MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【沖縄県】沖縄グルメを楽しめる人気スポット「道の駅 許田」【バイクツーリング道の駅探訪】

  • URLをコピーしました!
目次

道の駅の特徴

道の駅がある名護市は沖縄本島北部ある市。那覇空港からR58を北上し約2時間、那覇ICから沖縄自動車道を利用すると約1時間30分の場所にある、本島北部地域の中心都市だ。名護市といえば、北海道日本ハムファイターズの春季キャンプが行われる場所として知られている。

道の駅はR58号沿いに位置。沖縄県第1号の道の駅で、沖縄のおいしいグルメが揃い、アクセスも抜群ということがあり、常に多くの人が訪れる人気のスポットとなっている。2021年7月には、名護東道路の開通と同時に道の駅の道路情報ターミナルがリニューアルオープン。それに伴い海側駐車場が新たにできて、那覇方面から向かう人は海側駐車場を利用し、上空通路を通って物産センター側に渡るように変更となった。

道の駅のメイン施設「やんばる物産センター」にはサーターアンダギー店や、じぇらーと工房、天ぷら店、パーラー、パン工房など多彩な店舗が揃い、バラエティ豊かな沖縄グルメを満喫できる。フードコートでは、ステーキやタコライス、沖縄そばなどお腹も満足する食事を楽しめる。

売店には沖縄県12の市町村の名産品コーナーがあり、お土産品は充実の品揃え。泡盛コーナーもあり、種類豊富に取り揃えている。

R58を使って沖縄北部に移動する際は、必ず道の駅の前を通過することになり、沖縄の特産物が揃う道の駅は、食事や買い物、休憩に最適の場所となっている。新たにできた情報ターミナルの屋上は展望テラスとなっており、名護湾と沖縄の海を一望することができる。夕日を眺めるスポットでもあるので、通過の際には立ち寄ってみては。

施設紹介

レストラン
軽食&喫茶
ショップ
Wi-Fiスポット
ATM
障害者トイレ
インフォメーション
足湯
入浴施設
キャンプ場
宿泊施設
公園
ガソリンスタンド
EV充電施設

やんばる物産センターには、餅・まんじゅう屋「えびす」、パン工房「ラ・ガール」、パーラー、天ぷら屋、沖縄銘菓サーターアンダギー「三矢」、外間かまぼこ、おっぱじぇらーと工房、チョコもち工房、フードコート、売店が営業する。

名物&名産品

◆もずくの天ぷら

沖縄では天ぷらはおかずとしてではなく、おやつ感覚で食べるそうで、魚やイカ、紅ショウガのてんぷらなど全て1個100円で販売し、中でも沖縄最北端の島「伊平屋島」のもずくを使用したもずくの天ぷらが人気No.1!店内で揚げているので、揚げたて熱々をいただける。

◆許田そば
そばと名前に付くがそば粉は一切使わず、中華麺のような製法を用い小麦粉で作った麺を使用。沖縄県の郷土料理のひとつでもある。店によってスープや麺の形状が異なる。道の駅では軟骨ソーキと三枚肉がトッピングされた沖縄そばを味わえる。

◆おっぱじぇらーと工房

やんばる産の濃厚な牛乳を使用した種類豊富なジェラートや、飲むヨーグルト、牛乳、カフェオレ、ソフトクリームなどを販売。ジェラートは、紅いも、マンゴー、パッション・マンゴー・ヨーグルト、シークヮーサーヨーグルト、泡盛レーズンなど、沖縄らしいフレーバーも揃う。

道の駅周辺のおすすめスポット

◆古宇利大橋

名護市の屋我地島と、今帰仁村の古宇利島を結ぶ全長1960mの橋。エメラルドグリーンの海の上を走る絶景ロード。古宇利大橋を渡ってすぐ左手には、古宇利ビーチがあり、砂浜から橋を見ることができる。通行無料の橋では県内2番目の長さ。

◆今帰仁城跡

本部半島にあるグスクで、古代の城跡を見ることができる。標高100mにある城跡を囲むように石灰岩の石垣の城壁が残っている。高台から見る東シナ海と城壁の姿が美しい。世界遺産に認定されている。1月中旬から2月初めにはカンヒザクラが咲く桜の名所でもある。

【道の駅の詳細】
許田
住所 沖縄県名護市許田17-1
営業時間 8:30~19:00、フードコート10:30~18:30(18:00LO)
定休日 無休
駐車場 普通車270台 大型6台 障害者用3台
web  https://www.yanbaru-b.co.jp/
Instagram  https://www.instagram.com/kyodastagram/
Facebook  https://www.facebook.com/michinoekikyoda

ルートや思い出を記録・共有できるアプリを使ってツーリングに出かけよう!

ツーリングでたまたま通りかかった絶景が広がる峠道、川原へ降りられる休憩スポット、ふらっと立ち寄った地元のラーメン屋。
その瞬間でしか体験できないもの、見られない景色、旬の味。
バイクでツーリングする理由は、この瞬間を楽しみたくて走っている。同じ道でも同じシチュエーションであることは二度とない。
そんな瞬間を切り取って残せ、しかも仲間とその思い出を共有できるツーリングログアプリが『Riders Square』だ!

特徴① 走ったツーリングルートに写真をリンクして残せる!

アプリの使い方は至ってシンプル。ツーリングへ出かける時、RidersSquareのアプリを起動し、スタートすれば準備はOK。あとはアプリが走行したルートや時間を記録してくれる。ツーリング途中に撮った写真の場所や情報は、アプリ内のボタンでカメラを起動して撮影するとコメント欄が表示される。撮影した時に残しておきたいコメントなどを記入するから忘れずに残しておけるというわけだ。
また、ナビアプリ等との併用も可能。道案内はナビに任せ、バックグラウンドで同アプリが動き続けツーリングのログや写真のポイントを記録していく。

特徴② ツーリングの思い出を仲間と共有

ツーリングの思い出は個人で楽しめるが、公開することで登録されているユーザーに共有することもできる。共有したいマイルートは公開してもいいし、自分だけにとどめたいルートは非公開にするといった具合にツーリングごとに設定可能だ。ログには距離、時間が記録されているので、よりリアルにツーリングプランを組めるのもポイント。
SNSでもあまり発信されないようなメジャーではない、ちょっとしたバイクでの散歩ルートなども公開されていることがあるので、新たなツーリングルートの発見にもつながる! 
通行止め、凍結情報などライダーにとって大事な情報もシェアできるから、行った先で走れずガッカリ……ということも少なくなる。

【バイク乗り必見道の駅】 一覧マップ

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

冊子版モトメガネが手に入る!

Amazonのパークアップストアでのお買い物はこちらから

※ご購入の際は販売元がパークアップになっていることをご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次