、新たなツーリングルートの発見にもつながる! 
通行止め、凍結情報などライダーにとって大事な情報もシェアできるから、行った先で走れずガッカリ……ということも少なくなる。

【バイク乗り必見道の駅】 一覧マップ

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

冊子版モトメガネが手に入る!

Amazonのパークアップストアでのお買い物はこちらから

※ご購入の際は販売元がパークアップになっていることをご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次