MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【北海道】大迫力の間歇泉にびっくり!「しかべ間歇泉公園」【バイクツーリング道の駅探訪】

  • URLをコピーしました!
目次

道の駅の特徴

北海道南部、噴火湾口に位置する鹿部町は、スケソウダラや白口浜真昆布、ホタテなど豊富な魚介類が水揚げされるので水産王国とも呼ばれている。さらには北海道遺産に認定された「しかべ間歇泉」を有する町。太平洋に面した道の駅は、食べる、観る、癒やしと、町の資源の「海の幸」と「温泉」を楽しめるスポットとなっている。

間歇泉は駅併設の間欠泉公園で見ることができる。約100℃の温泉が高さ約15mまで自然の力で噴き上がり、間近で観ると大迫力だ。園内には間歇泉の温泉を利用した足湯も設置されている。

特産品を扱う売店のほか、漁協女性部による食堂や、手作りの惣菜が人気のおかず屋、近海で捕れた魚介類を扱う魚屋など、規模はやや小さいながらも多彩な店舗がそろっている。

道の駅へは函館から函館新道を通って大沼を抜けるルートで1時間ほど。R278を恵山経由で海岸線沿いに向かうのもツーリングコースにおすすめだ。

施設紹介

ATM
障害者イレ
Wi-Fi
レストラン
軽食&喫茶
ショップ
インフォメーション
足湯
入浴施設
EV充電施設

駅舎内には物販で「鹿部・食とうまいもの館」「道の駅のさかな屋」の2店舗、飲食では「浜のかあさん食堂」「こいたのおかず屋」「ソフトクリームショップ」が入る。なお、食堂の営業時間は11時から14時までと短めなので、早い時間が狙い目だ。

屋外の「鹿部温泉蒸し処」では売店で買った食材を調理し、食べることができる。併設の間歇泉公園(入園料300円)には間歇泉のほか、足湯や休憩スペースが設けられている。

名物&名産品

◆プレミアムたらこ御膳

食堂の一番人気は、特産品の鹿部たらこを1本どーんとのせたご飯と、その日水揚げされた地魚の煮付けのセット。煮魚は注文を受けてから炊き上げてくれる。お米はブランド米の「ふっくりんこ」を使用。地元海鮮の味噌汁付き。

◆温泉蒸し釜料理

噴火湾産のカキやホタテ、甘エビなどの魚介類、定番のタマゴ、まんじゅうのほか、ジンギスカンや豚肉と野菜のセットなどの肉類も用意されている。食材は季節によって変わるので、季節ごとにさまざまな食材を楽しめる。

◆鹿部たらこ

噴火湾近海で水揚げされた新鮮なスケソウダラから取り出した卵を、じっくりと丁寧に漬けた極上品。一粒一粒がきめ細かく、ツブツブとした食感が特徴で。塩分が控えめなので、まろやかな味とたらこ本来の味を楽しめる。さまざまな加工業者のたらこが並んでいる。

道の駅周辺のおすすめスポット

◆鹿部温泉
鹿部町には源泉が30ヶ所以上もあり、道の駅周辺には日帰り入浴ごができる温泉が数軒あり、湯めぐりを楽しむこともできる。主な泉質はナトリウム・カルシウム・硫酸塩泉で、浸かれば体はポカポカに。

◆東大沼キャンプ場
大沼に面したキャンプ場で、営業期間中は無料で利用ができる。テント約100張りができるフリーサイトは、湖畔や林間エリアがある。乗り入れは不可なので、駐車所から荷物を運ぶ必要があるが、自然を満喫できるキャンプ場だ。

【道の駅の詳細】
しかべ間歇泉公園
住所 北海道茅部郡鹿部町字鹿部18-1
営業時間 鹿部・食とうまいもの館 月~木9:00~17:00 (12/1~3/19は10:00~15:00)
                 金~日祝8:30~18:00(12/1~3/19は9:00~)
定休日 無休(1/4~3/19は水曜)、12/30~1/1
駐車場 大型6台 普通車45(身障者用3)台
web https://shikabe-tara.com/
Twitter https://twitter.com/shikabe_taracom/
Instagram https://www.instagram.com/shikabe.taracom/
Facebook https://www.facebook.com/shikabe.kanketsusen/

ルートや思い出を記録・共有できるアプリを使ってツーリングに出かけよう!

ツーリングでたまたま通りかかった絶景が広がる峠道、川原へ降りられる休憩スポット、ふらっと立ち寄った地元のラーメン屋。
その瞬間でしか体験できないもの、見られない景色、旬の味。
バイクでツーリングする理由は、この瞬間を楽しみたくて走っている。同じ道でも同じシチュエーションであることは二度とない。
そんな瞬間を切り取って残せ、しかも仲間とその思い出を共有できるツーリングログアプリが『Riders Square』だ!

特徴① 走ったツーリングルートに写真をリンクして残せる!

アプリの使い方は至ってシンプル。ツーリングへ出かける時、RidersSquareのアプリを起動し、スタートすれば準備はOK。あとはアプリが走行したルートや時間を記録してくれる。ツーリング途中に撮った写真の場所や情報は、アプリ内のボタンでカメラを起動して撮影するとコメント欄が表示される。撮影した時に残しておきたいコメントなどを記入するから忘れずに残しておけるというわけだ。
また、ナビアプリ等との併用も可能。道案内はナビに任せ、バックグラウンドで同アプリが動き続けツーリングのログや写真のポイントを記録していく。

特徴② ツーリングの思い出を仲間と共有

ツーリングの思い出は個人で楽しめるが、公開することで登録されているユーザーに共有することもできる。共有したいマイルートは公開してもいいし、自分だけにとどめたいルートは非公開にするといった具合にツーリングごとに設定可能だ。ログには距離、時間が記録されているので、よりリアルにツーリングプランを組めるのもポイント。
SNSでもあまり発信されないようなメジャーではない、ちょっとしたバイクでの散歩ルートなども公開されていることがあるので、新たなツーリングルートの発見にもつながる! 
通行止め、凍結情報などライダーにとって大事な情報もシェアできるから、行った先で走れずガッカリ……ということも少なくなる。

【バイク乗り必見道の駅】 一覧マップ

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次