MENU

可愛いだけじゃない!『WILDWINGのロングブーツ』は、機能的なライディングブーツだった

モトメガネをご覧の皆さま、こんにちわ!
しーまんです。

身長148㎝。

ほとんどのバイクがバレリーナ状態
もしくは全く足のつかない私ですが、楽しくバイク乗っています(笑)

そんな私がお世話になってるライディングシューズといえば
もちろん低身長ライダーの救世主WILDWING!

そのWILDWINGから、なんとロングブーツが発売されました。

見た瞬間から可愛くてひとめぼれ…。
こんなオシャレなライディングシューズ見たことがありません!

だけど、ロングブーツってバイクで走りやすいのかな?動きやすいのかな?
という疑問がわいてきませんか?

まずロングブーツのライディングシューズってあまり見かけないですし(レース用くらい?)
今まで履いたことがありません。

見た目は可愛くておしゃれだとしても
バイクに乗りにくければイヤだなぁー・・というのが正直な気持ちです。

ということで今回、WINGLOVE様にロングブーツを貸していただいたので 実際に履いてバイクで走行してまいりました。

この記事では
実際にロングブーツを履いてバイクで走った感想などをお伝えしていこうと思います。

やっぱりこのブーツ、可愛いだけじゃなかった!(笑)

ロングブーツだけどちゃんとバイク専用

今回お借りしたのは、ストークというモデル。

編み上げタイプのロングブーツで、低身長の私が履くとひざ下までくるロングっぷり!

スペックはこんな感じ。

WILDWING ストーク【厚底】

素材
アッパー:牛革(1.8~2.0mmの厚みで足馴染みの良いオイルレザーを採用)
ソール:合成ラバー底

ソール高
つま先部:約25mm
ヒール部:約50mm

厚底タイプとノーマルタイプとあるのですが、レディースサイズはすべて厚底なんだとか。

厚底はバイクの足つきを良くするだけでなく
足を長くきれいに見せてくれるので女性としては嬉しいですよね!

嬉しい機能はそのまま!

私は長年、WILDWINGのファルコンというブーツを愛用しています。

ファルコンは長年愛用

大好きなファルコンでも採用されている嬉しい機能が
このロングブーツにも採用されていました!

・ステップにジャストフィットするソール
・くつ紐を安全に束ねられるおしゃれなデザイン
・編み上げだけど脱ぎやすいサイドジッパー

この機能性が好きだった私にとって、これはとっても嬉しい。

ステップにジャストフィットするソール

斜めにカットされたソールは、どんなライディングブーツを履いても味わえない乗り心地の良さ。

何度も何度もシフトチェンジする場所だからこそ、乗りやすく設計されたデザインは
ロングブーツでももちろん健在です!

靴ひもを安全に束ねられるおしゃれなデザイン

走行中、邪魔にならないように靴ひもを束ねておけるデザインもそのまま!

ロングブーツだと靴ひもが邪魔になることはあまりないかもしれないなぁ?と思いましたが、急にほどけてしまうこともあるって考えたら、やっぱりこの機能は欲しい!


編み上げだけど脱ぎやすいサイドジッパー

ツーリング中に飲食店に入ると、お座敷だったりってことが結構ありますよね。

古民家系の場所で食事をするのが好きな私は、ツーリング中にもブーツの脱ぎ履きを良くするため、脱ぎ履きしにくいブーツには少し抵抗が…。

ロングブーツだし、どうかなぁー・・
なんて正直思っていたのですが、完全に面喰いました(笑)



見て下さい!このサイドジッパーを!!

一番下まで降りちゃう!!


ガバッと開くので、脱ぎ履きのしにくさなんて微塵もありません。
愛用しているファルコンよりも脱ぎやすく感じたほど。



このように以前から好きだった機能が引き続き採用されていたことで、ロングブーツに不安を感じていた私ですが、安心してバイクに乗ることができました。

ロングブーツでバイクって実際どうなの?

一番、不安に思っていたのがライディングのしやすさや乗り心地です。

いくらデザインがかわいくても
バイクに乗りにくかったらイヤだな…と思うのが本音ですよね。

ということで、実際にロングブーツを履いて愛車のドゥカティモンスター821に乗ってみました。

走行時の状況
  • 曇り/気温26度
  • 高速道路と一般道を走行
  • 走行距離200km

これだけ走れば、きっと良さも悪さも感じることができますよね。


乗り心地

乗り始め「あれ?なんか乗りにくいかも・・」
と思ったのですが、実はこれ革がまだ馴染んでなかったようです。

運転していくと同時にどんどん自分の足になじんでいきました!

30分も乗れば、何年も愛用しているライディングシューズかと思うほど、自分の足にフィット!

