MENU

価格破壊!?3.3万円のカーボンヘルメット・・・大丈夫なの?Zealot MadJumper2でオフロードを爆走した結果

オフローダー、アドベンチャーの皆さん朗報です。

国内メーカーから3.3万円のカーボンヘルメットが出ています!

しかも公道走行可能、MFJレース参加可能なのでツーリストからガチ勢までオススメ!

けん

こりゃとんでもねえ…他メーカーなら10万円オーバーのカーボンヘルメットが3.3万円て…

「でも大丈夫なん?」

そう思ったでしょう?

そこで今回はオフロードコースを走って検証してきたので、徹底解説します!

ZEALOTってなんじゃい

ZEALOTは愛知県にあるgodblincが販売するヘルメットブランド!

けん

安心の国内メーカー製です。海外の胡散臭いやつじゃないよ。

ZEALOTは英語で「熱狂者」!オフロードに熱中する人に向けた製品だと名前からも伺えます。

ちなみに工場はベトナム・台湾・中国などにあります。

海外生産ですが、godblincスタッフが現地工場にて‟全品検品”を行い、安全で確かな品をお届けできるシステムを構築しているぞ!

MAD JUMPER2ってなんじゃい

MAD JUMPER2はカーボンとFRPのハイブリット工法のオフロードヘルメット!

けん

ちなみに泥の”MUD”じゃなくクレイジーの”MAD”だ。名前が既にクール!

本格オフロード用に作られたスポーツ向けモデルだ!ゴーグル使用が前提となっているぞ!

走り出す前に、MAD JUMPER2の何が凄いか紹介しよう!

価格がすごい!

価格設定がブッ飛んでいる!

本格派オフロードヘルメットでカーボン使用なのに、3.3万円の価格を実現している!

※全FRP仕様は1.8万円〜

けん

他社の追随を許さないレベルでブッチギリの安さ。

これまでもカーボン使用のオフロードヘルメットはありました。

海外のBELL、ACELBIS、Airohなどがカーボンヘルメットを出していますが、10万円近くします。

国産だと過去にAraiがRX-7のカーボンを出していますが、24万円でした…。

それをMAD JUMPER2は破壊してくれました!

使っているカーボンの質や量は異なるんでしょうが、、3.3万円って凄すぎんか。

私が愛用中のArai Vクロス4はFRP製で5.7万円

めちゃ軽い!

なんと、公称値1,100g!

持つと誰でも分かるくらい圧倒的に体感が違います。

けん

最初、中身入ってないのかと思ってひっくり返した…。

小指1本で持てる

ちなみに私が愛用するAraiのモトクロスモデル、Vクロス4は公称1,600g!

Araiのほぼ2/3の軽さとは…!恐るべしカーボン!

公道走行可・MFJレース参加可!

MAD JUMPER2は国内で走るためのPSC規格を通しています!

公道走行にはPSCという規格を通す必要があります!
PSC規格を通していないヘルメットで事故を起こした場合、ノーヘルと同じ扱いになる可能性がある…。
最悪、保険が下りず地獄を見るので絶対にやめよう。

何を当たり前な…と思うかもしれませんが、海外カーボンヘルメットを安直に買うと、「規格が通ってなくて公道走れない!」ってことが普通にあります。

また、MFJレースに参加するための規格も通しています!

MFJ公認レースとはレース団体MFJのレースのこと!
安全性を考慮し、独自のMFJ規格を通していないヘルメットでは参加できない。

ツーリング性能も充実!インカム取り付け可!

インカム用のホールがあり、加工なしで取り付けOKです!

コレは本当にありがたい…。

けん

過去にAGVのヘルメットを買った時、インカムホールがなく耳が千切れそうになりました。
泣きながら真綿詰めて縫った思い出が…。

また、センターパッド、チークパッド、ベルトサポートまで脱着式です!

ロングツーリングで汗をかいても洗濯機で洗えるのはありがたいですね!

まずは乗らずに眺めてみる。

まずは乗らずに外からじっくり眺めてみます。

第一印象は「普通にかっこいい!」です。

3.3万円のカーボンメットって聞くとチープなのか?と思いますが、見た目にチープさはないですね。

けん

参考までに、今回借りたのはLサイズです!

帽体の大きさ

帽体の大きさは、一般的なヘルメットと変わりありません。

特別大きいとか小さいとかもなく…Araiと比べるとこんな感じです。

サイズはどちらもLサイズ!

