MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【北海道】宗谷国道/国道238号線 〜 日本最北端の宗谷岬と紋別を結ぶシーサイドライン〜[バイク・車でツーリングしたい日本百名道・No.2]

  • URLをコピーしました!
目次

道の概要

稚内市の宗谷岬は、通常の交通手段で到達できる日本最北端の地として「日本最北端の地の碑」が北緯45度31分22秒、宗谷岬の突端に設置され、ライダーや観光客の人気の場所になっている。

国道238号線は、この宗谷岬と網走市に至る一般国道で、通称『宗谷国道』という。宗谷岬と知床半島のウトロをつなぐオホーツクラインの一部でもある。総延長300kmを越える北海道では最長を誇る国道である。

北海道の北東部のオホーツク海を望む海岸道路は、主要国道の為交通量は非常に多く、観光バスやマイカーは勿論、大型車も常時通行するが、道幅は大変広く市街地以外では信号は皆無、流れは非常にスムーズな為、ストレスを感じずにクルージングできる。同じ道北西側の道道106号サロベツ原野に比べると、大きな町や道の駅も点在しているので、宿泊や食事に困ることはない。

海岸の丘陵地の直線道路が多いが、宗谷岬に近い北側では、北海道特有のダイナミックな丘陵超えと、ピークから遠望できる長大な海岸線は、最果て感と共に北海道感を感じることができる。とは言え、300kmを越えるルートではさすがに飽きるかもしれない。その場合は、道路周辺の施設や見どころのポイントに立ち寄って気分転換をはかるとよいだろう。起点となる宗谷岬の南には広大な宗谷丘陵のウインドファーム周辺に、絶景のワインディングロードとホタテ貝を敷きつめた白い道があり、注目を集めている。ライダー憧れの直線道路猿払村道『エサヌカ線』、野鳥の宝庫クッチャロ湖のクローバーの丘、神威岬、浜頓別の風車群、ウスタイベ千畳岩、日の出岬もお薦めだ。また、沿線には多くの道の駅が設置されているので、北海道産のスイーツで鋭気を養ってもいいだろう。

宗谷国道の東南端にあたる湧別や網走周辺は、ライダーにとって雄叫びをあげたくなるような場所がたくさんある。北海道最大のサロマ湖の三里浜や展望台、能取(のとろ)湖のサンゴ草群生地は9月に真っ赤なじゅうたんになる。少しはずれるが、能取岬を周回する岬ライン(道道76号)は舗装され素晴らしい快走路になり、灯台に向う草原の中の道の美しさも格別だ。

お薦めのシーズン

  1. 緑豊かな初夏から秋。
  2. 充分な冬装備で流氷の2月。

周辺立ち寄りポイント

◆宗谷岬
北海道最北端と同時に、事実上の日本最北端の岬。到達証明書と給油証明書をゲットしよう。

◆宗谷丘陵 フットパス
宗谷丘陵は、1万年前に終わった氷河期に形成されたといわれる周氷河地形。そこには高速ワインディングを約束してくれる快走路と、稚内名産の“ホタテ”の貝殻を砕いて敷き詰めた白い道から利尻富士を眺望する。

◆エサヌカ線
全長約16kmあり、途中2つのクランクがあるが、これを除けばひたすら一直線に牧草の中を突き抜ける道路。道路沿いには電柱や看板もなく視界を遮るものがない。

◆クッチャロ湖 クローバーの丘
クッチャロ湖を望む丘一帯が、クローバーの牧草地になっている。「幸福の鐘」が設置され、ここで四つ葉のクローバーを見つけ、この鐘を鳴らすと幸せになれるとPRされてきた。 

◆能取岬灯台園地
オホーツク海に突き出した断崖の岬の突端には、白と黒の縞模様の能取岬灯台があり、付近には遊歩道も設けられており、朝日や夕陽の美しさは格別の場所。

DATA
総延長:約186km
道の駅:さるふつ公園、マリーンアイランド岡島、おこっぺ、オホーツク紋別、メルヘンの丘女満別
冬季閉鎖:なし
道路情報参照ページ:JARTIC道路交通情報 Wikipedia(国道238号)

ルートや思い出を記録・共有できるアプリを使ってツーリングに出かけよう!

ツーリングでたまたま通りかかった絶景が広がる峠道、川原へ降りられる休憩スポット、ふらっと立ち寄った地元のラーメン屋
その瞬間でしか体験できないもの、見られない景色、旬の味。
バイクでツーリングする理由は、この瞬間を楽しみたくて走っている。同じ道でも同じシチュエーションであることは二度とない。
そんな瞬間を切り取って残せ、しかも仲間とその思い出を共有できるツーリングログアプリが『Riders Square』だ!

特徴① 走ったツーリングルートに写真をリンクして残せる!

アプリの使い方は至ってシンプル。ツーリングへ出かける時、RidersSquareのアプリを起動し、スタートすれば準備はOK。あとはアプリが走行したルートや時間を記録してくれる。ツーリング途中に撮った写真の場所や情報は、アプリ内のボタンでカメラを起動して撮影するとコメント欄が表示される。撮影した時に残しておきたいコメントなどを記入するから忘れずに残しておけるというわけだ。
また、ナビアプリ等との併用も可能。道案内はナビに任せ、バックグラウンドで同アプリが動き続けツーリングのログや写真のポイントを記録していく。

特徴② ツーリングの思い出を仲間と共有

ツーリングの思い出は個人で楽しめるが、公開することで登録されているユーザーに共有することもできる。共有したいマイルートは公開してもいいし、自分だけにとどめたいルートは非公開にするといった具合にツーリングごとに設定可能だ。ログには距離、時間が記録されているので、よりリアルにツーリングプランを組めるのもポイント。
SNSでもあまり発信されないようなメジャーではない、ちょっとしたバイクでの散歩ルートなども公開されていることがあるので、新たなツーリングルートの発見にもつながる! 
通行止め、凍結情報などライダーにとって大事な情報もシェアできるから、行った先で走れずガッカリ……ということも少なくなる。

【バイク・車で走りたい日本百名道】一覧MAP

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次