MENU

ジェットとフルフェイスのメリット両立!風の巻き込みが少なく静粛性優れたLS2のスコープ

LS2ヘルメットのスコープは、フルフェイスからオープンフェイスにワンタッチで変化するシステムヘルメット。特にツーリングシーンで際立つ快適性を有する注目モデルだった。

LS2ヘルメットのスコープ画像

世界トップレベルのシェアを誇る、スペインのヘルメットメーカーLS2からシステムヘルメットの「スコープ」が新登場した。

LS2スコープを実際に着用した印象

まず感じたのが風の巻き込みの少なさである。フルフェイスタイプでも顎部分から走行風が侵入して目が乾いて不快な思いをすることがあるが、大型のチンカーテンのおかげで、風の巻き込みが驚異的に少ない。

また、システムヘルメットは、構造上帽体が大きくなりがちだが、スコープはコンパクトな印象である。そのおかげか風切り音も非常に静か。また、重量に関して言うと編集部実測でおよそ1.7㎏程度(Mサイズ)と他メーカーのフルフェイスと比べて遜色が無い。これは長時間の着用で大きなメリットである。

特にツーリングライダーにおすすめ!

軽量かつスマートなフォルムに抜群の快適性を有するLS2「スコープ」は、ツーリングシーンでの性能が際立っている。

LS2ヘルメットのスコープ画像

走行中ヘルメットの中は快適そのもの。ベンチレーションも良く機能する。信号待ちでインナーバイザーが曇ってもワンタッチで顎部を跳ね上げてジェット状態にすれば即解消するし、走り出せばベンチレーションでクリアな視界がすぐに蘇る。

LS2ヘルメットのスコープ画像

システムヘルメットながらコンパクトなフォルムのスコープ。筆者は普段国内メーカーのMサイズを愛用しているが、LS2スコープのMサイズはややタイトめな印象。しばらくすれば内装が馴染むかもしれない。可能ならば試着をおすすめしたい。

ワンタッチでジェットヘルメットに変身!

LS2ヘルメットのスコープ画像

顎部のボタンを押しながらチンバーを跳ね上げることで、ワンタッチでジェットヘルメットに。その状態のままヘルメットを着脱できるので、大型のチンカーテンも全く邪魔にならない。システムヘルメットならではのメリットだ。

LS2ヘルメットのスコープ画像

ヘルメット底部の顎下に設けられるチンガードは非常に大型で、風の巻き込みをしっかりガードする。通常のフルフェイスヘルメットだとチンガードが大きければ着脱の邪魔になる。

メガネに干渉しないインナーバイザーを装備

LS2ヘルメットのスコープ画像

眼鏡に全く干渉しなかったスモークのインナーバイザー。日の光が眩しい時間帯には重宝する装備だ。走行中トンネルに入ってもアクセルから手を放さず左手で出し入れワンタッチ。着脱する手間がないので、スモークシールドやサングラスより圧倒的に便利!

LS2ヘルメットのスコープ画像

ヘルメットの着脱が億劫にならないクイックバックルを採用。

LS2ヘルメットのスコープ画像

バイザーは工具などを使わずにワンタッチで外せるのでツーリング先の休憩時などでもお手入れ簡単だ。

カラーバリエーションは現在4色

LS2ヘルメットのスコープ画像

カラーバリエーションはホワイト、ブラック、マットブラック、マットチタニウムの4色。ヘルメットポーチとバイザー内側にセットするピンロックシートが付属する。

LS2 HELMETS SCOPE

価格2 万5,080 円(税抜価格2 万2,800 円)
サイズS、M、L、XL、XXL
カラーバリエーションホワイト、ブラック、マットブラック、マットチタニウム

LS2 HELMETSのウェブサイトはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

二輪用品店勤務、某メンテナンス雑誌の編集を経てフリーランスに。
得意分野はバイクの修理、メンテナンス。
最新のバイクや用品は疎いので絶賛勉強中。
所有車はYAMAHA VMAX1200、vespa V50S、YAMAHA zippy80×2台