それ、きっととても柔らかい革だからこそですよね。

長時間走っても疲れない

牛革って固くて重いイメージがあるのですが、WILDWINGのブーツはその正反対。
もちろんこのロングブーツも、牛革とは思えないほど柔らかくてとっても軽いんです!

まさに、乗り心地は最高と言えます。

ロングブーツになったからと言って、重さもほとんど感じませんでした。
愛用しているファルコンと同じように感じるほどの軽さです。

また、ロングブーツなので風を直接受けることもなく、めちゃくちゃ快適。

そのため、長時間走っても足が疲れたり痛くなったりするようなことはありませんでした。

ロングブーツだからこそ

実際バイクに乗って「これはロングブーツだからこそだなぁ~」と感じたことがありました。

寒さ対策に

先ほども書きましたが、ロングブーツだと風を直接受けることがありません。

ふくらはぎまでしっかり隠れるので
これ冬のライディングには最高なんじゃないかしら?

残念ながら寒い中走ることはできませんでしたが、冬は暖かそうだなぁ~という印象です。

例えば、オーバーパンツの下にロングブーツを履いたりすれば
かなり防寒することができますよね。

熱さ対策に

今回、このブーツを履いて顕著に感じたのが「熱が伝わりにくい!」ということです。

ご覧の通り、私の愛車ドゥカティモンスターは右側にエキパイが張り付いています。

これがたまらなく熱い。
夏は燃えるような熱さです。

右だけでなく左側からはラジエーターファンからの熱波が襲ってきます。
これもたまらなく熱いんです。



それがロングブーツを履くことで、かなり軽減されたのには驚きでした!

ロングブーツにはこんな効果があったのか!
可愛いだけじゃないんだ!!


と、ちょっと感動。

バイクの熱に悩まれている方は
ロングブーツで熱さ対策をするのも一つの方法かな?と思います。


ちなみにふとももには熱が直にきていたので
この日のふとももはしっかり低温やけどしていました(笑)

ブーツのサイズ感は?

今回、わたしが使用したサイズは23.5㎝。

普段の靴のサイズは24㎝なのですが、この23.5㎝がかなり快適でした。


WILDWINGの靴のサイズはちょっと面白くて
女性用は

女性用サイズ

22.5㎝
23.5㎝
24.5㎝

と、キリのいい数字がない(笑)

ちなみに男性用は

男性用サイズ

25㎝
25.5㎝
26㎝
26.5㎝
27㎝
28㎝

こんな感じです。



私は23.5㎝を使用しましたが、それでも少し大きく感じました。
ですが、その少し大きいというところがまた良かったんです(笑)

頻繁に足をついたり、ブレーキ操作したり、クラッチ操作したり・・
バイクに乗ってると思っている以上に足を動かすんですよね。

きついよりは少しゆとりのあるほうが運転しやすいと感じたので
普段24㎝の私ですが23.5㎝は、かなり快適でした。


ファルコンも24㎝を履いてるとずっと思っていたのですが、よく見たら23.5㎝を履いてました(笑)


気になったところ

個人的に、見た目も履き心地も乗りやすさも、かなりテンションの上がるブーツだったので
気になるところは特になかったです。

しいて言えば、ロングブーツの永遠の悩み「蒸れ」
これが気になったかなー、といった感じ。

とはいえ200km近く走行してきましたが
蒸れて気持ちわるい!といったことは全くありませんでした。

もっと長距離を走れば多少なりともショートブーツよりは、蒸れを感じやすいのかな?
という印象です。

タウンユースなデザインなのに機能的、最高です!

ロングブーツって、足を長く見せてくれるし見た目が本当にかわいくておしゃれ!!

私も最初そう思ってこのブーツが気になっていたんですが
このブーツ可愛いだけじゃなかったです!

見た目から入った自分が恥ずかしくなるほど、バイクを快適に乗れるような機能性がたくさん備わっていました。

低身長の味方である厚底も。

オシャレで可愛くバイクに乗れるだけでなく、機能面も充実しているなんて…
個人的には「最高!」の一言です。


可愛くておしゃれな見た目に女心を奪われ・・
乗りやすさと快適さにライダー心を奪われ・・

完全に虜になってしまいました(笑)

ブーツを履いている雰囲気はぜひ動画で

このロングブーツがあまりにオシャレなので、少し遠くまで行きたくなりました。

ブーツの雰囲気を感じたい方はぜひ動画もどうぞ!

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

148cmの小さなライダーです。バイクに乗ってカフェやツーリングに行くのが好きなので、そんな様子をYouTubeに投稿しています。ブログではさらに込み入った話をしているので、ぜひ遊びに来てください!