MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【茨城県】大子温泉で疲れを癒やす「道の駅 奥久慈だいご」【バイクツーリング道の駅探訪】

  • URLをコピーしました!
目次

道の駅の特徴

大子町は茨城県北西部に位置する町で、福島県や栃木県の県境に接している。大子町は日本三名瀑の国名勝・袋田の滝があることで知られており、町の中心には清流・久慈川が流れ、名水100選に選ばれた「八溝川湧水群」がある八溝山、奇岩・怪石のつくりだす男体山など、豊かな自然に恵まれた場所である。

道の駅は国道118号沿い、久慈川のほとりにあり、奥久慈の食と温泉を楽しむことができる場所となっている。物産販売所には、多彩なこんにゃく商品、奥久慈茶、地酒や地ビールなど、奥久慈の特産品が豊富に揃う。秋には特産の奥久慈りんごがずらりと並び、奥久慈りんごのアップルパイも人気。食堂では、奥久慈しゃものメニューや、名産のゆば、茨城の郷土食「けんちんそば」など、大子町の味覚を満喫できる。

2階には温泉施設を備え、久慈川を眺めながら入浴ができる。温泉は大子温泉の源泉から引いており、泉質がナトリウム硫酸塩・塩化物泉のお湯は切り傷・擦り傷に効果があり、体がよく温まる。テラスからは奥久慈の景色を楽しめ、休憩室も完備する。料金は大人500円、タオルやバスタオルの貸し出しがあるので(有料)、ツーリングの疲れをリフレッシュすることができる。

道の駅へは常磐自動車道・那珂IC を降り、久慈川と並走する国道118号をまっすぐ。国道118号は関東と東北を結ぶルートとなっていて、周辺にはアップルラインなどの快走路や、龍神大吊橋に続く国道461号・県道33号などツーリングコースも充実している。

袋田の滝や、滝の裏側を見ることができる月待の滝など、観光スポットも多い。周辺を訪れた際には大子町のおいしいものが揃うスポットとして、立ち寄りスポットにおすすめだ。

施設紹介

ATM
障害者トイレ
Wi-Fi
レストラン
軽食&喫茶
ショップ
インフォメーション
足湯
入浴施設
キャンプ場
宿泊施設
公園
ガソリンスタンド
EV充電施設

物産販売所、軽食堂、温泉施設を完備。屋外のファストフードコーナーでは、ソフトクリームや鮎の塩焼きなどを販売。

名物&名産品

◆奥久慈しゃも

奥久慈の大自然の中で、長い飼育期間をかけて育てられた奥久慈しゃもは、身が締まっていて、脂肪分が少なく、歯ごたえがある肉質。道の駅では、親子丼、カレー、ソースかつ重、しゃも天そばなどのメニューを味わえる。価格は少々高めだが、食べれば絶品、納得の味。

◆こんにゃく

昔からこんにゃく栽培が盛んな大子町の特産品。刺身こんにゃく、味噌田楽、玉こんにゃくなど、さまざまな製品がある。中でも珍しい「凍みこんにゃく」は奥久慈地方伝統の保存食。冬の寒さを利用し凍らせ、日中に自然乾燥させる工程を20日ほど繰り返して製造される。

◆奥久慈りんご

「樹上完熟」で樹になったまま完熟させる栽培方法が特長。完熟してから収穫するので、ジューシーで甘みがたっぷりのりんごになる。道の駅では、奥久慈産のりんごを使用したソフトクリームや、りんごを使ったお土産品を多彩に販売。りんごソフトクリームはりんごの香りが芳醇で、濃厚なりんごの風味が口の中に広がる一品。

道の駅周辺のおすすめスポット

◆袋田の滝

日本三名瀑のひとつ。高さ120m、幅73mの大きさで、観瀑台からの眺めは迫力満点。第2観瀑台では四段に流れる滝の全景を見ることができる。四季それぞれの風景を楽しめ、秋には滝と紅葉の景色が美しい。袋田の滝から約200m上流には、同じく国名勝の生瀬滝もある。観瀑施設利用料は大人300円。

◆キャンプ村やなせ
久慈川沿いにあるキャンプ場。全面フリーサイトで、バイクの乗り入れが可能。芝生、砂利のサイトがあり、サイトの予約は不可で早い者順。売店、炊事場、シャワー室を完備し、指定のゴミ袋を購入すれば、ゴミ処理も行ってくれる。バイクでの利用料金は、A期間1000円、B期間500円、C期間は無料だ。

【道の駅の詳細】
奥久慈だいご
住所 茨城県久慈郡大子町池田2830-1
営業時間 物産販売所 9:00~18:00 
軽食堂 11:00~18:00(17:30LO) 
温泉 11:00~20:00(最終受付19:30)
定休日 物産販売所・軽食堂1/1 温泉 第1・3水曜(祝日の場合翌日)、1/1※8月は無休
駐車場 普通車75台 大型台6台 障害者用2台
web  http://michinoeki-daigo.com/
Facebook  https://www.facebook.com/michinoeki.daigo/

ルートや思い出を記録・共有できるアプリを使ってツーリングに出かけよう!

ツーリングでたまたま通りかかった絶景が広がる峠道、川原へ降りられる休憩スポット、ふらっと立ち寄った地元のラーメン屋。
その瞬間でしか体験できないもの、見られない景色、旬の味。
バイクでツーリングする理由は、この瞬間を楽しみたくて走っている。同じ道でも同じシチュエーションであることは二度とない。
そんな瞬間を切り取って残せ、しかも仲間とその思い出を共有できるツーリングログアプリが『Riders Square』だ!

特徴① 走ったツーリングルートに写真をリンクして残せる!

アプリの使い方は至ってシンプル。ツーリングへ出かける時、RidersSquareのアプリを起動し、スタートすれば準備はOK。あとはアプリが走行したルートや時間を記録してくれる。ツーリング途中に撮った写真の場所や情報は、アプリ内のボタンでカメラを起動して撮影するとコメント欄が表示される。撮影した時に残しておきたいコメントなどを記入するから忘れずに残しておけるというわけだ。
また、ナビアプリ等との併用も可能。道案内はナビに任せ、バックグラウンドで同アプリが動き続けツーリングのログや写真のポイントを記録していく。

特徴② ツーリングの思い出を仲間と共有

ツーリングの思い出は個人で楽しめるが、公開することで登録されているユーザーに共有することもできる。共有したいマイルートは公開してもいいし、自分だけにとどめたいルートは非公開にするといった具合にツーリングごとに設定可能だ。ログには距離、時間が記録されているので、よりリアルにツーリングプランを組めるのもポイント。
SNSでもあまり発信されないようなメジャーではない、ちょっとしたバイクでの散歩ルートなども公開されていることがあるので、新たなツーリングルートの発見にもつながる! 
通行止め、凍結情報などライダーにとって大事な情報もシェアできるから、行った先で走れずガッカリ……ということも少なくなる。

【バイク乗り必見道の駅】 一覧マップ

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次