ネットの画像だとカッコいいのに、届いたら帽体がデカイ!」なんて悲劇もありませんのでご安心を!

実測の重さ

試しにLサイズの実際に測ってみましたが、なんと1,140gでした!

※多少の計測誤差はあります。サイズがS~XLあり、サイズによって重さが異なります。

けん

すげえー!ほんとに1,100gくらいなんだ!

ちなみに普段つけてるAraiは100g程度のオプション品をつけて1,703gという結果に…!

つまり、Araiのおよそ2/3の重さとなります。コレはすごいわ。

ゴーグルを入れても1,300gを切る軽さです!

実際に走って感じた長所!

すげードヤってますが、オフで知り合った方にお借りしたバイクです。

実際にオンロード250km、オフロード30kmほど走ってみました!

先に結論を書いてしまうと、全く問題なく使えます!素晴らしいです!

短所は後述します。

体感できる圧倒的軽さ!

まず被って感じたのは「驚くほど軽い!」

明らかにAraiとは異なる軽さに戸惑いすらあります。

スポーツ時の頭の振られ方が圧倒的に違います。

軽すぎて衝撃があったとき暴れるってこともありません。

けん

ツーリングのみの使用でも、これだけ軽くなれば疲れも変わると思います。

視認性は抜群!

公道でとても大切な視認性!非常に良いです!

そもそも普段使っているAraiが狭めということもありますが、十分な広さがあり視界は広いです。

遮音性は抜群…ではないけど問題ナシ!

遮音性も問題ナシ!

ですが、AraiやSHOEIと比べると劣ります。

風切音や周りの音は少ししますが、「インカムで相手の声が聞こえない!」なんてことはありません。

パッドの圧迫感は良い!

パッドの圧迫感は良いです

AraiのLと装着感は変わらないです。

海外ヘルメットのように「1サイズ大きめを買う!」ということもしなくてOKそう!

通気性・空力も問題ナシ!

通気性も問題ナシ!

最高気温31度の中を走りましたが、ベンチレーションもしっかり効きます!

高速道路での空力も問題なさそうでした。

ただしオフロードヘルメット全般、空力は悪いです!
オンロードヘルメットから移った人は、風に押される感覚が強いと思います。

実際に走って感じた短所

当然、全てがパーフェクトなヘルメットは存在しません。

この3.3万円の夢のようなヘルメットにも短所があります…。

けん

メリット考えたら微々たるものだけど、考えて買わないとね。

顎紐が長い…

装着してすぐに「顎紐長くね…?」となりました。

使用に問題は全くありませんが、Araiと比べて5cm以上長いので気になりました。

特に何が問題・・・ということはないですが、気になる。

冬は死ぬほど寒いと思う

ゴーグルタイプのヘルメットなので冬は顔がめちゃくちゃ寒いと思います…。

スポーツ性能を重視するため、ゴーグルとの隙間やベンチレーションを閉じることができません。

ゴーグルタイプは全メーカーに言える欠点です…。冬はバラクラバを買って対策しましょう!

転倒で傷つきやすいオフロードヘルメットだから価格がありがたい

とにかくダントツに軽くて、被っているとメリットしか感じません。

MFJ規格も取得していて安全性も文句なしではありますが、普段使っているAraiの安全性に対するコダワリはヤバい領域。

規格を取得することはスタートでしかなく、そこからAraiは独自の基準でヘルメットを改良しています。

安全性にこだわった結果、価格や重量増につながってしまうのは仕方がありません。

ただオフだと転ぶ頻度が高いので、1度頭を打ったら交換が鉄則のヘルメットのコストはなるべく抑えたいところ…。

コストを抑えつつ安全は考慮したい!という人にはベストなアイテムだと思います!

動画もあるよ

動くMAD JUMPER2が見たい人はこちら!

まとめ!ZEALOT MAD JUMPER2は買い…?

結論、ZEALOTのMAD JUMPER2は…買いです!

けん

おそらく個人的にも買います

カラーバリエーションはなんと11色あるので、公式サイトで気に入ったデザインを見つけてみてね!
公式サイト:https://www.godblinc.com/products/list?category_id=6

MAD JUMPER2価格表

  • FRP 単色 18,480円
  • FRP グラフィック 20,680円
  • カーボンハイブリッド 単色 31,680円
  • カーボンハイブリッド グラフィック 33,880円
 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ツーリングガチ勢! 海外ツーリング5カ国、国内46都道府県走りました。 キャンプから林道、サーキットからオフロードコースまでバイクで楽しめ ること全部やってます!