MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【北海道】サロベツ原野/道道106号線 〜 オホーツク海を横目に延々と続く直線道路〜[バイク・車でツーリングしたい日本百名道・No.1]

  • URLをコピーしました!
目次

道の概要

手塩と稚内を結ぶ道道106号線は、緑と花の広大なサロベツ原野と日本海の間を、ただひたすら直進する道路で、日本で一番最果て感を味わえる道だ。

手塩から北上すると、右側に白亜の28基が整然と並ぶオトンルイ風力発電所が迎えてくれる。何カ所か風車側に行ける場所があるので広角レンズを持って撮影に臨みたい。残念なことに、この風力発電は老朽化のため2023年9月から建て替えになる予定で、完成後は一基あたりの発電能力が上がるため28基から6~11基になる計画になっている。来年夏までがこの景色を見る最後になるかもしれない。

次は北緯45度のモニュメントとパーキングシェルターが撮影ポイント。ここを過ぎると道路に変化が起きる。道路脇のガードと標識がなくなり、いよいよ最果ての北の大地の様相になる。昼間はともかく夕方にここ走ると最果て感と孤独感は半端ない。時刻によっては前にも後にも車やバイクが見えない状態になり、このだだ広い荒野に自分と愛車だけという凄い状況を体験することも可能である。日本にもこんな道があるんだと驚かざるを得ない。

この道のハイライトは、利尻島と礼文島の間に沈む夕陽だ。西海岸を延々と走るのでどこからでも利尻富士と太陽は見えるが、最も利尻に近づく夕来(ゆうくる)という少し高台になっている周辺がお薦めだ。駐車スペースもあるので、バイクをおいて夕陽との記念写真もゆっくりとできる。

夕来を過ぎると直線道路は終わりゆるやかに蛇行しながら北上し、夕日ケ丘PAで海岸線とお別れとなる。

お薦めのシーズン

  1. 初夏から秋にかけて。冬はもしもの時の救出が難しそうなのでお薦めしない。時間的には昼間の青い空と海と真っ赤に燃える日没の時間を狙いたい。

周辺立ち寄りポイント

◆オトンルイ風力発電所
28基の風力発電が直線に並ぶ圧巻の景色。2023年夏までの絶景となる。

◆北緯45度モニュメント
記念写真にどうぞ。

◆稚内副港市場
お土産品、日帰り温泉施設がある。

◆北防波堤ドーム公園
津波対策とも言える高い防波堤の下を走る。

◆利礼の丘
百年記念塔からさらに奥にダートを走ると利尻島・礼文島を眺望する絶景ポイントがある。

◆野寒布岬(ノシャップ)
利尻・礼文を臨む岬。海産物のお店がある。

DATA
総延長:約60km
道の駅:てしお、わっかない
冬季閉鎖:なし
道路情報参照ページ:JARTIC道路交通情報 Wikipedia(サロベツ原野)

ルートや思い出を記録・共有できるアプリを使ってツーリングに出かけよう!

ツーリングでたまたま通りかかった絶景が広がる峠道、川原へ降りられる休憩スポット、ふらっと立ち寄った地元のラーメン屋
その瞬間でしか体験できないもの、見られない景色、旬の味。
バイクでツーリングする理由は、この瞬間を楽しみたくて走っている。同じ道でも同じシチュエーションであることは二度とない。
そんな瞬間を切り取って残せ、しかも仲間とその思い出を共有できるツーリングログアプリが『Riders Square』だ!

特徴① 走ったツーリングルートに写真をリンクして残せる!

アプリの使い方は至ってシンプル。ツーリングへ出かける時、RidersSquareのアプリを起動し、スタートすれば準備はOK。あとはアプリが走行したルートや時間を記録してくれる。ツーリング途中に撮った写真の場所や情報は、アプリ内のボタンでカメラを起動して撮影するとコメント欄が表示される。撮影した時に残しておきたいコメントなどを記入するから忘れずに残しておけるというわけだ。
また、ナビアプリ等との併用も可能。道案内はナビに任せ、バックグラウンドで同アプリが動き続けツーリングのログや写真のポイントを記録していく。

特徴② ツーリングの思い出を仲間と共有

ツーリングの思い出は個人で楽しめるが、公開することで登録されているユーザーに共有することもできる。共有したいマイルートは公開してもいいし、自分だけにとどめたいルートは非公開にするといった具合にツーリングごとに設定可能だ。ログには距離、時間が記録されているので、よりリアルにツーリングプランを組めるのもポイント。
SNSでもあまり発信されないようなメジャーではない、ちょっとしたバイクでの散歩ルートなども公開されていることがあるので、新たなツーリングルートの発見にもつながる! 
通行止め、凍結情報などライダーにとって大事な情報もシェアできるから、行った先で走れずガッカリ……ということも少なくなる。

【バイク・車で走りたい日本百名道】一覧MAP

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネch開設記念キャンペーン中

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次