MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【沖縄】辺戸岬への道/県道58号〜沖縄本島最北端から太平洋と東シナ海を望む〜【バイク・車でツーリングしたい日本百名道・No.103】

  • URLをコピーしました!
目次

道の概要

沖縄本島の西側を南北に通る国道58号。メインストリートであるこの道を名護市の羽地周辺からさらに北上すると、そのほとんどが海岸線を走ることになり、左手に東シナ海を臨みながら開放感あふれるツーリングを満喫することができる。

沖縄県北部は『やんばる(山原)』と呼ばれ、森林豊かな地域を指す。北上するほどに信号は少なくなり、緩やかなカーブが連続する快走路が待っている。ついついアクセルを回す手に力が入ってしまいがちだが、そこは自制してオトナのツーリングを楽しみたいところ。飛ばす車両が多いため速度超過の取り締まりも厳しくなっているのが現状だ。また名護以北はガソリンスタンドが少なくなるため、事前に給油しておくと安心。

沖縄本島最北端の辺戸岬まで辿り着けば、東側の太平洋と西側の東シナ海を同時に観られる大観望が目前に広がる。天気が良ければ鹿児島県の与論島も眺めることができる。

沖縄本島の国道58号をそのまま東方面へ進むと県道70号へと変わる。海岸線を進んでいた国道58号と景色は一変し、山中を走るワインディングロードが中心となる。道幅が狭く森林の中を走る道は急カーブも多く、さらに地元の高齢者が現役ドライバーとして運転している。スピードの出し過ぎには注意したい。

夏は南国特有の通り雨(スコール)が頻繁にあるが、10分もすると止むことは多い。
近年増えている線状降水帯による大雨や台風の通過直後は、土砂崩れ、通行止めが発生する場合がある。通行には注意が必要なのと、道路情報はインターネットでチェックしておきたい。

お薦めのシーズン

  1. 春か秋 ※真夏は日差しがキツイのと通り雨(スコール)があるので注意!

周辺立ち寄りポイント

◆名護城公園
公園全体が山にありハイキングコースとなっている。頂上付近までバイクで登れる道があり、展望台からは名護の市街地が望め、その向こうに海が広がっている。夏でも涼しく、風が抜ける展望台は最高の休憩ポイントだ。比較的に空いているので穴場スポットでもある。駐車場無料。

◆道の駅おおぎみ
2020年2月に(場所を少し移動して)リニューアルされた道の駅おおぎみ。国道58号線沿いにあり、広い駐車場が完備され利用しやすい。地元野菜や果物の販売、軽食コーナーあり。


◆道の駅ゆいゆい国頭
国道58号線沿いにある道の駅。お土産品、特産品が販売され地元飲食店も出店ししている。ツーリング時の休憩や食事をとるポイントとして最適。地元の人でも常に賑わっている。

◆オクラレルカの花畑
道の駅ゆいゆい国頭の近く(裏手)にある花畑。薄紫色の華やかなオクラレルカが3月下旬頃から見頃を迎える。花畑の脇にバイクを止めて
一緒に撮影することも可能。

◆山の駅 高江共同売店
県道70号は自然豊かな道が続き、コンビニはもちろんスーパーやお店もない。その中で『山の駅 高江共同売店』が休憩スポットとして利用されている。ちょっとしたパンやお菓子、アイス、飲み物が売られている他、地元住民向けの生活雑貨も置かれている。沖縄そばなどが食べられる軽食コーナーもできたが、不定休なので要注意! 

◆道の駅 やんばるパイナップルの丘 安波
2022年3月に新しくできた道の駅。物販コーナーやカフェコーナーあり。屋上にも休憩スペースはあるが、夏は強い日差しにさらされるため長居はちょっと厳しいかも。

DATA
総延長:約45km(名護市から辺戸岬)
道の駅:おおぎみ、ゆいゆい国頭、やんばるパイナップルの丘
アクセス:国道58号〜県道70号
冬季閉鎖:なし
道路情報参照ページ:JARTIC道路交通情報 Wikipedia(国道58号

ルートや思い出を記録・共有できるアプリを使ってツーリングに出かけよう!

ツーリングでたまたま通りかかった絶景が広がる峠道、川原へ降りられる休憩スポット、ふらっと立ち寄った地元のラーメン屋
その瞬間でしか体験できないもの、見られない景色、旬の味。
バイクでツーリングする理由は、この瞬間を楽しみたくて走っている。同じ道でも同じシチュエーションであることは二度とない。
そんな瞬間を切り取って残せ、しかも仲間とその思い出を共有できるツーリングログアプリが『Riders Square』だ!

特徴① 走ったツーリングルートに写真をリンクして残せる!

アプリの使い方は至ってシンプル。ツーリングへ出かける時、RidersSquareのアプリを起動し、スタートすれば準備はOK。あとはアプリが走行したルートや時間を記録してくれる。ツーリング途中に撮った写真の場所や情報は、アプリ内のボタンでカメラを起動して撮影するとコメント欄が表示される。撮影した時に残しておきたいコメントなどを記入するから忘れずに残しておけるというわけだ。
また、ナビアプリ等との併用も可能。道案内はナビに任せ、バックグラウンドで同アプリが動き続けツーリングのログや写真のポイントを記録していく。

特徴② ツーリングの思い出を仲間と共有

ツーリングの思い出は個人で楽しめるが、公開することで登録されているユーザーに共有することもできる。共有したいマイルートは公開してもいいし、自分だけにとどめたいルートは非公開にするといった具合にツーリングごとに設定可能だ。ログには距離、時間が記録されているので、よりリアルにツーリングプランを組めるのもポイント。
SNSでもあまり発信されないようなメジャーではない、ちょっとしたバイクでの散歩ルートなども公開されていることがあるので、新たなツーリングルートの発見にもつながる! 
通行止め、凍結情報などライダーにとって大事な情報もシェアできるから、行った先で走れずガッカリ……ということも少なくなる。

【バイク・車で走りたい日本百名道】一覧MAP

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次