MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

キャンツーライダーの新スタンダード。コダワリ満載のキャンプギアがラフ&ロードから登場!

  • URLをコピーしました!

1982年にタイヤ交換ショップとしてスタートしたラフアンドロード。現在自社で製品を開発し販売している商品は、おなじみのウエアやツーリングで必須となるバッグ類、さらにはハードパーツにまでおよび、バイク用品メーカーの老舗として知られた存在だ。

そのラフアンドロードが満を時して、キャンプツーリングに特化したオリジナルのキャンプギアをリリースした。

アイテムは、テント、シュラフ、グランドシートの3点。キャンプツーリングを始めるにあたり、最初に必要となるギアだ。今後はそのギアを拡大し、チェア、焚き火台、鉄板といった周辺アイテムもラインナップしていくという。

ライディングウエアでも定評のあるラフアンドロードが作った〝キャンプギア〟は、試作を重ね様々な季節で実際にテストを経て商品化されたもの。
同社SNSで〝中の人〟としてお馴染みの関根氏に、同商品の特徴や開発の経緯などを伺った。

目次

バイク乗りがバイク乗りのために作った
究極のスタンダードキャンプギア

市販を前に幾度となく使用し製品化されたキャンプギア。

バイクの楽しみ方は人それぞれ。ツーリングを楽しむ人、メンテナンスやレストアに楽しみを感じるエンスーな人、トランポにレーサーを乗せサーキットやモトクロスコースで遊ぶ人と、人の数だけ遊び方がある。
ラフアンドロードは、そんなバイクを趣味にするユーザーの中でも〝休日にバイクでツーリングに出かける〟という一般的なライダーに向けたウエアや商品を開発販売してきた。ガッツリとバイクに乗るリアルなライダーである開発陣によって作り出されたそれら商品は多くのユーザーに支えられ、ユーザーの声に耳を傾けて進化してきた。

今回ラフアンドロードがリリースしたキャンプギアは、そんな〝普通のバイク乗り〟に向けて作られた〝究極のスタンダードキャンプギア〟だったのだ。

何を基準に選べばいいの?

開発の経緯などを語ってくれた関根氏。

空前のキャンプブームとあって、実に多くのキャンプギアが溢れている。テントを例にみても、ホームセンターで販売しているような1万円以下のものから、登山で使うような7万円近い本格的アルパインテントまで幅広い。シュラフ、グランドシートも同様だ。

「キャンプギアの選択肢がありすぎるから、ビギナーの方はわからなくて結果〝安いのを選ぶ〟っていうはありがちですよね。僕も経験あるんですけど、価格の安さに釣られてテントを買ったら、フライシートが微妙に短くてインナーテントとの隙間から雨が入ってきたり、フレームがファイバー製だったために、組み立てたら経年劣化でパキパキに折れてキャンプ場で途方にくれたり……。
安物買いの銭失いで結果として出費が高くなるんだったら、最初からそこそこのものを揃えた方が絶対いいです!
僕らもそうだったと思うんですけど、多分、先人たちっていろいろ言ってくれてたはずなんですよ。
ただ、だいたい聞く耳を持たないんですよ(笑)」
と自身の若かりし頃の苦い経験を話してくれた関根さん。

それならば高いものがいいのかといえば、年間でキャンプツーリングに行く回数のことを考えたら元を取るのは大変だ。

山岳用のキャンプギアはどれも軽量で性能もすこぶる高い。でも本当にそんなスペックいるの? ということだ。

そこでキャンプツーリングに特化したものが最適解となるのだ。

キャンプツーリングだからバイクに特化

そうは言ってもキャンプツーリングに特化したテントも数多い。
有名メーカーとコラボした商品から、長年にわたってツーリングライダーから支持されてきた山岳テントベースのものまで千差万別だ。

「バイクでキャンプツーリングする時って、それこそ1日中走ってクタクタになりません? その後に、設営に多少時間のかかるテントだと余計に疲れちゃいますよね。また、山岳テントベースだと生地が薄く室内もコンパクトだから、安心感がいまいち希薄で休まらなかったりします。

簡単な設営、居住性は重要です。さらにキャンプツーリングへは夏の時期に行く方が大半だと思うので、耐水性と通気性もちゃんと見て選びたいですね。
でも、そういう観点でキャンプツーリングに適したテントを探してみると意外に少ない……。
ならば、普通のバイク乗りに特化したものを、四六時中バイクのことを考えているような好事家が集まっているラフアンドロードで作ろうとなったわけです」

手頃な価格でキャンツーに最適な機能を

キャンプギアは基本的に消耗品。特にテントは生地の防水処理が年月と共に落ちてきたりするもの。年間に数回しかキャンプツーリングに行けないのであれば、そこまでの予算はかけられないのがほとんど。要は性能と価格のバランスが大切なのだ。

「キャンプツーリングだから移動はバイク。そうなるとそこまで極端な軽量性は求めなくて大丈夫です。

一般的なツーリングバッグに収まって、そこそこ軽量、キャンプツーリングに求められる性能を十分クリアして、耐久性も兼ね備えるものが欲しいですね。

ツーリングバッグも数多くラインナップするラフアンドロード。これらバッグにキャンプグッズがしっかりと収まることが開発でのひとつの条件だった。

それを目指して商品化したのがラフアンドロードのキャンプギアなんです。

これからキャンプツーリングをやってみようかというビギナーには買って損のない性能と価格で。またすでにキャンプツーリングを日頃から楽しんでいる方には、キャンプギアの買い増しとしても選んでいただける必要十分な性能となっています」

