MENU

スクーター乗りの私が選ぶライディングシューズ3足

MotoMeganeの読者の皆さまこんにちは。

kanaeです。

前回のX-ADVの記事を読んでくださりありがとうございます。

今回はスクーター乗りの私が気になるライディングシューズを3足紹介させていただきます。

私がバイクに乗る時にシューズを選ぶポイントは3つあります。

  1. 防水性があるか
  2. バイクを降りて歩いても違和感のないデザインか
  3. 自分の足にあっているか

今回履いてみた3足はどれも私の希望に叶ったものではありますが、

それぞれ履いてみてどうだったか、素直な感想をお届けします。

クシタニ アドーネシューズ

私の周りの着用率ナンバー1シューズがアドーネシューズでした
私の周りの着用率ナンバー1シューズがアドーネシューズでした
  • 商品名:ADONE SHOES(アドーネシューズ)
  • 品番:K-4575
  • 素材:人口皮革
  • ライナー:防水透湿メンブレン
  • ソール:ビブラムソール
  • カラー:ブラックorガンメタ
  • サイズ:23~28cm
  • 価格:2万7500円(税込)

クシタニのアドーネシューズ、今回の3足の中では私の周りで1番履いている人が多いシューズでした。

私も気になって店頭で試着したことがあります。

ミドル丈なので履いた時の安心感があり、デザインもお洒落。

男性が履いているイメージが強かったのですが、履いてみると思ったより

ゴツゴツしたイメージは無く女性でもバイクウェアのコーディネートに使えます。

見た目のイメージより履いてみた時の重さは無くて

バイクを降りて歩いた時にも楽そうです。

私は普段もクシタニのバイクウェアを着ることがあるのでいつものコーディネートに合いそう!

防水性もあって言うこと無し。

ミドル丈は守られている感はあるけど、カジュアル感は薄れる気がします
ミドル丈は守られている感はあるけど、カジュアル感は薄れる気がします

一つきになる所を上げるとしたらミドル丈なところです。

私が普段するツーリングは、ツーリング先で観光を楽しんだり

山に走りに行ったら現地を散策して楽しんでいます。

なので、いい意味で「ライディングシューズ」らしさがないことが

選ぶポイントのひとつです。

街を歩いたり食事処に行った時にあまりに

バイクらしさが前面に出てると入りにくいですよね。

私はそう感じます。

ミドル丈でくるぶしまで守られてる安心感はありますが

そうで無いものも履いてみたいなと思いました。

スクーター乗りなので余計にそう思うのかもしれません。

ですが今回改めてアドーネシューズを履いてみて、

周りのバイク仲間がこぞってアドーネシューズを選んでいるのには大いに納得です。

elf ELS17

今回の三足中では一番歩きやすかった♪
今回の三足中では一番歩きやすかった♪
  • 商品名:ELS17
  • 素材:人口皮革+合成皮革
  • ライナー:防水透湿素材
  • ソール:合成底(ラバー+EVA)(防滑・耐油配合)
  • カラー:ホワイト・レッド・ブラック・ミリタリー・グリーン
  • サイズ:23~28cm
  • 価格:2万1780円(税込)

履いた瞬間、めちゃくちゃ履きやすい!歩きやすい!

私の足に合っているのか、履いた時の違和感が全然ありません。

「これ、履きやすい」と思わず声に出していました。

透湿防水機能搭載なのも嬉しい!

一昨年の夏のツーリングでは何度ゲリラ豪雨に遭遇したことか・・・

特に長距離でバイクに乗る時に履くシューズは防水性は絶対にあって欲しいです。

足首までの高さもホールド感もちょうどいい。

ELS17はBOA機能&防水

これはたくさん歩いても絶対に疲れにくいぞと納得してしまいました。

バイクで長旅に出るとしたら間違いなく3足中でこのシューズを選びます。

デザインはアドベンチャーバイクに合いそう。

履きやすさと防水性はとてもバイク用シューズを選ぶ上で重要視していたので

そういった意味では、個人的にとても好きなシューズです。

良いです!

TAICHI RSS011 I DRYMASTER-FIT フープシューズ

ダミーのひもがカジュアル感があってよいです♪
ダミーのひもがカジュアル感があってよいです♪
  • 商品名:DRY MASTER-FIT フープシューズ
  • 品番:RSS011
  • 素材:コットン100% 合成皮革100%
  • ライナー:防水透湿素材
  • ソール:ゴム100% ビブラムソール
  • カラー:シブヤブラック・コーデュラブラック・コーデュラカーキ
    トラベラデニム・オールブラック・ブラック・グレー
  • サイズ:23~29cm
  • 価格:2万1780円(税込)
    コーデュラモデル2万6180円(税込) 渋谷ブラック2万3100円(税込)

タウンシューズの様なデザインでお洒落。

ダミーの紐もよりカジュアルでお洒落な雰囲気で、

ツーリング先でカフェに行っても違和感なく使えそうです。

カジュアルに見えても、しっかりヒール、くるぶし、つまさきにはインナープロテクターがあります。

シフトチェンジ操作はしなくていいと言っても、つま先にプロテクターが入っていることで

バイクの運転時に足を下ろした時の安心感は増します。

この見た目で防水透湿機能があるのがすごい♪
この見た目で防水透湿機能があるのがすごい♪

それに嬉しいのが表地がカジュアルに見えるキャンバス地なのにしっかり防水透湿機能であること。

実際に、私の普段のツーリングの時のコーディネートと合わせて履いてみました。

X-ADVと写真を撮ってもらい・・・うん!可愛い!

私が普段するツーリングの内容には1番しっくりくるデザインです。

新しい発見をくれた3足でした♪

普段はブーツを履くことが多い私には今回はいてみた3足は

どれも新鮮で新しい発見がありました!

デザイン、機能、オールマイティに満足で私のバイク仲間に人気なのはクシタニのアドーネシューズ。

私が個人的にバイクと一緒に旅したくなる好きなシューズはelfS17。

お洒落で可愛くて普段の私のグルメツーリングに履いていきたいのはTAICHI フープシューズ。

バイクはツーリングだけでなくて、バイクシューズやウェア選び、

バイクに関するお買い物も楽しみの一つですね。

MotoMeganeの読者の皆さんもそれぞれのバイクライフスタイルにあったシューズが見つかると嬉しいです。

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

X-ADVとスーパーカブ110に乗って撮影した写真や動画をSNSへアップしています。「バイクライフの楽しさを皆さんと共有したい」をテーマにブランド「MotoSmile」を運営しています。https://lit.link/kanae318191