MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【北海道】牡蠣好きのパラダイス「道の駅 厚岸グルメパーク」【バイクツーリング道の駅探訪】

  • URLをコピーしました!
目次

道の駅の特徴

道の駅のある厚岸町は北海道の南東部にある町で、釧路市と根室市のほぼ中間に位置。南は太平洋に面し、2021年3月には町内にある別寒辺牛湿原や厚岸湖などが「厚岸霧多布昆布森国定公園」の指定区域となった、手つかずの自然が残る場所となっている。産業では水産業や酪農が盛んで、厚岸町で育てられる生食用のカキは1年中出荷が行われている。

道の駅は、道道123号沿いの厚岸湾と厚岸湖を望める見晴らしのいい高台に位置。建物3階にある展望室からの眺めはもちろん、駐車場からも景色を一望できる。駅名の通り、厚岸のグルメが集まる場所となっており、特に、特産のカキはさまざまなメニューを堪能できる。

道の駅からの眺め

道の駅には4つの飲食店が入っており、それぞれでカキ料理を提供。1階にある「オイスターカフェ」では蒸しガキや「牡蠣の空あげ」など、厚岸産カキを使った軽食や、オリジナルのソフトクリーム「オイスター☆モカ」を販売。2階の「レストランエスカル」は、メニュー数が豊富で、和洋食のさまざまなカキ料理を味わうことができる。「炭焼炙屋」では、魚介市場で買った食材で海鮮バーベキューを楽しめ、「オイスターバールピトレスク」では、カキのピザやパスタ、生カキ3種食べ比べなどが食べられる。

売店では、地元の特産品や道の駅オリジナルの商品を販売。カキの佃煮や牡蠣最中、カキ醤油など、カキを使ったお土産品が豊富に揃い、運がよければ厚岸産のウイスキーも買うことができる。

釧路町、厚岸町、浜中町を通る北太平洋シーサイドラインは、海の青さと草原の緑のコントラストを楽しめる絶景の道。その途中にある道の駅は厚岸グルメを満喫できる場所として、ツーリングの目的地にもピッタリだ。

施設紹介

オイスターカフェのソフトクリーム。モカ味。
レストラン
軽食&喫茶
ショップ
Wi-Fiスポット
ATM
障害者トイレ
インフォメーション
足湯
入浴施設
キャンプ場
宿泊施設
公園
ガソリンスタンド
EV充電施設

総合展示販売コーナー、飲食店4店舗「オイスターカフェ」、「レストランエスカル」、「炭焼炙屋」、「オイスターバールピトレスク」、水族館「プティ」、展望室、屋外にドッグランを併設。

名物&名産品

◆牡蠣

厚岸産生牡蠣厚岸では全国で唯一、生食用のカキを通年出荷している。厚岸で養殖されるカキは3種類。丸くて小ぶりの「カキえもん」は旨味がぎゅっと詰まっている。身が締まった「弁天かき」は濃厚な味。身がしっかりと詰まった「マルえもん」は三陸で生まれたカキ種を厚岸で育てている。食べ比べて味の違いを楽しみたい。

◆元祖バケツ牡蠣
豪快にバケツで蒸した酒蒸しの牡蠣を楽しめる道の駅名物料理。カキは1缶10個入り。できるまで時間が少しかかるが、濃縮されたカキの旨みを味わうことができるので、シンプルにカキのおいしさを味わいたい人におすすめだ。

◆かきぶた合戦丼
「レストランエスカル」の人気メニュー。「はまなか ほえいとん」の豚丼に、大粒のカキフライが3個のってボリュームも満点。衣がサクサクのカキフライはレストラン自慢の一品だ。カキと北海道名物の豚丼、どちらも味わいたい人におすすめ。

道の駅周辺のおすすめスポット

◆原生花園あやめヶ原
標高約100メートルにある原生花園では、6月中旬から7月上旬にヒオウギアヤメの花が咲き、辺り一面がムラサキ色に染まる光景が楽しめる。5~10月にかけて100種類以上の草花を見ることができる。

◆別寒辺牛湿原
ラムサール条約登録湿地に認定されており、ほとんど人の手が入っていない大自然のままの姿を見ることができる。夏には別寒辺牛川のカヌーツーリングを実施しており、大自然の絶景を体験できる。湿原ではさまざまな野鳥を観察することができる。

【道の駅の詳細】
厚岸グルメパーク
住所 北海道厚岸郡厚岸町住の江町2-2
営業時間 9:00~20:00(4~10月)10:00~19:00(11~12月)10:00~18:00(1~3月)
オイスターカフェ9:00~17:00(4~9月)10:00~16:00(10~3月)
レストラン エスカル11:00~19:30(19:00 LO)(4~9月)11:00~19:00(18:30 LO)(10~12月)11:00~18:00(17:30 LO)(1~3月)
炭焼炙屋11:00~20:00(19:00 LO)(4~9月)11:00~19:00(18:00 LO)(10~12月)11:00~18:00(17:00 LO)(1~3月)
オイスターバール ピトレスク11:00~20:00(19:30 LO)(4~9月)11:00~19:00(18:30 LO)(10~12月)(1~3月)11:00~18:00(17:30 LO)
定休日 月曜(祝日の場合は翌日)※7・8月は無休
駐車場 普通車105台 大型5台 障害者用2台
web  https://www.conchiglie.net/
Instagram  https://www.instagram.com/akkeshi.conchiglie/
Facebook  https://www.facebook.com/akkeshi.conchiglie/

ルートや思い出を記録・共有できるアプリを使ってツーリングに出かけよう!

ツーリングでたまたま通りかかった絶景が広がる峠道、川原へ降りられる休憩スポット、ふらっと立ち寄った地元のラーメン屋。
その瞬間でしか体験できないもの、見られない景色、旬の味。
バイクでツーリングする理由は、この瞬間を楽しみたくて走っている。同じ道でも同じシチュエーションであることは二度とない。
そんな瞬間を切り取って残せ、しかも仲間とその思い出を共有できるツーリングログアプリが『Riders Square』だ!

特徴① 走ったツーリングルートに写真をリンクして残せる!

アプリの使い方は至ってシンプル。ツーリングへ出かける時、RidersSquareのアプリを起動し、スタートすれば準備はOK。あとはアプリが走行したルートや時間を記録してくれる。ツーリング途中に撮った写真の場所や情報は、アプリ内のボタンでカメラを起動して撮影するとコメント欄が表示される。撮影した時に残しておきたいコメントなどを記入するから忘れずに残しておけるというわけだ。
また、ナビアプリ等との併用も可能。道案内はナビに任せ、バックグラウンドで同アプリが動き続けツーリングのログや写真のポイントを記録していく。

特徴② ツーリングの思い出を仲間と共有

ツーリングの思い出は個人で楽しめるが、公開することで登録されているユーザーに共有することもできる。共有したいマイルートは公開してもいいし、自分だけにとどめたいルートは非公開にするといった具合にツーリングごとに設定可能だ。ログには距離、時間が記録されているので、よりリアルにツーリングプランを組めるのもポイント。
SNSでもあまり発信されないようなメジャーではない、ちょっとしたバイクでの散歩ルートなども公開されていることがあるので、新たなツーリングルートの発見にもつながる! 
通行止め、凍結情報などライダーにとって大事な情報もシェアできるから、行った先で走れずガッカリ……ということも少なくなる。

【バイク乗り必見道の駅】 一覧マップ

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次