MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【高知県】四万十川流域のど真ん中!「道の駅 四万十とおわ 」【バイクツーリング道の駅探訪】

  • URLをコピーしました!
目次

道の駅の特徴

四万十町は高知市から南西に約100km、県西南部に位置する。東から西へと流れる四万十川の中流域にあり、東南部は太平洋に面した海の町でもある。四万十川は日本最後の清流ともいわれ、川に架かる沈下橋は四万十川の観光スポットとして有名だ。

道の駅は国道381号沿い「四万十川」流域のど真ん中に位置し、目の前に雄大な四万十川の景色を眺めることができる。特産品販売所、食堂、アイス屋があり、各店舗とも旬の時期の四万十川の幸や農産物にこだわった地産地消の商品を販売。道の駅は屋根付きのバイク用駐輪場も完備し、食事や休憩、買い物に最適な道の駅となっている。

特産品販売所では、季節ごとの地場の新鮮野菜や農産物、お弁当、四万十の特産品などが数多く並ぶ。地場産品としては、栗やお茶、椎茸などの加工品や、地元で製造されたお菓子などが揃っている。

食堂では、四万十川流域の地場食材を使った食事を提供。天然鮎やウナギ、四万十ポークなど四万十の味を楽しめる。毎週木曜日には、十和地区の郷土料理を楽しめる「四万十流域バイキング」を開催している。

アイス屋では、オリジナルのソフトクリームや、四万十や高知産の素材で作る手作りのアイスクリームを販売。

四万十川と並走する国道381号や国道441号は沈下橋が点在し映えスポットも多いルート。ノスタルジックな沈下橋や、雄大な四万十川、のどかな里山風景など、さまざまな景色を楽しめるツーリングコースとなっている。四万十の景色と走りを満喫した後に、四万十のグルメで胃袋も大満足できる道の駅だ。

屋根付きの駐輪場を完備する

施設紹介

ATM
障害者トイレ
Wi-Fi
レストラン
軽食&喫茶
ショップ
インフォメーション
足湯
入浴施設
キャンプ場
宿泊施設
公園
ガソリンスタンド
EV充電施設

道の駅の施設としては特産品販売所「とおわ市場」、「とおわ食堂」、「とおわのアイス屋さん」がある。ほかに四万十地栗のスイーツなどを提供する「おちゃくりcafé」、「四万十川ジップライン」が敷地内に隣接する。

名物&名産品

◆十和かご膳

四万十の食材を使った料理を小鉢に盛り付けた「十和かご膳」。四季の旬の食材を使用し、内容は季節ごとに変わる。郷土料理の原木椎茸のたたき、四万十ポーク、四万十町産卵の茶碗蒸しなど、地産地消の料理となっている。「十和」にちなんで10種の料理が楽しめる。

◆四万十川とカリーパン
四万十ポーク100%使用のオリジナルカレーパン。2種類の挽き方をした四万十ポークのミンチ肉をカレーに混ぜ、肉の食感を感じられるようになっている。揚げたてのカレーパンはザクッとしていて、冷めてもおいしい。道の駅限定商品。

◆四万十の天然うな重 ※天然うなぎが入荷時のみ
四万十川で獲れた天然うなぎのうな重。 天然うなぎはお腹が黄色いのが特徴で、余分な脂肪がなく、身がしっかりと引き締まり歯ごたえがある。天然うなぎと四万十町産の養殖うなぎの食べ比べができるお重もある。天然うなぎが入荷時のみ提供される。

道の駅周辺のおすすめスポット

◆沈下橋

川の水が多くなると川中に沈むように造られた欄干のない橋。四万十川流域には大小合わせて数多くの沈下橋があるので、のんびり沈下橋巡りもおすすめ。道の駅近くには車両の通行が可能な「半家橋」や、二輪車以下のみ通行できる「中半家橋」がある。沈下橋と川の風景は、四万十を代表する景色。

◆川遊び公園ふるさと交流センターキャンプ場
四万十川沿いのキャンプ場で、広々とした芝生のフリーサイトとなっている。トイレやシャワー室、炊事に便利な共同の洗い場も完備。目の前に流れる四万十川の雄大な景色と、夜は満天の星空を見ることができ、四万十の大自然を満喫できる。

【道の駅の詳細】
四万十とおわ
住所 高知県高岡郡四万十町十和川口62-9
営業時間 とおわ市場8:30~17:00 
とおわ食堂 平日11:00~14:30(14:00 L.O)
土日祝11:00~15:00(14:30L.O)
四万十流域バイキング11:00~14:30(14:00 L.O)
※毎週木曜開催 とおわのアイス屋さん10:00~15:00
定休日 無休(冬季不定休あり)
駐車場 普通車70台 大型台3台 障害者用2台
web  http://toowashimanto.jp/
Twitter  https://twitter.com/toowashimanto/
Instagram https://www.instagram.com/toowashimanto/
Facebook https://www.facebook.com/toowashimanto

ルートや思い出を記録・共有できるアプリを使ってツーリングに出かけよう!

ツーリングでたまたま通りかかった絶景が広がる峠道、川原へ降りられる休憩スポット、ふらっと立ち寄った地元のラーメン屋。
その瞬間でしか体験できないもの、見られない景色、旬の味。
バイクでツーリングする理由は、この瞬間を楽しみたくて走っている。同じ道でも同じシチュエーションであることは二度とない。
そんな瞬間を切り取って残せ、しかも仲間とその思い出を共有できるツーリングログアプリが『Riders Square』だ!

特徴① 走ったツーリングルートに写真をリンクして残せる!

アプリの使い方は至ってシンプル。ツーリングへ出かける時、RidersSquareのアプリを起動し、スタートすれば準備はOK。あとはアプリが走行したルートや時間を記録してくれる。ツーリング途中に撮った写真の場所や情報は、アプリ内のボタンでカメラを起動して撮影するとコメント欄が表示される。撮影した時に残しておきたいコメントなどを記入するから忘れずに残しておけるというわけだ。
また、ナビアプリ等との併用も可能。道案内はナビに任せ、バックグラウンドで同アプリが動き続けツーリングのログや写真のポイントを記録していく。

特徴② ツーリングの思い出を仲間と共有

ツーリングの思い出は個人で楽しめるが、公開することで登録されているユーザーに共有することもできる。共有したいマイルートは公開してもいいし、自分だけにとどめたいルートは非公開にするといった具合にツーリングごとに設定可能だ。ログには距離、時間が記録されているので、よりリアルにツーリングプランを組めるのもポイント。
SNSでもあまり発信されないようなメジャーではない、ちょっとしたバイクでの散歩ルートなども公開されていることがあるので、新たなツーリングルートの発見にもつながる! 
通行止め、凍結情報などライダーにとって大事な情報もシェアできるから、行った先で走れずガッカリ……ということも少なくなる。

【バイク乗り必見道の駅】 一覧マップ

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次