MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【奈良/和歌山】高野龍神スカイライン/国道371号線 〜 紀伊半島屈指のスカイライン〜[バイク・車でツーリングしたい日本百名道・No.70]

  • URLをコピーしました!
目次

道の概要

紀伊半島の霊峰高野山から紀伊半島最高峰の護摩壇山(ごまだんざん)をへて龍神温泉を結ぶ国道371号線。2003年10月から無料化された。山岳地帯を南北に走る紀伊半島屈指のスカイライン。

道路は大変よく整備されており、アップダウン、ヘアピンから高速コーナー、展望の開けたスカイラインから険しい崖っぷちを十分過ぎるほどに堪能できる道だ。ただ、信州方面と比べ、山の景色変化が少ない印象は否めない。ごまさんタワーから森林公園ワイルドライフ、龍神に下る道はなかなかの迫力である。

難点はここにいたるアクセス道路。北側は高野山を控え、多くの観光バスがやってくる国道370号線は、高野山まで狭い道が続く。南側は引き続く快走路の424号が和歌山方面と白浜方面を結ぶが、距離がある。高野山と龍神温泉のセットでゆったりと走るのがよいかもしれない。

お薦めのシーズン

  1. 新緑や紅葉の時期。紅葉の時期はやや混雑する。

周辺立ち寄りポイント

◆高野山金剛峯寺
高野山は、平安時代のはじめに空海(弘法大師)によって、開かれた真言密教の聖地。「金剛峯寺」という名称は、空海が『金剛峯楼閣一切瑜伽瑜祇経 こんごうぶろうかくいっさいゆがゆぎきょう』というお経より名付けられた。2004年7月に『紀伊山地の霊場と参詣道』として世界遺産に登録された。

◆鶴姫公園展望台
奈良側で360度の眺望が楽しめる展望台。星の撮影で写真家も多い。スカイラインから狭い道を登っていくので注意しよう。

◆ドライブイン花園あじさい園
標高1040mの山上で花を楽しめるドライブイン。建物の周辺には花園が広がり、春は1000株のシャクナゲ、夏は3500株のアジサイが楽しめる。開花期の眺めは圧巻だ。レストランではアマゴや猪肉などの特色あるメニューを提供している。

◆ごまさんスカイタワー
高野龍神スカイラインの中間点に位置しスカイライン走行の中間休憩地となっている。高さ33mの塔は、護摩壇山の史実にちなんで設計され護摩木を積み上げた独特のもの。入場料300円

DATA
総延長:約42km
道の駅:田辺市龍神ごまさんスカイタワー、龍神
アクセス:
・大阪側/国道310号~国道371号で高野山 または国道371号で高野山
・和歌山側/阪和自動車道・和歌山IC~国道24号~国道480号
・奈良側/京奈和自動車道・橋本IC~国道371号
冬季閉鎖:12月中旬~3月下旬
道路情報参照ページ:JARTIC道路交通情報 Wikipedia(高野龍神スカイライン)

ルートや思い出を記録・共有できるアプリを使ってツーリングに出かけよう!

ツーリングでたまたま通りかかった絶景が広がる峠道、川原へ降りられる休憩スポット、ふらっと立ち寄った地元のラーメン屋
その瞬間でしか体験できないもの、見られない景色、旬の味。
バイクでツーリングする理由は、この瞬間を楽しみたくて走っている。同じ道でも同じシチュエーションであることは二度とない。
そんな瞬間を切り取って残せ、しかも仲間とその思い出を共有できるツーリングログアプリが『Riders Square』だ!

特徴① 走ったツーリングルートに写真をリンクして残せる!

アプリの使い方は至ってシンプル。ツーリングへ出かける時、RidersSquareのアプリを起動し、スタートすれば準備はOK。あとはアプリが走行したルートや時間を記録してくれる。ツーリング途中に撮った写真の場所や情報は、アプリ内のボタンでカメラを起動して撮影するとコメント欄が表示される。撮影した時に残しておきたいコメントなどを記入するから忘れずに残しておけるというわけだ。
また、ナビアプリ等との併用も可能。道案内はナビに任せ、バックグラウンドで同アプリが動き続けツーリングのログや写真のポイントを記録していく。

特徴② ツーリングの思い出を仲間と共有

ツーリングの思い出は個人で楽しめるが、公開することで登録されているユーザーに共有することもできる。共有したいマイルートは公開してもいいし、自分だけにとどめたいルートは非公開にするといった具合にツーリングごとに設定可能だ。ログには距離、時間が記録されているので、よりリアルにツーリングプランを組めるのもポイント。
SNSでもあまり発信されないようなメジャーではない、ちょっとしたバイクでの散歩ルートなども公開されていることがあるので、新たなツーリングルートの発見にもつながる! 
通行止め、凍結情報などライダーにとって大事な情報もシェアできるから、行った先で走れずガッカリ……ということも少なくなる。

【バイク・車で走りたい日本百名道】一覧MAP

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次