製品化まで何度も繰り返されたサンプルアップと実地テスト

ラフロの中の人が実際に商品をテスト

キャンプツーリングに特化したものを作るため、寒さの厳しい冬を除いた初春から晩秋にかけて幾度もテストを実施したそうだ。

「実際にテストを重ねてみないと問題点は見えてこないんです。ですので、キャンプギアを実際にキャンプツーリングに持っていき、製品化するまで何泊もしてシンプルで使いやすい、ちょうどいいスペックはどこなのかをとことん探りました。
テントも当初に作ったものから数えると、複数回バージョンアップしています。

雨に強く、通気性の高い、日本でのキャンプツーリングに適したテントをはじめ、全てのギアに関して幅広いキャンプツーリングユーザーに胸を張っておすすめできます!

ラフアンドロードのキャンプギアを紹介!

キャンプツーリングに特化した、ラフアンドロード渾身のキャンプギア
カーキやモスグリーンといったアースカラーが多い中で、同社のテント、シュラフに関しては〝クールグレー〟を採用している。これはキャンプ場に行くとアースカラーのテントが多く、同じ色調だと自分のテントが見つけにくくなってしまうから。またクールグレーのテントの中でランタンを点け外からその様子を見ると、テントのシルエットが綺麗に浮かび上がる。そう、〝写真映え〟するのだ。

では、こだわり抜いたオリジナルキャンプギアを紹介していこう。

テント
RR5954 ラフツーリングテント 21,780円(税込)

設営のしやすさ、居住性を満たし、収納性を考慮したツーリングテント。
バイク乗りの視点でツーリングバックに入れられる、収納時50cm以内かつ重量3kg以下を目標に開発された。

前室を前後に設け最大幅は80cmテント内は140cm×210cm、室内高110cmと、荷物の多いツーリングライダーでもそれらを余裕を持っておけ、頭上空間も十分取られているので圧迫感は皆無。

一般的なテント底部の耐水圧の約2倍近い生地を使い雨に強い。テント左右に入口ベンチレーションが設けられるなど、通気性もよく蒸し暑い夏でも快適に過ごせるよう配慮されている。

テントのフレームはアルミを採用し軽量ながら高い耐久性を実現。

テントを収納するバッグは余裕をもった作りで、テント撤収時の「テントが付属バッグに収まらない」問題を解消している。地味なことだが、非常にありがたいポイントだ。

シュラフ
RR5955 ラフダウンシュラフ600FP 14,080円(税込)

初春から晩秋まで対応するダウン製のシュラフ。ポリエステル綿に比べて収納時にコンパクトになるため、キャンプツーリングに最適。タオルなどをスリットに入れて枕がわりにできるピローポケット、シュラフ内部の温度を調整できるダブルファスナー、足元に湯たんぽをいられるフットポケットなど、痒いところに手が届く欲しい性能が盛り込まれている。

グランドシート
RR5956 ラフグランドシート 1,650円(税込)

テント底部の生地を保護するグランドシート。210cm×180cmのサイズは、ラフツーリングテントの前室片側の地面を覆うサイズに造られている。

価格も一般的なグランドシートと比べて抑えられており、かなりお買い得!

セットで買えばさらにお得!

上記で紹介したキャンプギアがセットになった商品もラインナップされ、これからキャンプツーリングを楽しみたい人でも、お得に始めることがきる

MOTTOラフロキャンプ3点セット

テント、シュラフ、そしてグランドシートの3点セット

品番:RR5954CS1
品名:MOTTOラフロキャンプ3点セット
価格:32,780(税込)

キャンプスターティングセット

上記3点セットに、RR9038 コンテナシートバッグ64RR7936の防水スタッフバッグが加えられたセット。

品番:RR5954CS2
品名:キャンプスターティングセット
価格:60,280円(税込)

キャンプスターティングセット防水タイプ

テント、シュラフ、そしてグランドシートの3点セットにRR5609 AQA DRY コンテナ―RR7936の防水スタッフバッグがセットになったタイプ。

品番:RR5954CS3
品名:キャンプスターティングセット防水タイプ
価格:49,280円(税込)

今後リリース予定の商品

青森県五戸町で精密プレス金型の設計や高精度プレス部品の製造をおこなっている職人集団サンライズエンジニアリング」が2021年に立ち上げたアウトドアブランド「Phoenixrise」。同ブランドの製品は武骨で長く使い込める本物志向のタフな作りと機能性の高さが特徴。

今後二輪業界ではラフアンドロードが代理店窓口として「Phoenixrise」の製品を取り扱い、キャンプギアの拡充を図っていく。

東京モーターサイクルショーにキャンプギア&焚き火台など展示!

今回紹介したラフアンドロードのキャンプツーリングに特化したオリジナルアウトドア製品と、Phoenixriseの焚き火台や鉄板なども展示する予定だ。
実際に見てその作りの良さと質感を感じて欲しい!



◆第49回東京モーターサイクルショー
開催日:2022年3月25日(金)〜27日(日)
開催場所:東京ビッグサイト(東京都江東区有明3-11-1)
入場料:前売券:大人 1,800円 高校生 500円、当日券:大人 2,000円 高校生 500円


 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる