MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【滋賀】奥琵琶湖パークウェイ 〜 琵琶湖を横目に走る人気快走路〜[バイク・車でツーリングしたい日本百名道・No.67]

  • URLをコピーしました!
目次

道の概要

琵琶湖の北岸に突き出した小さな葛籠尾(つづらお)半島沿いを走り、都市化されない美しい琵琶湖北部を快走する観光道路。周辺にはさまざまな観光施設が整備され、春から秋のレジャーとして利用されている。18.8kmのドライブウェイには、樹齢30年から40年の桜が約3000本咲き乱れ、桜トンネルの走行が楽しめる。走行は西側の菅浦方面から進入する。

折角の琵琶湖北岸なので、奥琵琶湖だけでなく、連続する海津大崎の湖岸道路も一緒に楽しもう。国道161号線の海津で県道557号に入り、そのまま桜の名所でもある海津大崎を巡る道を走る。ここは湖面のすぐ隣を走るシーサイドロードで、晴れた日には、青い琵琶湖と青空の真ん中を走っている感覚になる。南側に広がる日本一の琵琶湖の広大さを感じながら、東に向って快走する。

湖岸道路をそのまま継続しながら奥琵琶湖パークウェイに走り込むと、山岳道路を思わせる登りのワインディングが出迎えてくれる。山岳部分ではこの道のハイライトとも言えるつづら尾崎展望台があり、奥琵琶湖と竹生(ちくぶ)島の自然美を楽しむことができる。つづら尾崎展望台は整備された広い駐車場やレストラン、お土産物店があり、休憩にも最適な場所だ。

つづら尾崎展望台〜岩熊間は、一方通行の1車線道路なので対向車は来ないが、土砂崩れが頻繁に起こり、補修工事が入ると通行止めになることがある。その場合はつづら尾崎展望台までの往復走行になる。

道路は元有料道路ということもあり、また観光地としても発展しているので、よく整備されていて走りやすい。春は桜、夏は青空と緑、秋は紅葉の中を、湖を眺めながらさわやかな雰囲気の中で快走できる道だ。

お薦めのシーズン

  1. 春から秋にかけて、桜、秋の紅葉の時期がレジャー施設もあり年間を通して楽しめる。

周辺立ち寄りポイント

◆つづら尾崎展望台
レストラン、お土産店、恋人の聖地がある。この道の眺望休憩ポイント。

◆マキノ メタセコイワ並木道
県道小荒路牧野沢線の、延長2.4kmにわたってメタセコイアが約500本植えられ、遠景となる野坂山地の山々とも調和している。道路沿いにある高島市農業公園マキノピックランドに広い駐車場がある。

◆賤ヶ岳
羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)と柴田勝家の決戦の舞台で、今は賤ヶ岳古戦場として、歴史ファンがたくさん訪れている。賤ヶ岳リフトで6分登ると、琵琶湖や余呉湖、竹生島や伊吹山が一望できる。

◆黒壁スクエア
琵琶湖東岸の長浜きってのおしゃれな観光スポット。北国街道沿いに残る古い町並みの一角にあり、江戸時代から明治時代にかけての歴史ある建物群を活用したガラスショップや体験工房などが並ぶ。

DATA
総延長:約18.8km
道の駅:塩津海道あぢかまの里、マキノ追坂峠
アクセス:国道161号~海津~県道557号~大浦~県道513í号
営業時間:8時~20時
冬季閉鎖:12月~3月末
道路情報参照ページ:JARTIC道路交通情報 Wikipedia(奥琵琶湖パークウェイ)

ルートや思い出を記録・共有できるアプリを使ってツーリングに出かけよう!

ツーリングでたまたま通りかかった絶景が広がる峠道、川原へ降りられる休憩スポット、ふらっと立ち寄った地元のラーメン屋
その瞬間でしか体験できないもの、見られない景色、旬の味。
バイクでツーリングする理由は、この瞬間を楽しみたくて走っている。同じ道でも同じシチュエーションであることは二度とない。
そんな瞬間を切り取って残せ、しかも仲間とその思い出を共有できるツーリングログアプリが『Riders Square』だ!

特徴① 走ったツーリングルートに写真をリンクして残せる!

アプリの使い方は至ってシンプル。ツーリングへ出かける時、RidersSquareのアプリを起動し、スタートすれば準備はOK。あとはアプリが走行したルートや時間を記録してくれる。ツーリング途中に撮った写真の場所や情報は、アプリ内のボタンでカメラを起動して撮影するとコメント欄が表示される。撮影した時に残しておきたいコメントなどを記入するから忘れずに残しておけるというわけだ。
また、ナビアプリ等との併用も可能。道案内はナビに任せ、バックグラウンドで同アプリが動き続けツーリングのログや写真のポイントを記録していく。

特徴② ツーリングの思い出を仲間と共有

ツーリングの思い出は個人で楽しめるが、公開することで登録されているユーザーに共有することもできる。共有したいマイルートは公開してもいいし、自分だけにとどめたいルートは非公開にするといった具合にツーリングごとに設定可能だ。ログには距離、時間が記録されているので、よりリアルにツーリングプランを組めるのもポイント。
SNSでもあまり発信されないようなメジャーではない、ちょっとしたバイクでの散歩ルートなども公開されていることがあるので、新たなツーリングルートの発見にもつながる! 
通行止め、凍結情報などライダーにとって大事な情報もシェアできるから、行った先で走れずガッカリ……ということも少なくなる。

【バイク・車で走りたい日本百名道】一覧MAP

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次