MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【京都】嵐山高雄パークウェイ 〜 展望台や遊園地も!ツーリング以外でも訪れたくなる観光道路〜[バイク・車でツーリングしたい日本百名道・No.62]

  • URLをコピーしました!
目次

道の概要

『嵐山高雄パークウエイ』は、京都観光のメッカ「嵐山」と自然がいっぱいの「高雄」をつなぐ有料の観光道路である。その美しい景観を楽しめる展望台はもちろん、ファミリーで楽しめる遊園地などのレジャー施設も充実! 周辺散策にも便利な大駐車場を完備したレジャーエリアで、紅葉の時期を除けば車のイベントも可能となっている。まさにパークウェイである。

京都の奥座敷、嵯峨野は大人の雰囲気が魅力で人気がある。その嵯峨野の化野(あだしの)念仏寺裏から清滝口からパークウェイに入ると、最初のヘアピンが終わった場所から見る景色はまるで日本庭園の中。こんな美しい中を走れる喜びに浸ることができる。いくつかある展望台の中でパークウェイ一番の展望と言われているのが保津峡展望台だ。山々に囲まれた保津川、その清流を下っていく舟の姿。また旧山陰線を走るトロッコ列車が橋を渡るシーンも狙ってみたい。この他、愛宕前展望台、菖蒲が丘展望台など、いたるところに展望台が用意してある。

有料道路なので、路面状況はよく、タイトすぎるヘアピンはなく、直線道路とゆるやかなカーブが連続する大変走りやすい道である。二輪車は平日しか走れないが、逆に言うと車の少ない環境の中で走れるということでもある。

菖蒲谷池周辺の遊園地から高雄口までは、紅葉を見ながらのドライブが楽しめる。紅葉の合間を走る魅惑のストレート道路を終えてカーブに入ると、太陽の光具合で、紅葉のトンネルがオレンジ色に輝く。

嵐山、嵯峨野の寺社周辺は、大勢の観光客でちょっと雰囲気が壊れるが、こちらの道路は、紅葉の時でも比較的すいていて、京都の奥深い山々の紅葉を十分に楽しむことができる。そして、走りも充分に満足させてくれる素晴らしい道だ。

お薦めのシーズン

  1. レジャー施設もあり年間を通して楽しめるが、秋の紅葉時期が一番美しい。

周辺立ち寄りポイント

◆保津峡展望台
コース随一の展望を誇る場所。駐車場は2箇所あるが、第一が展望台の目の前でお薦め。

◆愛宕前展望台
自然に囲まれた市内一高い山、愛宕山。京都の人々から愛宕さんと親しまれる標高924mの愛宕山の景観と、向い側には京都市街を一望できる展望台。愛宕山展望台大文字展望テラスに「かわら投げコーナー」が開設された。

◆菖蒲が丘展望台
洛西いから京都市内、東山方面までの展望が楽しめる。

◆神護寺
神護寺は真言宗の名刹で、「空海」が、東寺や高野山の経営に当たる以前にいた寺であるとともに「最澄」も法華経の講義をしたことがあると言われているため、日本仏教史上では大変重要な寺院とされている。京都屈指の紅葉の名所として多くの観光客が訪れる。

DATA
総延長:約○○ km
道の駅:ガレリアかめおか
アクセス:
・嵐山清滝口/丸太町通り 清滝道交差点~府道29号~化野念仏寺付近に入口
・髙雄口/国道9号 五条天神川交差点~国道162号(周山街道)で9㎞
料金:二輪/850円(125cc以下は不可)※二輪車は土日・祝日の走行禁止、普通車/1200円(HP・JAF割引で1050円)
冬季閉鎖:なし
道路情報参照ページ:JARTIC道路交通情報 Wikipedia(嵐山高雄パークウェイ)

ルートや思い出を記録・共有できるアプリを使ってツーリングに出かけよう!

ツーリングでたまたま通りかかった絶景が広がる峠道、川原へ降りられる休憩スポット、ふらっと立ち寄った地元のラーメン屋
その瞬間でしか体験できないもの、見られない景色、旬の味。
バイクでツーリングする理由は、この瞬間を楽しみたくて走っている。同じ道でも同じシチュエーションであることは二度とない。
そんな瞬間を切り取って残せ、しかも仲間とその思い出を共有できるツーリングログアプリが『Riders Square』だ!

特徴① 走ったツーリングルートに写真をリンクして残せる!

アプリの使い方は至ってシンプル。ツーリングへ出かける時、RidersSquareのアプリを起動し、スタートすれば準備はOK。あとはアプリが走行したルートや時間を記録してくれる。ツーリング途中に撮った写真の場所や情報は、アプリ内のボタンでカメラを起動して撮影するとコメント欄が表示される。撮影した時に残しておきたいコメントなどを記入するから忘れずに残しておけるというわけだ。
また、ナビアプリ等との併用も可能。道案内はナビに任せ、バックグラウンドで同アプリが動き続けツーリングのログや写真のポイントを記録していく。

特徴② ツーリングの思い出を仲間と共有

ツーリングの思い出は個人で楽しめるが、公開することで登録されているユーザーに共有することもできる。共有したいマイルートは公開してもいいし、自分だけにとどめたいルートは非公開にするといった具合にツーリングごとに設定可能だ。ログには距離、時間が記録されているので、よりリアルにツーリングプランを組めるのもポイント。
SNSでもあまり発信されないようなメジャーではない、ちょっとしたバイクでの散歩ルートなども公開されていることがあるので、新たなツーリングルートの発見にもつながる! 
通行止め、凍結情報などライダーにとって大事な情報もシェアできるから、行った先で走れずガッカリ……ということも少なくなる。

【バイク・車で走りたい日本百名道】一覧MAP

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次