MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【島根県】二重ループ橋の頂上にある「道の駅 奥出雲おろちループ」【バイクツーリング道の駅探訪】

  • URLをコピーしました!
目次

道の駅の特徴

島根県の玄関口、奥出雲町。県東南端に位置し、鳥取県と広島県に隣接している。町を通る木次線はトロッコ列車や三段式スイッチバックで知られており、多くの鉄道ファンが集まる場所でもある。また国道314号には全国最大規模の二重ループ橋があり、標高差167mを11本の橋と3つのトンネルで繋いでいる。

道の駅はその二重ループ式道路、通称「おろちループ」の頂上の標高675mの場所にある。道の駅内には特産品売り場と軽食コーナーがあり、特産品コーナーでは奥出雲の特産品の菓子類や、醤油・味噌などの調味料、和鉄包丁や、県内のお土産品などを取りそろえる。駅オリジナルの「舞茸わさび」や「おろちループせんべい」もお土産に人気がある。軽食コーナーでは駅オリジナルの「のどぐろラーメン」や十割割子そばが味わえ、奥出雲の味を満喫できる。展望台からの眺めが絶景で、山肌を走る木次線や赤いアーチの三井野大橋、四季折々の山の風景を見ることができ、なかでも新緑や紅葉の時期がおすすめだ。

道の駅に隣接する鉄の彫刻美術館には、剛鉄によるモニュメント彫刻で有名な、故下田治氏の作品が展示されている。

道の駅は出雲市や松江市からは約1時間20分、瀬戸内側の福山からはR182、R314を経由し約2時間の場所で、中国地方を縦断するルート上にありツーリングルートとしても人気が高い。備後落合駅から出雲三成駅間は木次線と併走しているので、タイミングが合えば列車が見られるかもしれない。2重ループ橋を走る前後には道の駅に立ち寄って、走っている時は見ることができないループ橋の大きさを実感してみては。

施設紹介

展望台からの眺め
ATM
障害者トイレ
Wi-Fi
レストラン
軽食&喫茶
ショップ
インフォメーション
足湯
入浴施設
キャンプ場
宿泊施設
公園
ガソリンスタンド
EV充電施設

地場産品を使った食事を提供する「軽食コーナー」、売店コーナー、屋外には眺望が抜群の展望台が設置されている。鉄の彫刻美術館やロッジが隣接する。休憩スペースは24時間利用可能。

名物&名産品

◆仁多米
古くは「たたら」による鉄作りが盛んに行われた地で、砂鉄をとるために削った山の跡地を現在は棚田として活用し、特産の「仁多米」が育てられている。豊かな土壌、ミネラル豊富な水、昼夜な寒暖差の中で育つ米は甘味がありふっくらとして粘りがある。軽食コーナーでは仁多米のおにぎりを提供している。

◆肉そば(うどん)

奥出雲和牛と奥出雲舞茸を使用したそば。島根の名水百選に選ばれた「延命水」を使い育てられた奥出雲舞茸は地域の特産品でもある。奥出雲和牛は地域のブランド牛で、柔らかな肉質で、コクと甘みがあり、肉本来の風味がしっかりとした味が特徴。2つの特産品がコラボした旨味と風味がある贅沢なそば。

◆割子そば(奥出雲そば)
出雲そばは、玄そば(そばの殻つき)の挽きぐるみのそば粉を使っているため黒っぽい色をしているのが特徴。出雲そばでは粉の選別をせず、玄そばのまま製粉するので、香りがよく、栄養価も高く、旨味たっぷりのそばとなる。また、歯ごたえがありコシの強いのも特徴だ。割子そばとは「割子」と呼ばれる丸い漆器にそばを盛り、薬味とそばつゆを直接かけて食べるそばのこと。

道の駅周辺のおすすめスポット

◆おろちループ

国道314号の坂根~三井野原区間にある、高低差167mを一気に上がるために造られた橋。大小11の橋と3つのトンネルで繋ぐ日本最大規模の二重ループ方式の道路。ループ全体が二重にとぐろを巻いており、橋の名前はヤマタノオロチから名付けられた。大きすぎて展望台からは一望することができない。

◆延命水

冬暖かく、夏には冷たい湧き水。言い伝えでは、寿命100年を越えたと思われえる古狸が好み飲用したことから里人も長寿の霊水として飲用を始め、その後に「延命の水」と名づけられたと言われている。島根県名水百選のひとつで、出雲坂根駅構内に泉源があり無料で汲むことができる。

【道の駅の詳細】
奥出雲おろちループ
住所 島根県仁多郡奥出雲町八川2500-294
営業時間 9:00~17:00 (12~3月は10:00~16:00)
定休日 無休(12~3月は水曜)
駐車場 普通車56台 大型台3台 障害者用2台
web  https://peraichi.com/landing_pages/view/orochi-roop
Twitter  https://twitter.com/oroch_loop
Instagram  https://www.instagram.com/orochi_loop/
Facebook  https://www.facebook.com/okuizumoorochloop

ルートや思い出を記録・共有できるアプリを使ってツーリングに出かけよう!

ツーリングでたまたま通りかかった絶景が広がる峠道、川原へ降りられる休憩スポット、ふらっと立ち寄った地元のラーメン屋。
その瞬間でしか体験できないもの、見られない景色、旬の味。
バイクでツーリングする理由は、この瞬間を楽しみたくて走っている。同じ道でも同じシチュエーションであることは二度とない。
そんな瞬間を切り取って残せ、しかも仲間とその思い出を共有できるツーリングログアプリが『Riders Square』だ!

特徴① 走ったツーリングルートに写真をリンクして残せる!

アプリの使い方は至ってシンプル。ツーリングへ出かける時、RidersSquareのアプリを起動し、スタートすれば準備はOK。あとはアプリが走行したルートや時間を記録してくれる。ツーリング途中に撮った写真の場所や情報は、アプリ内のボタンでカメラを起動して撮影するとコメント欄が表示される。撮影した時に残しておきたいコメントなどを記入するから忘れずに残しておけるというわけだ。
また、ナビアプリ等との併用も可能。道案内はナビに任せ、バックグラウンドで同アプリが動き続けツーリングのログや写真のポイントを記録していく。

特徴② ツーリングの思い出を仲間と共有

ツーリングの思い出は個人で楽しめるが、公開することで登録されているユーザーに共有することもできる。共有したいマイルートは公開してもいいし、自分だけにとどめたいルートは非公開にするといった具合にツーリングごとに設定可能だ。ログには距離、時間が記録されているので、よりリアルにツーリングプランを組めるのもポイント。
SNSでもあまり発信されないようなメジャーではない、ちょっとしたバイクでの散歩ルートなども公開されていることがあるので、新たなツーリングルートの発見にもつながる! 
通行止め、凍結情報などライダーにとって大事な情報もシェアできるから、行った先で走れずガッカリ……ということも少なくなる。

【バイク乗り必見道の駅】 一覧マップ

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次