MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【千葉県】行列必至のハンバーガーがウマイ!!「道の駅 三芳村 鄙の里 」【バイクツーリング道の駅探訪】

  • URLをコピーしました!
目次

道の駅の特徴

南房総市は千葉県の南端に位置。市内には南房総最南端の野島埼があり、東京湾と太平洋に面した東西南の三方を海に囲まれた地域で、内陸部は田園地帯となっている。そのため、海の幸・山の幸と食が豊かな場所だ。また南房総市には8ヶ所の道の駅があり、日本一道の駅をもつ自治体としても知られている。

Exif_JPEG_PICTURE

道の駅があるのは市内内陸部の三芳地区。県道88号に面した、周辺は田んぼに囲まれるのどかな場所だ。館山自動車道の富浦ICから向かう場合は約10分とアクセスがしやすく、山間を通る富津市と館山市を結ぶ県道88号を使う場合は、時間は少しかかるが適度にカーブがある道で、車もそんなに多くないのでツーリング向きのルートとなっている。

道の駅メイン施設には、お土産コーナーと農村レストラン、テイクアウトコーナーがあり、別棟で農産物販売所、中庭の屋台ではハンバーガーショップが営業している。お土産コーナーには特産品の三芳牛乳、三芳牛乳を使用したお菓子類、地ビールやお土産品などが並ぶ。テイクアウトコーナーでは、ソフトクリームや牛乳、コーヒーなどのドリンク類を販売。農村レストランは、旬の地場食材を使った手作りの料理が人気だ。

屋台のハンバーガーショップは、休日には行列ができる大人気店。おいしくてボリュームがあるのでここのハンバーガーを目的にツーリングで訪れるライダーも多い。

南房総は都心からおよそ100kmと日帰りツーリングには最適なエリアで、温暖な気候なので1年中走ることができるのも魅力だ。アクアラインと館山自動車道を使うと1時間半かからずに訪れることができ、アクセスも抜群。海岸線を走るルートは南房総定番のツーリングコースで、内陸のもみじロードや安房グリーンラインではライディングを楽しめるとあって、関東屈指のツーリングスポットとなっている。

激ウマのグルメバーガーが食べられる道の駅は、南房総ツーリングの絶好の目的地のひとつだ。

施設紹介

レストラン
軽食&喫茶
ショップ
Wi-Fiスポット
ATM
障害者トイレ
インフォメーション
足湯
入浴施設
キャンプ場
宿泊施設
公園
ガソリンスタンド
EV充電施設

お土産コーナー、鄙カフェ、農村レストラン「カントリーマム」、地元の新鮮野菜を販売する農産物直売所、ハンバーガーショップ「BINGO!!」、足湯、ミルク工房を併設する。

名物&名産品

◆三芳の牛乳

日本酪農発祥の地の南房総市は今も酪農が盛んな地域。三芳地区で生産された搾りたての新鮮な生乳を、無調整のまま65℃ 30分の低温殺菌した牛乳は、牛乳本来の風味とコクを楽しめる。牛乳は駅併設のミルク工房で製造。低温殺菌の牛乳を原料にしたソフトクリームは、あっさりとしていながらコクがあり、おいしいと評判。

◆BINGOバーガー

国産牛100%のパティは200gと超ビッグサイズ!オーダーを受けてから焼き上げるパティはジューシーで、トマトやレタスも一緒に大きめのバンズで挟んであってボリューム満点。200gパティが2枚入ったスーパービンゴバーガーは自信のある人はぜひ。

◆鄙の里膳

Exif_JPEG_PICTURE

農村レストラン「カントリーマム」で提供している御膳。メインのおかずに、日替わりの3種類の副菜が付いてくる。地元のお母さんたちによって、全て手作りされる料理は、ほっこりとしたふるさとの味。ご飯には地元米が使用されている。

道の駅周辺のおすすめスポット

◆木村ピーナッツ

ピネキの愛称で呼ばれるピーナッツ販売店。千葉県といえば落花生の有数な産地で、栽培から製造、販売までを一貫して行う店。店舗にはさまざまなピーナッツ商品が並び、なかでも自家製のピーナッツペーストを使ったピーナッツソフトが絶品。濃厚な風味を楽しめる。

◆野島崎灯台

千葉県最南端の岬にある白亜の灯台で、日本最古の八灯台のひとつ。高さが24mで、螺旋状の階段を上って展望台に行くことができる。展望台からは太平洋を一望できる。灯台の周りは公園になっており、散策路が整備されていてぐるっと1周ができる。

【道の駅の詳細】
三芳村 鄙の里
住所 千葉県南房総市川田82-2
営業時間 9:00~17:00
     カントリーマム9:00~17:00
     BINGO11:00~16:00※パティが無くなるまで
     足湯9:00~16:00
定休日 BINGO木曜(祝日は営業) 足湯不定休
駐車場 普通車70台 大型8台 障害者用2台
web  https://www.hinanosato.jp/
Twitter  https://twitter.com/miyoshimura_eki
Instagram https://www.instagram.com/hinanosato344/

ルートや思い出を記録・共有できるアプリを使ってツーリングに出かけよう!

ツーリングでたまたま通りかかった絶景が広がる峠道、川原へ降りられる休憩スポット、ふらっと立ち寄った地元のラーメン屋。
その瞬間でしか体験できないもの、見られない景色、旬の味。
バイクでツーリングする理由は、この瞬間を楽しみたくて走っている。同じ道でも同じシチュエーションであることは二度とない。
そんな瞬間を切り取って残せ、しかも仲間とその思い出を共有できるツーリングログアプリが『Riders Square』だ!

特徴① 走ったツーリングルートに写真をリンクして残せる!

アプリの使い方は至ってシンプル。ツーリングへ出かける時、RidersSquareのアプリを起動し、スタートすれば準備はOK。あとはアプリが走行したルートや時間を記録してくれる。ツーリング途中に撮った写真の場所や情報は、アプリ内のボタンでカメラを起動して撮影するとコメント欄が表示される。撮影した時に残しておきたいコメントなどを記入するから忘れずに残しておけるというわけだ。
また、ナビアプリ等との併用も可能。道案内はナビに任せ、バックグラウンドで同アプリが動き続けツーリングのログや写真のポイントを記録していく。

特徴② ツーリングの思い出を仲間と共有

ツーリングの思い出は個人で楽しめるが、公開することで登録されているユーザーに共有することもできる。共有したいマイルートは公開してもいいし、自分だけにとどめたいルートは非公開にするといった具合にツーリングごとに設定可能だ。ログには距離、時間が記録されているので、よりリアルにツーリングプランを組めるのもポイント。
SNSでもあまり発信されないようなメジャーではない、ちょっとしたバイクでの散歩ルートなども公開されていることがあるので、新たなツーリングルートの発見にもつながる! 
通行止め、凍結情報などライダーにとって大事な情報もシェアできるから、行った先で走れずガッカリ……ということも少なくなる。

【バイク乗り必見道の駅】 一覧マップ

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次