MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【岡山】岡山ブルーライン/県道397号線 〜 瀬戸内海の眺望とのどかな田園風景を走る快走路〜[バイク・車でツーリングしたい日本百名道・No.76]

  • URLをコピーしました!
目次

道の概要

国道2号線のバイパスと観光を意識してつくられた元有料道路。山陽自動車道路の開通に伴って2004年に無料化された。ブルーラインという言葉からはおだやかな瀬戸内海と島々を想像するが、実際に海が見える場所は備前市側の片上大橋付近だけである。

元有料道路だったので、沿線上にはいくつかのICが現在も残っている。岡山市側からは、国道2号線を君津ICから分岐して入るとまず広がる一面の水田。しばらくすると、展望はそれほどではないが直線とヘアピン、アップダウンが連続する山岳ワインディングロードに変貌する。「岡山ブルーライン」は片側1車線が続き、他の道路とは全て立体交差で交わる。信号は道の駅の前に1ヶ所だけという非常に運転しやすい道路である。交通量はやや多いが混雑するというほどではなく、走りを充分に満足させてくれる。

沿線には2つの道の駅があり、一本松展望園は瀬戸内海の展望がよい場所で、農産物の販売やレストラン、ミニ鉄道公園もあり週末は家族連れも多い。黒井山グリーンパークは桜の名所として有名で、農産物の販売所がある。
黒井山の道の駅を過ぎると、この道のクライマックスの片上大橋が現れる。橋の両岸にある駐車スペースにバイクをおいて、のんびりと橋のたもとから眺める牡蠣いかだが広がる瀬戸内海は、なんとも言えない魅力がある。

片上大橋をさらに美しく見るには近くの夕立受山(ゆうだちうけやま)の展望台に登るとよい。駐車場から10分の道のりが絶景を約束してくれる。

お薦めのシーズン

  1. 青空の輝く夏から秋にかけて。

周辺立ち寄りポイント

◆夕立受山展望台
ブルーラインの備前ICを下りて、国道260号を東へ進むと案内看板を右折して登ると山の中腹の駐車場に着く。ここから遊歩道を進むと頂上の展望公園があり、絶景の眺望が広がる。

◆牛窓
一本松ICまたは邑久ICから南へ車で約12~15分のアクセス。牛窓オリーブ園やパワースポット「牛窓神社」がお薦め。

◆日生の「カキオコ」
備前ICで降りて国道250号線を東に進むと日生(ひなせ)なので、ぜひ岡山県のご当地グルメ「カキオコ(カキ入りお好み焼き)」を食してみよう。

DATA
総延長:約32km
道の駅:黒い山グリーンパーク、一本松展望園
アクセス:
 ・岡山市/国道2号線~君津IC
 ・備前市/山陽自動車道・備前IC~県道260号~蕃山(しげやま)IC
冬季閉鎖:なし
道路情報参照ページ:JARTIC道路交通情報 岡山ブルーライン

ルートや思い出を記録・共有できるアプリを使ってツーリングに出かけよう!

ツーリングでたまたま通りかかった絶景が広がる峠道、川原へ降りられる休憩スポット、ふらっと立ち寄った地元のラーメン屋
その瞬間でしか体験できないもの、見られない景色、旬の味。
バイクでツーリングする理由は、この瞬間を楽しみたくて走っている。同じ道でも同じシチュエーションであることは二度とない。
そんな瞬間を切り取って残せ、しかも仲間とその思い出を共有できるツーリングログアプリが『Riders Square』だ!

特徴① 走ったツーリングルートに写真をリンクして残せる!

アプリの使い方は至ってシンプル。ツーリングへ出かける時、RidersSquareのアプリを起動し、スタートすれば準備はOK。あとはアプリが走行したルートや時間を記録してくれる。ツーリング途中に撮った写真の場所や情報は、アプリ内のボタンでカメラを起動して撮影するとコメント欄が表示される。撮影した時に残しておきたいコメントなどを記入するから忘れずに残しておけるというわけだ。
また、ナビアプリ等との併用も可能。道案内はナビに任せ、バックグラウンドで同アプリが動き続けツーリングのログや写真のポイントを記録していく。

特徴② ツーリングの思い出を仲間と共有

ツーリングの思い出は個人で楽しめるが、公開することで登録されているユーザーに共有することもできる。共有したいマイルートは公開してもいいし、自分だけにとどめたいルートは非公開にするといった具合にツーリングごとに設定可能だ。ログには距離、時間が記録されているので、よりリアルにツーリングプランを組めるのもポイント。
SNSでもあまり発信されないようなメジャーではない、ちょっとしたバイクでの散歩ルートなども公開されていることがあるので、新たなツーリングルートの発見にもつながる! 
通行止め、凍結情報などライダーにとって大事な情報もシェアできるから、行った先で走れずガッカリ……ということも少なくなる。

【バイク・車で走りたい日本百名道】一覧MAP

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネch開設記念キャンペーン中

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次