MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【山形県】海沿い絶景ルートの休憩ポイント「道の駅 鳥海ふらっと 」【バイクツーリング道の駅探訪】

  • URLをコピーしました!
目次

道の駅の特徴

西は日本海、北は秋田県境に秀峰・鳥海山がある遊佐町は、庄内平野の北部、山形県の最北端の町。海と山、両方の美しい景観を楽しめ、日本海で獲れる天然の岩ガキやサクラマス、湧水で育つ庄内米、秋には鮭が遡上するなど、海の幸、山の幸と食が豊かな地域でもある。

道の駅は日本海側を南北に通るR7沿いに位置し、アクセスは抜群。駐車場は広々としており、直売所、特産品販売所、食堂、敷地内にラーメンやベーカリー工房などさまざまな店舗が揃っていて、多くの人が立ち寄る場所となっている。

道の駅メイン施設に入る特産品売り場では、庄内特産のだだちゃ豆の商品や、鮭の加工品など、地域の特産物の商品が数多く並ぶ。直売所では地元産の農産物・海産物を販売し、1年を通して多彩な旬の食材を買うことができる。鮮魚直売所では、魚介類を使った手作りの惣菜類も販売しており、購入した焼き魚や天ぷら、フライなどは食堂でご飯セットを注文して定食として味わえるのが嬉しい。

道の駅では地元の食を満喫できる。食堂では地域の特産品を使用した地産地消の食事を提供。定食やカレー、海鮮丼などを味わえ、中でもカキフライは道の駅のイチオシメニュー。ファーストフードコーナーでは、山形県産の「つや姫」のおにぎりや、山形名物の玉こんにゃく、店頭で焼く串焼きなど気軽に食べられる軽食メニューが充実。ラーメン店では飛び魚だしを使った特製スープのラーメンや手作りの餃子、ベーカリー工房では焼きたてパンが人気だ。

道の駅が面するR7は日本海、鳥海山に挟まれた山形県を南北に縦断するメインルートとなっている。山形県と秋田県をまたぐ鳥海ブルーラインは、眼下に日本海や庄内平野を望める絶景ルートでツーリングコースにもおすすめ。遊佐町のさまざまな味覚を楽しめる道の駅は、食事や休憩など、ツーリングの立ち寄りスポットに最適な場所だ。

施設紹介

レストラン
軽食&喫茶
ショップ
Wi-Fiスポット
ATM
障害者トイレ
インフォメーション
足湯
入浴施設
キャンプ場
宿泊施設
公園
ガソリンスタンド
EV充電施設

農産物直売所、鮮魚直売所、特産品売場、食堂「ふらっと」、ファーストフード、ラーメン「味の駅」、ベーカリー工房「ほっほ」。

名物&名産品

◆天然岩ガキ

春から夏にかけて日本海沿岸でとれる岩ガキは、庄内浜の夏の味覚。鳥海山のミネラル豊富な湧水が流れ込む海で育つ岩ガキは、クリーミーで超濃厚!直売所では自分で選んだものをその場で剥いてもらい、すぐに食べられる。大人気商品で、夏季限定、数量限定品。

◆銀カレイ焼き
脂がのった銀ガレイを串に刺し、店頭でじっくりと焼き上げている。大きめの切り身でボリュームもしっかり。焼きたてが絶品だ。鮮魚直売所「元気な浜店」の大人気定番メニュー。食堂でご飯セットと一緒に定食で食べるのがおすすめ。

◆いくら丼と海鮮丼
オリジナルの調味液で味付けしたいくらを贅沢に使ったいくら丼。山形県産の「つや姫」のご飯に、遊佐町産のいくらがたっぷりとのっている。うに、いくら、マグロ、のどぐろなどがのった海鮮丼は食堂1番人気のメニュー。

道の駅周辺のおすすめスポット

◆鳥海温泉 あぽん西浜
海浜のクロマツ林に湧く温泉。泉質はナトリウム塩化物泉で、体が芯から温まる。大浴場と露天風呂にはそれぞれ違う源泉の湯を使用しており、2種類の温泉を楽しめる。6時から営業し、料金は大人400円。鳥海温泉の源泉を利用した、24時間利用できる無料の足湯も設置されている。

◆鳥海ブルーライン

海抜ゼロから一気に1100メートルまで上がる、総延長 34.9kmの山岳観光道路。日本海をはじめ、天気のいい日には飛島や佐渡島、男鹿半島も望める絶景ルートで、鳥海山麓をクネクネと曲がる道は走りも楽しめる。紅葉の名所としても知られている。10月下旬~4月下旬は冬季閉鎖となる。

【道の駅の詳細】
鳥海ふらっと
住所 山形県飽海郡遊佐町菅里字菅野308-1
営業時間 9:00~18:00(12~2月9:00~17:00)
     直売所(農産物・鮮魚)9:00~17:00(12~2月9:00~16:30)
     食堂9:30~18:00(12~2月 9:30~17:00)
     ファーストフード9:00~18:00(12~2月9:00~17:00)
     ラーメン「味の駅」10:30~18:00(12~2月10:30~17:00)
     ベーカリー工房「ほっほ」8:30~17:00(12~2月8:30~17:00)
定休日 1/1
駐車場 普通車197台 大型12台 障害者用4台
web  http://www.chokai-flat.com/
Instagram  https://www.instagram.com/michinoeki.chokai.flat/

ルートや思い出を記録・共有できるアプリを使ってツーリングに出かけよう!

ツーリングでたまたま通りかかった絶景が広がる峠道、川原へ降りられる休憩スポット、ふらっと立ち寄った地元のラーメン屋。
その瞬間でしか体験できないもの、見られない景色、旬の味。
バイクでツーリングする理由は、この瞬間を楽しみたくて走っている。同じ道でも同じシチュエーションであることは二度とない。
そんな瞬間を切り取って残せ、しかも仲間とその思い出を共有できるツーリングログアプリが『Riders Square』だ!

特徴① 走ったツーリングルートに写真をリンクして残せる!

アプリの使い方は至ってシンプル。ツーリングへ出かける時、RidersSquareのアプリを起動し、スタートすれば準備はOK。あとはアプリが走行したルートや時間を記録してくれる。ツーリング途中に撮った写真の場所や情報は、アプリ内のボタンでカメラを起動して撮影するとコメント欄が表示される。撮影した時に残しておきたいコメントなどを記入するから忘れずに残しておけるというわけだ。
また、ナビアプリ等との併用も可能。道案内はナビに任せ、バックグラウンドで同アプリが動き続けツーリングのログや写真のポイントを記録していく。

特徴② ツーリングの思い出を仲間と共有

ツーリングの思い出は個人で楽しめるが、公開することで登録されているユーザーに共有することもできる。共有したいマイルートは公開してもいいし、自分だけにとどめたいルートは非公開にするといった具合にツーリングごとに設定可能だ。ログには距離、時間が記録されているので、よりリアルにツーリングプランを組めるのもポイント。
SNSでもあまり発信されないようなメジャーではない、ちょっとしたバイクでの散歩ルートなども公開されていることがあるので、新たなツーリングルートの発見にもつながる! 
通行止め、凍結情報などライダーにとって大事な情報もシェアできるから、行った先で走れずガッカリ……ということも少なくなる。

【バイク乗り必見道の駅】 一覧マップ

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次