フリーペーパー「モトメガネ」冬号配布中!チェック!

全商品自社製造だから安心品質!老舗潤滑油メーカー「LIQUI MOLY」!

LIQUI MOLYは1957年創業のドイツの老舗潤滑油メーカー。古くからモータースポーツにも参入し、現在はMoto2/3の公式独占オイルサプライヤーでもある。発売元の谷尾商会はオートバイ用として4/2ストロークエンジンオイルをメインに、各部潤滑油、ブレーキフルードや添加剤などのアイテムを国内展開している

目次

先進の研究施設によって高品質な製品が生まれる

1957年の設立以来、オイルをはじめ、添加剤、ケミカル、グリス、潤滑スプレーなど、4000点以上の製品を自社開発・製造する世界唯一の自動車化学製品のフルレンジサプライヤーが「LIQUI MOLY(リキモリ)」だ。 
すべての製品はドイツ国内の自社工場で生産し、150か国以上へ輸出されている。
そんなLIQUI MOLYが高品質である理由は、R&D(研究開発)から製造、販売に至るまですべて自社で完遂。とくに添加剤とベースオイルをともに自社開発しているブランドは同社のほかになく、さらには全量をドイツ国内で製造することでQC(品質管理)を徹底している。

ドイツ本国ではバイク用のオイルやケミカル製品を数多くラインナップしている。

そして最新のラボで研究が行われるとともに、徹底した品質管理、オートメーションによる製造工程などを経ている。これによりユーザーが納得する高品質を実現しているという訳だ。LIQUI MOLYの性能の高さはモータースポーツでの使用でも実証されている。オートバイレースの最高峰である「モトGP」での活躍がその証と言えるだろう。

2014年には新しいラボを設置。さらなる品質の向上を目指している。
オイル製造ラインではオートメーション化を推進。必要最低限の人員で品質管理を行なっている。

MOTO GPでの活躍が品質の高さを証明

MOTO GPでオイルやケミカルを複数のチームに提供し開発へフィードバックしている。

LIQUI MOLY(谷尾商会)のウェブサイトはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる